« August 2008 | Main | October 2008 »

September 30, 2008

和菓子を体験するイベント〜参加者募集中!

来る10月26日(日)14時〜17時、恵比寿の「Cafe Douce Ebis」で、群馬「微笑庵」の店主、宮澤啓さん指導のもと、煉切「千代菊」「唐錦」をつくる体験イベントを行います。煉切の他に、吉野の本葛を使ったお菓子も、目の前でつくってもらって、その場で頂くという贅沢な会。 「微笑庵」の和菓子は「かうひい堂」にも欠かせないお菓子となっていますが、今回はこちらが主役。和菓子の話なども楽しんで頂きながらの、ずっしり、ぎっしりの3時間。15名限定のイベントです。
(9月30日現在、あと6名空きがございます)

参加費はお一人3250円。
当日、つくった煉切は5個ずつ(計10個!)お持ち帰りできます。勿論、その場で食べることも出来ます。また、「かうひい堂」の珈琲か、「Douce」さんのお茶が一杯サービスでつきます。

参加希望の方は、人数、メールアドレスを「かうひい堂」トップページ右下からメールでお申し込み下さい。締め切りは10月21日(水)。皆様のご参加、お待ちしております。尚、先着順のため、締め切り前に定員に達した場合は、募集を締め切らせて頂きますのでご了承下さいませ。

(微笑庵HP)
http://www.misyouan.com/
(かうひい堂HP)
http://homepage3.nifty.com/coffee-maki/index.htm

| | Comments (0)

展覧会ふたつ。

Sep08
(只今、開催中!)

先週は人並みに風邪をひいてしまい、家と職場を往復するのが精一杯。
まだ、治ってはいないのですが、どうも気分転換が必要だと判断。もともと行く予定だった展示会へ行ってきました。場所は渋谷「たばこと塩の博物館」。ここの開館30周年記念特別展「四大嗜好品にみる嗜みの文化史」展。 なんと入場料はたったの100円!というのも嬉しいですね。

展示は「茶」「酒」「たばこ」「珈琲」が、どのようにして、国内に入ってきて広まっていったかということを、解りやすく、疲れない程度に上手く説明したもので、ちょっと立ち寄って観るのに丁度良いものでした。常設の塩やたばこの資料も面白いですよ。これはお勧めです。特別展に関する絵葉書があるとよかったのですが、残念ながら目録と手ぬぐいしかありませんでした。ただ、この2点はよかったです。渋谷へお出かけの際には是非どうぞ。

Hvsep08
(今日から開催!)

さて、もうひとつのお勧めは以前にも書きましたが、デンマークの画家、「Vilhelm Hammershφi展」。これは上野の国立西洋美術館で今日からの開催。 静かな空気と、澄んだ時間につつまれた彼の絵には、独特の空間が閉じ込められています。ただ、見つめていると、静寂だけれど、決して冷たくはない空気がそこにはあります。 初めて彼の絵を見たのは、北欧の絵画展を観に行った時のこと。お目当てはE・Munchだったのですが、一緒に購入した絵葉書に彼の作品がありました。その後、デンマーク国立美術館での再会。あっという間に、彼の絵が好きになりました。 これだけ沢山の絵を日本で再び観ることが出来るなんて夢の様です。ひとつだけ心配なのは、展覧会会場から出て来た時に、もうなにもかもほっぽり投げて、そのままデンマークへ行きたくなるのではないかということ。
幸い物理的な鎖でがんじがらめなので、大丈夫でしょうが、それでも心配です。彼の絵にはデンマーク独特の空気が瓶詰めの様に閉じ込められています。是非、それを観に行って下さい。

チラシと一緒に写っている本は、デンマーク繋がりの稲垣早苗さんの新刊。
デンマークでの生活のことが書かれている、静かに熱い本です。この中にも、Hammershφiについて書かれている章がありますので、ご興味おありのかたは是非手に取ってみて下さい。

| | Comments (0)

September 07, 2008

よい床屋には、おいしいレストランと同じ様な至福の時間があります。

087sep

(おやおや?)


