« November 2008 | Main | January 2009 »

December 30, 2008

年の暮れ

クリスマス前後から、仕事がやたらと忙しくて、家に帰るとそのまま寝てしまうこと度々。夜も結構冷えるので、きっと身体が固いまま寝てしまうからか、睡眠に気をつけている割に疲れも余り取れません。それでも、今月後半の休日は、せめてもの挨拶廻りを兼ねて、沢山の人に会いました。

クリスマス前には26日で閉店の「natane cafe」のパンを持って恵比寿Dへ。余り時間も無かったのですが、苺を御馳走になりました。その後、一年ぶりに六本木の「Denish Cafe」。開店当時、いろいろと気遣いをして下さったヤコブさんはもう手を引いて、今は他の方が経営なさっておられます。それでも、ここは貴重な日本で数少ないデンマーク情報や文化を広める場所。ずっと、続いて欲しいもの。

クリスマス直前の六本木はけやき坂のイルミネーションがきらきらしていて、その向こうには東京タワー。こちらも建設50年ということで、窓に「50」の明かりが。それもあってか、辺りはカメラを手にした人達で一杯。せっかくここまで来たのだしと、スウェーデンのグラスメーカー「コスタボダ」を覗こうと店へ行ってみると、なんと自転車屋になっていました。やはり難しいのでしょうか。

さて、人混みを抜け出してお目当ての「CAFE DAISY」へ。屋根付きのテラス席はお気に入りの場所。この日はコース料理を頂きました。嬉しかったのは、「フレスケスタイ」という、脂身がカリカリになるまで焼いたローストポーク。時々、食べるチャンスがあっても、冷たい物が多いので、久しぶりに暖かいこの料理を食べることが出来て上機嫌。

翌日の仕事のこともあるので、食事の後は寄り道せずに真っすぐ帰宅。


クリスマスが過ぎると、街のばたばた感はさらに加速。
一気に年末、正月の雰囲気にひっくり返ります。毎年思いますが、街のディスプレーをしている人達、徹夜で一気にクリスマスから正月ものに取り替えるのですから大変です。「クリスマスムード」なんていっている暇はないのですから、本当に「お疲れさま」と思います。

27日は前日閉店した「natane cafe」で内輪の「nataneありがとう会兼忘年会」に参加。
仕事の後、到着したので、もう、数人しか残っていないだろうと思ったら・・・甘かった。30人ほどの人達が宴もたけなわ。店主のMさん、体調が良くないって言っていましたが、微塵も顔に出さず笑顔で出迎えて下さいました。本当にお疲れさまでした。ビールやら焼酎やら山ほどのお酒。大鍋にたっぷりの料理。楽しい会話。本音をぶつける人達。中央線沿線でなくても、こんな懐深い場所があるものだと安心して、一緒に酔っぱらって笑う私。 例によって、翌日の焙煎があるので、2時に「おやすみなさい」(飲み逃げ!)と帰宅しましたが、皆、朝まで飲んでたのでしょうね。後片付けがちょっと心配でした。

28日。この日も朝から焙煎。昼前に丸ビルで北海道から出て来ている友人と昼食。聞けば北海道は随分と天候が荒れて、10時頃に乗る飛行機が飛ばず、羽田に到着したのは23時過ぎだったそう。食事の後、有楽町の「十一房珈琲」でドミニカを飲む。おいしい。次の待ち合せのある友人とは、ここで別れて、今度は頼まれ物を渡すため、別の友人との待ち合わせ場所、新宿へ。 これまで不思議に思っていた新しいビル、「東京モード学園」だったのですね。まるでデザイン携帯電話みたいです。

仕事を終えてやって来た友人と会うのも一年ぶり。
線路脇の「但馬屋珈琲店」へ。年末の買い出しに出て来ている人達でほぼ満席。ここでは「ペルー」をいただきました。一瞬、強い苦みが口の中に広がり、「オーバーロースト!?」と、思ったのですが、苦みの切れは良くて、ぎりぎりのところで焙煎を止めているのがわかりました。時にはこれくらいの深煎りもいいですね。店内はどんどん混んで来て、待っているお客さんも出て来たので席を立つことに。
駅で年末のお決まり挨拶をして、私は渋谷へ。

