« January 2009 | Main | May 2009 »

February 17, 2009

「かうひい堂」で徳之島珈琲+洋菓子2点追加。

09
(うっすら富士山〜見えますか?)

先ほど、グラウベルのKさんよりメールがあって、「鹿児島県、徳之島珈琲の生豆お分け出来ますよ。」とのこと。今度の日曜日に「かうひい堂@恵比寿」があるのを知ってのお気遣い。ありがとうございます〜ということで、急遽、この豆もメニューに入れる事になりました。少々お高くなりますが、私もオーナーになっている珈琲豆なので、200gばかり用意致します。どうぞお楽しみに。

(徳之島珈琲について〜グラウベルHP)
http://www.glaubell.net/tokunoshima.htm

明日は、豆の受け取りを兼ねて、Kさんと大坊珈琲店で待ち合わせ。
マスターとは2日前にお会いしたばかりですが、お店では久しぶりです。
そんな訳で、今からとても楽しみな火曜日なのでした。

それから、お菓子を2種類追加です。
前回好評だった「にんじんケーキ」を焼いて下さった渋谷MのKさんより「檸檬タルト」「チョコレートチーズケーキ」が届きます。今回は、お菓子が随分充実します。洋菓子3種。和菓子2種。珈琲も負けない様にしないといけませんね。

それにしても今夜は一昨日とは打って変わって、底冷えのする夜です。
皆様もどうぞ暖かくしてお休み下さいませ。


| | Comments (0)

February 16, 2009

次回は・・・と予告しましたが。

Feb09_3
(お宿)

すみません。嘘つきました。
〜次回は江戸時代に造られた堤防と予告しましたが、今回も違います。
一昨日の関東は暖かい一日で、春が云々というよりも、なんだか夏休みの朝の様な匂いがしていました。今週末はまた冷え込むそうなので、体調を崩さぬ様、気をつけます。何といっても身体が資本。

今日(正確には昨日)は日曜日で仕事も19時までなので、帰ってから久しぶりにHPを少しつくることが出来ました。まだUPするまでには時間が掛かりそうですが、それでもじんわりじんわりと。

家の掃除と片付けもしたいことのひとつ。このところ、家に帰るとばたんきゅうという状態なので、なかなか進みません。火曜日は休みなので、友人が新しく開店した珈琲豆屋へ行く予定。

それから、日曜日の「かうひい堂」の準備もそろそろ始めないと。中煎りの豆も焙煎しないと飲み頃にならないので、火曜日以降は数日大忙しになります。また少し日記を書くのがおろそかになるかもしれませんが、そういう事なので、どうぞ御了承下さいませ。

| | Comments (0)

February 12, 2009

今月22日(日)は「かうひい堂@恵比寿

1509d

(またお世話になります)

今月22日は久しぶりの「かうひい堂@恵比寿」。
私も当日に合わせて、徐々に気持ちやら体力やらのリズムを合わせていきます。

今回はグラウベルさん提供の生豆「メキシコ」をさっぱりとした酸味主体で。
それから、クィーンズ・スマトラを苦甘で焙煎する予定です。間に合えば、ブラジルのサン・アントニオ農園のプレミアム・ショコラの新ロットも用意します。

今回のテーマは特にありませんが、やはり春らしいものということで、ほんわりした感じでいこうかと思っています。なので、お菓子は「かすてら」。初代「かうひい堂お菓子番」Iさんが、少ししっかりとした物をつくって下さる予定です。勿論、底のザラメはお約束。それから、渋谷MのKさんからも一品届きます。和菓子はお馴染み「微笑庵」さんより、椿餅と蕨餅の予定。
どうぞ、お楽しみに。


| | Comments (2)

February 10, 2009

一週間遅れ日記更新

Photo
(多分、看板は不要ではないかと。ああ、露出が・・・)

年明けからシフト変更があり、基本的に火曜日が休みということになりました。しかし、今月22日の「かうひい堂@恵比寿」は問題なく開きますので、よろしくお願い致します。