日曜日です。
このところ、日曜日にしか日記の更新をしていないものですから、他の日はずっと「お休み」ですか?と聞かれそうですね。さて、今日は気になっていた床屋へ。大学が近くに有るせいか、近所には選ぶのが困難な程、沢山の床屋があります。(美容室にはいかないので床屋限定)値段も切って、洗って、剃ってと3行程でとても安いところから、その2.5倍ほどのところまでよりどりみどり。 しかし、安いからとはいってみても、なんだかきちんと剃れていなかったり、鋏の手入れが悪くて、髪に引っかかるのもお構いなしだったり、シャンプーの濯ぎが2、3度ジャバジャバやるだけだったり。やはりお値段相応。

今日は中位の店にと家を出ましたが、店は結構、混んでいて時間がかかりそう。
そうですか。では、それならと3、4件隣にある私が行く床屋では一番の店に。ここのご主人はいつも蝶ネクタイをきちっと締めている方で、髪を切っている途中で私が居眠りしても、決して小突いたりしません。(結構多いのです)ですから、こちらも居眠りしかけると、いかんいかんと作業しやすい様、微妙に角度を変えたりします。しかし、あまり作業中頭を動かすのも、かえって迷惑だろうなと思ったり。

すっきり、さっぱりするのは当たり前ですが気持ちのよいもので、居心地の悪い床屋ほど「ああ、失敗した、損をした!」と思うところもありません。なにせ、髪を切る時間があるのは休日のみ。そこで約1時間ほども座っているのですから。女性の美容室での時間に比べれば、なんのことはありませんが、それでも・・・ね。反対に居心地よい店ですと、至福の時間。何も出来ないことが身体によいのでしょう。それで、気持ちよいのですから。漫画や雑誌なんて必要ありませんし、よい床屋はこちらから申し出ない限り、そんなもの持って来たりもしないでしょう。


おや、床屋だけでこんなに書いてしまいました。
古本屋へも顔を出してみました。友人の誕生日祝いにちょうど良い本があって、一度は手に取りましたが、送るまで少々時間があるので、今日はパス。次回なければそのときはそのとき。自分で読むものは出かけにア○ゾンから届いた本があるので必要なし。棚には以前、私が持ち込んで買い取ってもらった本が(カバー少しヤケ)の字と共に並んでいました。なんだか不思議な気分。

豆の注文を貰っていたので、午前中焼いた豆を持ってNatane cafeへ。するともうひとつ嬉しいお知らせが。10月に「かうひい堂」をこの店でやりませんか?とのお誘いです。楽しそうなので、二つ返事で引き受けました。初めて神奈川での「かうひい堂」。どうなることでしょう。詳しいことはまたお知らせ致します。その為にもなんだか、更新が上手くいかないHPもなんとかしなくてはいけませんね。

Natane cafeから家に帰る途中、稲光がしたと思ったら、ぽつぽつ・・・ざざざ〜っと夕立ち。蒸し暑かった空気がみるみるうちに冷やされて涼しくなりました。私は、薄手のレインコートと帽子を持っていたので、濡れることを楽しんでいましたが、あまりの激しさにちゃちなレインコートでは太刀打ち出来ず、たちまち水がしみてきて、家の手前から走って帰るはめに。たかだか20mの内にズボンはびしょ濡れ。なんだか夏らしいことをしましたよ。もう暦の上では秋ですけれど。

087sep_2

(写真撮っている場合ではない。)


ア○ゾンから届いていたのは山での滑落遭難について書かれた本。
次の日曜日には、再び伊豆ケ岳〜子の権現を丹沢行きのトレーニングを兼ねて歩く予定なのですが、何度か歩いている低い山との油断は捨てて、きちんと安全に歩くことを心掛けるよう改めて思います。