ちょっと風邪っぽい感じがしたので、Mで紅茶を飲んでひと休み。
それから、駅の反対側のライヴハウス「多作」へ。年末最後に聴くのは「大木彩乃」さん。そういえば、今年の1月4日、この人のライヴを観ました。夏には前日一緒に飲んでいた「オオニシユウスケ」と「吉原リエ」のユニット「small color」との競演もしました。縁というものは本当に不思議なもの。数年前までは、余り「縁」というものを気にしていなかったのですが、この数年、いろんな糸がぴいんと四方八方に張り巡らされていって、その先の人達がまたそれぞれ放射状に繋がっていくのを実感します。やはり、年齢を重ねるということは面白いです。

ライヴは満足。大木さんの冷た過ぎないけれど、よく通る声は好きです。友部正人の様な土臭い声も大好きですが、どちらもよく聞きたくなる声と歌です。いつか私の好きな「幻の魚」歌って下さい。生では一度も聞いたことが無いので。

翌日、すなわち昨日は仕事納めの29日。
これはもう開店から閉店まで、容赦のない忙しさ。あれやって、これやって、そっちをやっているうちに終わってしまうという有様。 従業員、全員くたくたになって「お疲れさまでした」の挨拶。そのまま、近くのオイスターバーで忘年会。初めてオイスターバーなるものに入りましたが、面白いですね。産地によってこんなにも違うのかという味の特徴。アメリカ産のものより、日本産の方が塩気が強く、磯の匂いがはっきりしています。アメリカの「ブルーポイント」という牡蠣は非常に甘く、ウニに近い味がしました。 その後、お茶を飲んで本当の「お疲れさま」を言って、今年の業務終了。酔っているのと疲れで・・・やってしまいました。目を覚ますと「みなとみらい」終点に着いたところ。幸い、渋谷へ戻る列車はまだ動いていたので、眠らない様にして帰宅。しばらくお酒はいいです。

今日は休日。でも身体がまだ仕事モードのままで、しっかり朝に目が覚めてしまいました。
洗濯やら掃除をしていると「恵比寿ADやっていますかねぇ?」と友人からメール。夜は年末パーティーの為、開いているはずだけどお昼はどうでしょう。それなら私もオーナーさんの顔を見たいし、どうせ渋谷Mへ行くので、ご一緒しましょうと出かけることに。丁度、実家よりみかんが届いたので、お裾分けすることにして持って出る。さすがに12月も30日となると、電車も空いています。
駅近くで友人と合流してADへ行ってみると、やはり営業は夜だけとのこと。オーナーのHさんにみかんを渡して年末の挨拶。2年前に送って頂いた椅子。ちゃんと使っていますよ。

さて、お店に振られたので近くの「ラクダホテル」のあったマンションを見に行くと、もう解体もすっかり済んで、次のビルのための基礎工事が進んでいました。いろいろな繋がりが「ラクダホテル」から始まりました。「かうひい堂」だってそうです。ADからここへ向かう途中、よくこのマンションの踊り場で丸くなっていた白猫2匹がまだ健在で塀の上に座っていました。昔の様にちょっと遊んで服が毛まみれに。

このまま帰るのもねぇということで、そのまま代官山から渋谷へ。Mへ行く。ここも今日までの営業です。自家製テリーヌ、オイルサーディンで私はブッシュミルズ。友人は赤ワイン。昨夜、しばらくお酒はいいですと思ったのですけれど。とりとめも無い会話をしてお店にも挨拶をして、これでまた明日から仕事へ戻ります。3日のお昼過ぎまでホテル内での仕事です。

年越しは、お誘いがあったので、昨年と同じく近所の某友人宅に数人集まり朝まで飲んで、初日の出を見に行く予定。元旦はそのまま仕事です。

ようやく書き終えました。12月の後半日記。
明日の夜書ければ良いのですが、時間がないと思われますので。


・・・と言っている間に24時回りました。大晦日です。
皆様、今年も一年間ありがとうございました。(なんだこれ?これで挨拶ですか?)

