« June 2009 | Main | August 2009 »

July 28, 2009

HP再開のお知らせ。

暫くご迷惑をお掛けしておりましたが、契約しているコースを変更することにより、何とかHPをUPすることが出来ました。お待たせいたしました。 まだまだ、細かい調整や、変更などあるのですが、そちらは少しずつやっていきます。 新しい「かうひい堂」HPはこちらから。 
http://kauhi-dou.cafe.coocan.jp/

目下、使いやすいアクセスカウンターと送信フォームを探しています。無料でもいろいろありますが、私の腕が悪いため、一部しかきちんと動いてくれなかったり楽しく悪戦苦闘中。

次は夏のイベント前にプリンター購入が課題です。

| | Comments (0)

July 22, 2009

ご迷惑をお掛けしております。

09510
(なごり)

梅雨が明け蝉の声もぽつぽつ聞こえ出しました。
いよいよ、夏がやって来ます。

只今、ホームページをリニューアル中。
新しいページは大体出来たのですが、ブラウザへのアップロード後の処理に手間取り
八方塞がり状態。データは先方に蓄積されているのですが、上手く開きません。

もう少々お待ち下さい。
それから、ホームページのアドレスも変わりました。
(かうひい堂〜つなぎページ)
http://homepage3.nifty.com/coffee-maki/

それにしても・・・困りました。

| | Comments (2)

July 08, 2009

夜バス

Photo
(lesrendezvous-tokyo 西麻布)

珈琲の配達で、仕事のあと西麻布へ。

地下鉄「広尾駅」から歩いてもすぐだけれど、あえてバスに乗る。
夜の街を走るバスは、なんだかちょっとした小旅行気分なので好きだ。

配達先のビストロは、地下一階。店がオープンする前に皆でペンキを塗った扉を開けると、23時前だというのに満席。笑顔があちらこちらに。

終電の時間を気にする身としては、ゆっくり食事も出来ませんが、せめてワインを一杯。届いたばかりだという、三重の岩牡蠣、それからブリーを頂く。

牡蠣は日本産独特の強い潮の匂いはせず、軟らかだけれど、しっかりしたコクのある大粒。白ワインを飲んでも生臭くならないのは嬉しい。
ブリーも熟成して食べ頃の匂い。

側に飾ってある、たっぷりと紅い実をつけたスグリを眺めていると
北欧の夏を思い出す。 ワイン、チーズ、ベリー。

夜のバスは小旅行どころか、そんな事まで世話してくれる。
知らなかった。

おせっかいめ。

| | Comments (2)

July 07, 2009

たまたま

Photo
(ぐるぐるん)

昨日は、ライヴ鑑賞で、たまたま渋谷へ。

終了後、たまたまお腹が空いていつものJazz喫茶。

たまたま偶然に、ここに入ったという知人を見つけお互い驚く。
そういや珈琲好きだったなと、 たまたま鞄に入っていた煎りたてを

「 どうぞ。」と渡したら

「では僕も。 」とチラシを頂きました。

たまたま数日前、話に聞いて気になっていた映画。
彼が出ています。

観に行かなきゃね。

(もうひとつのヤーチャイカ)
http://www.neoneoza.com/program/okamoto_kazuki.html

| | Comments (2)

July 06, 2009

演奏はとても良かった。

0971

(夜は一緒に)

関東も梅雨らしく、ほぼ毎日のように雨が降っています。
夜はそうでもありませんが、日中は気温も上がるので、除湿器フル稼働の毎日。数年前に珈琲の生豆に黴が生えてしまい、十数キロを廃棄した痛い経験がよい勉強となっています。

決して多くはありませんが、業者によっては、そういう豆や、運搬中に雨に濡れたりした物を、深煎り〜粉にした上で他の豆と混ぜ、アイスコーヒー用等として安く販売しているところもあります。勿論、飲んで害があったという苦情は聞きませんが、何を飲んでいるか分かった場合は・・・嫌ですよね。

珈琲でも、何でも、信用出来る店を近くに見つけることが肝心です。


さて、今日は休日。
午前中から夕方前まで焙煎に集中。
その後は渋谷へ出かけ、久しぶりのライヴハウス。よい席にも座れたし、「生で聴きたい」と10年近く願っていた歌が1曲目に歌われ、それだけでじんわりしてしまう。柴草玲の「前山にて」を生で聴いたとき以来の感動でした。ワンマンライヴだったので、約3時間、たっぷりと好きな歌に心巻かれて満足。

ところで、会場で困るのがお手洗い。会場に入るとドリンクを注文するのですが、これが大抵ビール。強いお酒は顔が赤くなるし、ウーロン茶ではお腹がたぶたぶするし、ましてやコーラは飲まないので、何となくですが注文してしまいます。生ビールだとさっさと飲まなければならないので、時間をかけてちびちび飲めるギネスが定番。 開演前には必ず用を足して席に着きますが、大抵中盤でもぞもぞ始まります。演奏中に席を立つのは失礼だし、曲には集中出来ないし。

今回は途中の休憩と同時、ミュージシャンがステージを後にすると同時に移動。しかし、当然そこには数人の列が出来ています。とにかく後半前には席に戻ってホッとしていたのですが、会場の冷房が強く、再び後半でもぞもぞ。最後の曲終了と同時に、またまた席を立つ始末。アンコールの拍手は会場の方におまかせです。最後の曲でもぞもぞは格好悪いことこの上ないし、演奏が勿体ないので嫌なのですけれどね。皆さん、どうしているのでしょう?「飲まないこと」が正解だとは思いますが。どうでしょうか。


| | Comments (2)

« June 2009 | Main | August 2009 »