« 不良になる | Main | お盆休み! »

August 10, 2008

2週間分報告。

Photo
(どこまでも)

燃える太陽を連れて、生命の夏が来る〜なんて書こうと思っているうちに、暦の上では秋となってしまいました。今日は約一ヶ月ぶりに涼しい一日。ずっと30度を越す日が続いていたので、気持ちよいこと。
ところで、前回の蝶の写真ですが「ムラサキシジミ」でした。

さて、今秋、上野国立西洋美術館で開催される「ヴィルヘルム・ハンマースホイ展」、いよいよオフィシャルHPが出来たようです。詳細は下記でチェックして下さい。お世話になっている「ヒナタノオト」の稲垣さんもコラムを書かれています。

(ヴィルヘルム・ハンマースホイ展)
http://www.shizukanaheya.com/

この展覧会は少し先になりますが、このところ毎週、展覧会やイベントで出ずっぱり。

先週は、cafe cactusのIさんが久我山で「一日かき氷屋」になるというので、出かけました。場所は以前から気になっていた「豆鹿」(まめろく)というお店。暑い中、氷を求めて店へ到着すると、あれあれ。知った顔ぶれが1、2、3、4、5・・・5人!? 一緒に混ぜてもらって、食べたのは「ジンジャーと檸檬」、それから「苺」の2品。暑い時には喉もなんだかべとべとしているので、ジンジャーはすっきりして心地さがたまりません。炭酸と同じような感じです。 とても素敵なお店です。カウンターで販売していた「紙のストロー」。あまりの美しさにひと袋購入。地元の方に大切にされていることがよくわかる場所でした。お店の奥にいる小さな鹿と目が合ったら、顔がほころぶこと間違いなし。HPを見つけることができなかったので、気になる方は検索してみて下さい。

久我山まで来れば吉祥寺は目の前。
Finland Cafeの「moi」へ〜と思ってたのですが、そのことを5人組に話すと「ええっ?」と。
どうやら、考えることは皆同じ。ひとりを残して4人は先に吉祥寺へ。時間差で私たちもmoiへ向かいました。しかし、いまやmoiも鎌倉ディモンシュと同じほどの有名店。果たして入ることが出来るかどうか。店に着くと案の定、満席だったのでポストカードなどを眺めていると(先行4人は既にカウンターに)直ぐに席が空いたので、飲み物を注文。そうしている間もお客さんがひっきりなし。
凄いなmoiさん。

2店とも、しっかりとした方向性が出ているけれど、包容力が大きなところが共通しています。けれど、決して自分を崩さない姿勢も気持ちよいポイント。こんな店は長く続いて欲しいと思います。〜私があれこれいわずとも続くでしょうけれども。

さて、moiを出てから友人と別れ、渋谷文化村へ。
「ロシア・アヴァンギャルド展」。独特の深い色使いはなんだか、好き嫌い関係なしに昔から私に信号を送り続けていました。ニコ・ピロスマニという画家の絵は今回初めて見たのですが(もしかしたらニワトリとヒヨコの絵は以前観たかも)ロバの瞳の可愛さと言ったら。もともとロバには弱いのですが、それにしても可愛すぎます。隣に掛けられていた鹿も瞳が・・・。この方は看板なども沢山描いていたようですから、もし、彼の故郷に行けば道端に普通に掛かっているのかもしれません。だとしたら見に行きたいものです。 なんて思っていたら、故郷のグルジアで大規模な戦闘が始まってしまいました。
無責任な言い方ですが、一日でも一時間でも早く戦闘が終結して欲しいと願います。

277e23
(お土産は絵葉書〜ダブルクリックしてロバの目を楽しんで下さい。)

さて、今日ですが、学芸大学と高円寺へ。
前者は予定になかったのですが、昨年末に入荷したら教えて下さいと頼んでおいたものが「入りました」とメール連絡が来たので立ち寄ることに。

http://www.badenbaden.jp/

そういえば、豆鹿さんにも、ここで扱っている木彫りのランプカバーがありました。
badenbaden〜皆の人気者。品物を受け取って高円寺へ。「post card300人展」。久しぶりに中央線に乗りました。いつもは多少、混んでいる印象があったのですが、お盆のせいか空いています。

(たまごの工房)
http://tamagonokobo.com/

ここでは、「かうひい堂@恵比寿」で、レジ番をしている「コハクちゃん」を作って下さった「亀吉倶楽部」Iさんの作品を見る。他にも300人展というだけあって、沢山の作品を楽しんで、お店を後に。ここまで来たら、寄るのは必然。すぐ近くの老舗「名曲喫茶ネルケン」へ。