写真は後ほどぼつぼつ載せていきます。

| | Comments (2)

December 21, 2008

今夜は風が強いですね。

Photo_2
(IDEON!?)

今日はスティングのライヴがありました。友人からメールで「最前列のチケットが定価で出てます!」とお知らせが来たのですが、仕事のため断念。 日曜日なので、仕事はいつもより3時間も早い19時に終了。クリスマス前の日曜日だったからか、お客さんがひっきりなしにやって来て、大忙し。帰りの電車内ではぐっすりと寝てしまいました。幸い、乗り過ごしはありませんでしたが、やはり疲れているようです。

帰宅してから、食事を作ってあれこれしましたが、まだ23時半前。
ちょっと嬉しい。
今から入浴、24時前には就寝してみましょうか。

なんという贅沢。

しかも安上がり。

| | Comments (2)

December 18, 2008

プレアデス星団

Photo
(どうぞ末永く。)

夜道を歩いて帰っている途中。
小さな角を曲がると、びゅうううと冬風。

不思議と寒く感じないのは
きっと、友人からのメールのおかげ。

空を見上げると
大きなオリオン。

頭の上にはぼんやり「すばる」。

明るく光る、星の集まり。

嬉しくなって、部屋までの50mはちょっと小走り。

ただ、それだけの話。

| | Comments (0)

December 16, 2008

今年もきっと、あっという間に終わってしまう。

Thdec08
(まだ、そう遠くへは・・・!)

火曜日。
先週から働きづくめでしたが、もう毎日があっという間にすぎていきます。
気がつくと珈琲をいれることも多くなり、これまでとはまた違った仕事の景色が目の前に拡がります。さすがに8日働くと身体がいつもスタンバイ状態になっていて、今日は疲れがどっと出て来ました。
そこで、喉が渇いたからといって、たまにはいいよねと缶ビールを飲んでみたりしたので、1時間程ですが2度寝してしまい、荷物の届いたのに気がつかず、再配達のお願いをするはめに。(しかも2件!)

掃除やら洗濯、それから焙煎を少しして、恵比寿Dへ。
先日、DのオーナーKさんが、わざわざ職場へ来て下さったのですが、忙しくて話をする時間がなかったのです。そこで、今日は今年最後の顔合わせになりそうなので、年末の挨拶と、来年の「かうひい堂」のお願いを兼ねて出かけました。15時少し過ぎた頃、家を出たのですが、既に陽は傾きかけていて、自然と足の運びも早くなります。Dではまだランチが残っていたのでそれを戴きました。久しぶりのDでのおいしい食事。珈琲を2杯頂きましたが、支払いの時に「本当にその値段ですか?」と聞き返すお手頃価格は健在。 1月末に「かるた会」。2月には「かうひい堂」をとお願いしてきました。いつもありがとうございます。
帰りの電車内でKさんからメール。忘れ物でもしましたか?と読んでみると「今年のベストカップル賞」に選びましたという内容。私もまだまだ捨てた物では・・・って、私は独り身ですよ〜。相手になっている(されている!?)方は・・・内緒です。かわいそうに。勿論、Kさんはわざとふざけているだけなのですけれど。

最寄り駅からの帰り道、久しぶりに顔見知り猫が2匹揃っていたので、遊んでいると新顔が2匹。どこからきたのかな?君たち。車もわりと通る道なので、それだけは注意するんだよ。

ところで、年明けに帰省する予定なのですが、戻って来る夜行バスの予約が取れず、どうしようかなと思っていました。ふと、キャンセルないかなと、調べてみたところ、おや!空きがあるではありませんか。しかも3列シート。往路で使用するバスと同じサービスで、4千円も安い!早速予約を入れました。仕事の都合で九州では1泊しか出来ませんが、楽しみです。猫のガタ、大きくなったろうなぁ。

| | Comments (0)