事故の事例を読んでいると、きっかけは、歩きながらジャケットを脱ごうとした、何となく道が違うかなと思っていたけれど、そのまま進んでしまった。いままで何度も歩いていたコースなのできちんと装備を持ってこなかった・・・等々、本当に小さなことばかり。それが初心者、「超ベテランを問わず」いとも簡単に遭難、時として死につながるという恐ろしさを痛感する本です。富士山ではよく事故が起きますが、実際の体験談を読むと、自分が体験していないのに震えがくるほどの恐ろしさです。ご興味のある方はどうぞこちらで。

http://www.amazon.co.jp/ドキュメント滑落遭難-羽根田-治/dp/4635140083/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1220795836&sr=8-1

| | Comments (2)

September 06, 2008

期待大!

Photo

(八月終わってしまいましたね。)

はい。お知らせです。
9/10より渋谷「たばこと塩の博物館」にて、面白い企画展があります。
「四大嗜好品にみる嗜みの文化史」。酒、煙草、茶、コーヒーに関する展示です。展示内容も期待大ですが、それに関するイベントも面白そうです。講演聞きに行きたいものばかり。期間中展示に関する映画「コーヒー&シガレッツ」や「アメリ」などが上映されます。しかも入館料はたったの!!!円。ああびっくり。ああ驚いた。これは行かなきゃね。チラシやポスターのデザインもちょっとお洒落。

詳細は下記へ。講演会、イベント情報はペ−ジ右下のボタンクリックで見ることが出来ます.
http://www.jti.co.jp/Culture/museum/tokubetu/0809_event/index.html

| | Comments (0)

September 01, 2008

シャワーのせいなのか。

088
(名残をもう少し)

この一週間はなんとなく、疲れがとれない7日間でした。
暑さは峠を越しているのですが、夏〜秋は私にとって要注意の季節。
気がゆるむせいか、体調を崩しやすいのです。
疲れが抜けないのは、お風呂をシャワーだけで済ませているからでしょうか。

それにしても、最近の集中豪雨、異常ですね。
小学生の頃、住んでいた北九州では梅雨の頃、こんな降り方に時々あいましたけれど。
水曜日、そんな天気にも関わらず友人がお店に来てくれましたが、あああ、閉店時間過ぎていました。なんだか悪いことしました。またいつか。

8
(木の真似?)

久しぶりの晴れ間のあった日曜日。
部屋の片付けをと思っていましたが、あまりはかどらず、昼寝までして気がつくと15時過ぎ。Natane cafeへ珈琲を飲みに行く。葉書を書こうと思っていたけれど、住所録、筆記用具を家に忘れて来る。珈琲、アイス珈琲、本日のおかし(チーズケーキでした)を頂き、商店街で機械油を買って帰宅。途中、夏雲が余りにも立派なので、写真を数枚。雨続きでしばらく姿を見なかった猫たちも、そこらに出て来ていてなんとなく安心する。

Photo
(東京方面はきっと雷雨中)

焙煎機は無事にメンテナンスを終え帰って来ました。
まだまだ、働いてもらわないといけないので、大切に使います。
え?バイクですか?乗りたいのですが、まだ暫く修理に出せません。(ごめんよ〜)
そういえば、古いほうのMac、なんだか起動するとシャリシャリ音がして、音声が再生されないんですよね。ハードディスクにデータを移しておいたほうがよいのでしょうが、う〜ん。う〜ん。

久しぶりに、日本茶を大きめの湯のみで飲んで、コオロギの声を楽しむ夜です。
1週間ほど、こんなことだけして生活してみたいとも思いますが、それはもう少し先の楽しみとして、今日は明日の為にお風呂につかって寝るといたしましょう。

・・・や、もう0時を過ぎてしまいましたか。

| | Comments (2)

« August 2008 | Main | October 2008 »