今日はアレルギー持ちの子供がいる友人へ送るため、焼き菓子をお願いしていたn*cafeさんから、商品を受け取る事になっていたのですが、そのついでに浅草橋へラッピング資材を見に行くので、ご一緒しませんか?と誘われ同行する事にする。 駅のすぐ近くの店には、沢山の商品が格安金額で並んでいて、折角なので私も珈琲発送に必要なものを少しだけ購入する。
(おいしいクッキーあります。n*cafe)
http://ncafe70.com/

その後、以前からいろんな方に勧められていたけれど、休みが合わず寄る事の出来なかった浅草「粉花」まで行ってお茶を頂く。ここはグラウベルの豆を使っています。店の大きさも雰囲気も良い感じ。主力商品のパンもおいしそうなので、丸パンを購入。家に帰って、早速いただいたのですが、腰の有るしっかりとした味で満足。natane cafeが閉店しているので、食べるパンがなくって飢えていたところ。非常に嬉しい買い物でした。

(粉花ブログ)
mayupan358.exblog.jp
昼食がまだだったので、帰り道、恵比寿Dへ寄ってそのまま帰宅。
注文の豆を焙煎して、ようやくひと安心。

なんだか疲れがどっと。早めに寝ます。


| | Comments (0)

February 03, 2009

北九州便り〜もう関東に帰って来ていますが。その3

14

(くじら島でも王蟲でもなく)

永らく更新していませんでしたが、思い出した様に続きを。

堤防の向こう側。風景はこんな感じです。
しかし、右側に写っている島のさらに右側には埋め立て地。海の「う」の字もありません。見に行こうとも思わない景色です。この島ですが、海がきちんとあった頃は潮の引いた時にのみ歩いて渡れる場所でした。干潟では沢山、浅蜊、マテ貝、少しだけれど赤貝も取れて、特に浅蜊は小学生の私が一度にバケツ一杯も掘って帰ることが出来る程でした。 

しかし少し歩いて、島の先端まで行けば、まだまだ海は生きています。こんな小さな島でも、伊能忠敬の地図に載っているのがなんとなく不思議。


14_2
(振り返るとこんな感じ)

島まで歩いて振り返ると、遠くに戸の上山。山の向こう側には市街地があります。JRの駅もあちら側。手前のこんもりした元岬の先端裏側に家があります。 一月が始まったばかりだというのに、そんなに寒くはありません。海が無くなった分、歩く事の出来る範囲の広がった島は、それこそ死にかけた鯨の様。この島で面白いのは、その南と北側で島を作っている岩盤が随分ちがうこと。
南側は青黒くて、穴が沢山あいている岩。とても鋭く割れるので、転ばない様に注意しなければなりません。反対に北側は白っぽく少し柔らかい岩。長石だか、石英も所々に見ることが出来ます。


14_3
(南側)

14_5
(北側)

島の先端まで行けば少しは海らしくなると思い、鋭く尖った岩の上を歩きます。
先端からは、遠くに山口県宇部市が。それと行き交う大きな船。

14_7
(島の先端へ)

寄せ返す波音は懐かしく、しばらく何もせず、なにも考えずぼーっとその音を聞いていましたが、本当に心地よいものです。

14_8
(遠くに宇部市)

先端から向かって左側の地形。リアス式の海岸ですが、これがずっと続いているのがこの近くの海の光景でした。埋め立てられるまえの雰囲気を残している地区です。

14_9
(柄杓田遠望)

埋め立ては既に終わっているけれど、空き地が沢山あります。この事業は本当に必要だったのでしょうかね。家の前の田んぼも、農業をする人が減っている以上、宅地等になってしまうのは時間の問題でしょう。そうなるとこの埋め立て地ももう少し使い勝手が出るのかもしれません。

そうして、生まれるつまらない風景。

出来るだけ今の状態でよいので、少しでも長くこの光景が残ってくれます様に。

次回は、江戸時代に造られた堤防跡を散策します。
(おお、TV番組の様だ)

| | Comments (0)

« January 2009 | Main | May 2009 »