高密度2

Thdec08
(カレーの市民)

日曜日(7日)はいつもながらのばたばた日。
昼前まで、洗濯等を済まして、上野の国立西洋美術館へ。
ハンマースホイ展をもう一度観に行く・・・も、なんですか。この人だかりは。
前回はすっきりと空いていた館内でしたが、すっきりどころか、発券売り場にも行列ができているではありませんか。最終日だからなのか、某番組で紹介されていたからなのか、とにかく目の前には人だかり。どうしようもこうしようも、彼の絵はゆっくり、ゆったり観るものだと思ったので、その場でUターン。門を出る前に、銀杏がきれいだったので一枚lパチり。カレーの市民は今日も苦悩中。

その足で、浜町のヒナタノオトへ。オーナーのIさんにハンマースホイの画集をお貸しする約束をしていたので持っていく。クリスマス用の展示が行われていたので、キャンドルを物色していると、丁度、友人の納品しているクッキーが届いたので、箱から出したてを購入。ここの苺のクッキーは絶品。そうそう、お客さんの中に、奈良からハンマースホイ展を観に来られたという方がいらっしゃいました。店のスタッフHさんも今朝、開館前に並んで観て来られたそうです。(90人ほどの列だったらしい)お茶とクッキーを御馳走になり、ちょっと早いけれど、年末の挨拶をしてから、今度は青山へ移動。

2thdec08
(浜町)

スパイラル・マーケットのNさんにも年末の挨拶。今年の大仕事はここから始まり、この仕事のお陰でまた別の婚礼の引き出物と式当日の珈琲を納品という、おめでたい仕事を頂きました。

建物に入ると奥の展示スペースに、なにやら引っかかる物が。おや?

なんと!
ナウシカに出てくるグライダー「メーヴェ」!ですよ。
Photo
(メーヴェ)
飛行中の映像も流されていましたが、すごいですね。本当に作ってしまうのですね。今度はギガントお願いします。(無理)いつまでの展示かはチェックしてこなかったので分かりませんが、これは一見の価値あり。お近くの方は是非。

店を出たあとは、少し歩いて「オルネ・フェイユ」に、先日、購入した日置さんの絵を受け取りに行く。本当は大坊珈琲店に寄りたかったのだけれど、時間がなくて今回は見送り。絵を受け取ると、店内を見る時間もないので、直ぐに渋谷へ向かい、そこから下北沢近くのグラウベルへ。

メキシコで「女性の生活労働条件を改善する活動」に関わっておられた、Iさんの話を聞くことになっていました。単なる、職業訓練の他に、個人の意識を少し変えるだけで、顔つきまで変わってゆくという話を聞いていると、私たちが日常当たり前と感じていることの元には、やはり最初の一歩を切り開いてくれた人がいたに違いないということに気がつく。 話の中で面白かったのは、貧困層と富裕層の間にはやはり差別や諦め意識が強くあるそうなのだけれど、物を売る時に「あの人から買うのには抵抗がある」という様なものは感じられなかったということ。ちょっと、意外に思えました。 Iさんは今度はインドへ灌漑用のポンプを設置する仕事につくとのこと。高地と低地では水を汲み上げる性能の違うポンプが必要だけれど、費用の現地負担に着いて、均一にするか、差をつけるかIさんの立場で決めるのに悩んでいました。援助資金は国からも出るらしいので、日本、インド、政府、現地住民いろいろ立場があって大変だそうです。

Photo_2
(無事に公開中)

興味深い話を聞いていると、あっという間に2時間が経過。
お礼の挨拶もそこそこに、駅まで走り、今度は渋谷へ。19時に渋谷Mで待ち合わせ。
やって来たのは、わざわざ青梅から「茸ランプ」を運んで来て下さったTさんと、もう1人のTさん。これは、少し前に青梅「ねじまき雲」の企画展で展示してあったものを購入したもの。これにきちんとした箱を作って、それを運ぶ専用バックまで作って下さいました。(無料で!)茸ランプ好きな渋谷MのKさんに見せびらかしながら、三人でゆっくり会話を楽しみました。