途中にあるのは小さなアパート、小さなお店、路地、昔からの住宅、猫・・・う〜ん。これこそ中央線沿いの風景です。

小さな道をぬけて、少し開けた場所の一辺には蔦に囲まれて静かなたたずまい。ひとりで店を切り盛りしておられるネルケンのご主人(女性)も、今年でおいくつでしょうか。やっているかな?と店を覗くと・・・大丈夫。開いています。

(名曲喫茶ネルケン)
Photo_2

扉を押すと、古い喫茶店独特のホコリの混じった匂い。「ああ、来た!」と実感します。
席に座って珈琲を注文。小さいけれどしっかりしている木のテーブル。背もたれの長い赤いソファー。さり気なく飾られている小さな花、すりガラスの窓、ひとつ電球が切れているシャンデリア。 
流れているのはドイツ語の歌曲。誰の曲でしょう。

Photo_3

珈琲を注文して、店に溶け込むようにしばらくぼーっとして過ごします。
出来れば一日中ここで音楽を楽しむということもやってみたいのですが、あまり時間がなかったので30分ほどで店を後に。外へ出ると、うっすら近くのアーケードから音楽が流れてくるのですが、それが「追憶」の「THE WAY WE WERE」。なんだかやらせっぽくも心情にぴったり。ええ、忘れませんとも。どうぞお元気で。

(正当派名曲喫茶)
Photo_4

予定を済ませて気がぬけたのかどうかわかりませんが、高円寺で地下鉄の車両に乗ってしまい、中野を出て地下に入ったところで気がつく始末。戻るのも面倒なので高田馬場からJRで渋谷へ。夕方、荷物の受け取りがあるので真っすぐ帰宅。

暫くしてノックの音がしたので、扉を開けると宅配のお兄さんが「代引きで9387円です」という。
なに?なにが届いたの?と伝票を見ると「スニーカー」送り主はどこぞの会社名らしきもの。知らないぞこれ。・・・ということで、また連絡しますと一度持って帰ってもらうことに。寝ぼけて何か注文しただろうか?とヤ○ーやらア○ゾンの履歴を確認してみても該当商品はなし。発送元の電話番号を聞いて連絡してみたけれど、呼び出し音のみ。明朝、もう一度電話してみて繋がらなかったら返品ですね。それにしても、なにかの間違いだとして、どこから私の住所と名前が出て来たのだろう?ちょっと嫌な気分です。

|

« 不良になる | Main | お盆休み! »

Comments

まきさんの休日はいつもおもしろいですねー。
読んでいるだけで行った気になります。

ところでスニーカーは「代引詐欺」というやつでは?支払ったらお金は戻ってこないそうですよ。コワー。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A3%E9%87%91%E5%BC%95%E6%8F%9B%E9%83%B5%E4%BE%BF%E8%A9%90%E6%AC%BA

Posted by: chibida | August 10, 2008 08:52 PM

いつもひっそりと拝見させていただいているのですが、今日は書き込みさせていただきます~

「post card300人展」に足をお運びいただいたとのこと、
とても感激、そして、恐縮です。(お知らせしたのは自分ですが(^^;)
ありがとうございました!

ところで、「名曲喫茶ネルケン」とは、高円寺にあるのでしょうか?とても風情のある喫茶店のようですね。非常に興味がそそられます。
今度高円寺に行った際には是非寄ってみたいと思います。
(その前に、「かうひい堂」にも!!!)

Posted by: imai | August 10, 2008 10:22 PM

chibida様:
こんにちは。「ながぐっちゃん」終わってしまいましたね〜。私はいつ、「しねぐね日記」が再開するのかと日々そわそわしております。思えば、恵比寿Dもchibidaさんから、教えて頂いたのですね。感謝しております。
さて、気になる荷物ですが、今日またポストに再配達の紙が。昨日、事務所に電話していらないって言ったのに、聞いていませんね。ただ、代引き詐欺は基本的に、足のつき難いゆうパックなどを使用することが多いそうですよ。なんにせよ、ご心配お掛けいたしました。

imai様:
こちらこそ、お知らせありがとうございました。
ネルケンは検索を掛けると直ぐに出て来ますよ。
駅から「たまご工房」さんへ向かう道と平行にはしる道沿いなので、駅〜「たまご工房」〜その先左折〜左手お寺、右手広場、その一角にネルケン〜アーケード〜駅というのがいつものパターンです。機会があれば是非どうぞ。今では貴重な現役正当派名曲喫茶です。

Posted by: まき | August 11, 2008 10:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 不良になる | Main | お盆休み! »