Photo_3
(キノコランプ〜土栗)

家に帰って早速、ランプをつけてみます。
美しいです。いつか変形菌の子実体も作って下さいと無理なお願いをする。それから、来年、山に行く時にはご一緒しましょうという約束、待ち通しいです。秋は過ぎたけれど、Tさんならいろいろと面白そうな生き物を見つけてくれそうです。丁度、Tさんから茸写真付きメールを頂いたので、こちらも数枚、ルリホコリ等の写真をメールで送信。夜中にキノコや変形菌の写真のやりとりを楽しむ大の男がふたり・・・。怪しいですね。

今日、お会いした方の多くは、友人の紹介でお会いしたり、ひょんなことで知り合いになった方ばかりです。きっかけを探して探して見つけた人達ではなくて、たまたま目の前にあった細い糸をたぐってみたら出会ってしまった人達です。無理の無い関係。それでもお互いになにか感じる物があったのです。
いつか、今日出会った人達と一緒になにか出来たらそれはもう、楽しいことこの上なしでしょう。

蒔かれた種を育てるかどうか。

全ては自分次第です。

今日、出会った、それから、これまでに出会った皆さんに感謝。

| | Comments (3)

December 12, 2008

冷えるので

26thdec08
(上野)

数日前から寝袋を二枚重ねにしています。
これで安心。ぬくぬくです。

| | Comments (0)

December 05, 2008

12月

306a1b
(行く鳥、来る鳥〜井の頭公園)

日曜日、再びNatane Cafeでのライヴ会場で珈琲を入れる。
寒かったせいか、思った以上に注文を頂き、持っていった500gは完売。
演奏も楽しくて、こんな素敵な仕事を下さるオーナーのMさんに感謝。演奏会終了後は例によって、そのまま飲み会。夜中近くなって、場所を移動。駅前の焼き鳥屋へ。近所ですが初めて入りました。ひと癖もふた癖もある人達と話をするのは、とても楽しいものです。しかし私は半分寝ていました。皆様、失礼致しました。午前3時頃、皆と別れて(彼らは別の店を2軒梯子した模様・・・!)〜帰宅するなり熟睡。

今日、仕事から帰ってメールをチェックするとmama!milkの生駒さんより、珈琲が美味しかったというお礼のメール。こういうのが一番の力と心のエネルギーになります。こちらこそお忙しい中、わざわざお気遣いありがとうございました。

さて、5日(金)ですが、珈琲仲間のひとりが豆屋さんを開きます。午後から夕方までの営業時間ですが、お近くの方もそうでない方も、お散歩がてら覗いてみて下さい。珈琲の試飲や、関連雑貨も扱っているようです。日曜日は休むそうなので、私は行けません。開ける様に署名してみようかしら。

(お店はこちら〜coffee caraway)
http://caraway-cafe.hp.infoseek.co.jp/main.html

今年の年末〜正月3日昼までは又、ホテル仕事の予定ですが、その後休みが少しあるので、久しぶりに帰省する予定です。夜行バスの予約をしたら、なんと飛行機と同じ様に「なんとか代」と称して、燃料負担2千円徴収されました。こんな言い訳がましいことせずに、値上げしますといえばよいのに。必要事項を全て記入した後、最後の確認する時になって、そういうお知らせをいれられると何となく裏切られた様に感じてしまいます。 こちらへ戻る便は満席状態なので、新幹線を使う予定。途中、名古屋に寄り道して「milou」に寄れたらよいのだけれど。まだ未定です。

今日、お客さんが「フェルメール展に行ったけれど、50分待ちだったので、近くの西洋美術館でハマーなんとかに行ったら、それが良かった〜!」とお連れ様に話していました。そうでしょう、そうでしょう。会期終了まであと少し。日曜日に再び観てくる予定です。今度の日曜日も結局、あれこれ寄らなければならない用事が何件も発生しているので、ばたばたで終わる予定です。

それでも待ってる日曜日♪

| | Comments (2)

« November 2008 | Main | January 2009 »