« 苺狩り | Main | 雨の日 »

June 03, 2008

遊び倒し日!

Photo
(朝比奈切通し)

緑の中をゆっくり歩きたいという願望を強く感じて数ヶ月。
遠出は出来ないので鎌倉切通しを歩くことにして、同じ希望を持つ珈琲焙煎仲間のKさんと日程を調整、「鎌倉切通しツアー」へ行くことにしました。以前から切通しに行きたいと言っていたMさんにも声をかけて、「朝夷奈」と「釈迦堂」切通しへ行くことに決定。

前日夜まで続いていた雨も当日は好転。朝からすっきりとした青空となりました。先週の苺狩りの際もそうだったのですが、今回も4時半過ぎに目が覚めて眠れません。仕方がないので本を整理したり、コースの再確認をしたり。 せっかく早く起きているので、8時過ぎに家を出て、そろそろ気になっていた髪を切りに駅前の床屋へ。「耳を出して、刈り上げない程度に」と告げてあとはお任せ。約40分でさっぱりして横浜へ出て、待ち合せ駅へ。久しぶりに乗る京浜急行。鎌倉へ近づくにつれ、周辺の緑がどんどん濃くなっていく様に見えるのは気のせいでしょうか。約20分で金沢八景に到着。直ぐにKさん夫妻、Mさんも現れて近くのバスロータリーへ。

前回は六浦から40分ほど歩いての距離。今回は「朝夷奈」停留所まで約15分。切通しへの入口はもう目の前。早速、山道に入るとさすがに初夏の山。沢山の生き物に囲まれました。あちこちで鳴いている鶯。キビタキ、砂地にアリジゴク、それになんといっても立派な木々と羊歯や苔。

Photo_3

朝夷奈切通しは逗子側から鎌倉への古道の途中にあります。切通しまでの道は当時のままの状態を保っているので、雰囲気たっぷり。その割に鎌倉駅からは少し離れた場所にあるので、この天気だというのに、歩いていて出会った人達はほんの数人。 途中、本道から少しそれたところにある熊野神社で小休憩。〜と、なにかすうっと光るものが。久しぶりに見ました。ハンミョウ。こんな山の中にもいるんですね。
(ハンミョウ)
Photo_4

再び、本道へ戻り峠を越えると、それまで鬱蒼としていた森の道から、少し明るく開けた雰囲気に変わり、道の両側にそそり立つ岩壁の下を昨日降った雨がしみ出して、小さな川へと変わっていきます。

(あとは下り坂)
Photo_5

何度来ても気持ちよい場所です。

さて、次に向かう「釈迦堂切通し」は「朝夷奈切通し」から鎌倉駅へ向かう途中にあるので、バスを使おうと思っていたのですが、よい天気なのと、参加者全員健脚の持ち主なので、滑川に沿って歩くのも
いいねと歩くことにしました。 途中、日本茶と陶器を扱う「鎌倉さはん」という日本茶カフェで小休止。控えめに日本茶について熱く語る店主はどことなく、友人の和菓子職人さんを思い出させます。容姿もなんだか似ているのが不思議。丁度、私たちと同時刻に、数人のお客さんが。 お待たせしたからと水だし煎茶やお菓子をサービスして下さいました。

さて、小休止をしてエネルギーを蓄えたあとは再び目的地へ。
思っていたより直ぐに到着したのですが、「釈迦堂切通し」の迫力は凄く大きなものです。

(釈迦堂切通し)
Photo_6

鎌倉から近く、すぐ近くまで住宅地が迫っているので、こちらは沢山の人が観に来ています。それにこの迫力ですから、人気スポットなのでしょうね。

観るものをみた私たちは、そのまま歩いて鎌倉小町通りへ。
小町通りの「腸詰屋」で友人のお父さんに、これまた熱いエスプレッソ談義をして頂き、その後、ディモンシュで遅い昼食。この時、お手洗いの鏡でちょっとびっくり。朝は眠かったのでロクに見ていなかった髪型。思っていた倍位ばっさりと切られていました。なんでいままで気がつかなかったのかというと、帽子をかぶっていたからなのですが、それにしても・・・ねぇ。 ・・・閑話休題。休日のディモンシュは大忙し。私だったら倒れてしまうかもしれません。マスターはもくもくと、それでもお客さんに笑顔を絶やさず珈琲をいれていました。お客さんたちはそういう忙しさに気付いていないようです。私はどうしても同業者なのでわかってしまうのですが、気付かせずに急いで〜というのは大変なこと。脱帽と感謝。おいしい食事の後、駅前で無事解散となりました。湘南横須賀ラインに乗れば約一時間で恵比寿まで直行。便利なものですね。Dへ頼まれものを届けにいって、六本木へ移動。

夜のメインイベントは「寒空はだかカラフルロスタイムショー」。友人がチケットを取ってくれました。何故かゲストは鈴木慶一、柳家喬太郎師匠。しかも私の一番のお目当ては鈴木慶一だったりします。それでも初めて生で見る「寒空はだか」さんのトーク。面白い。歌〜馬鹿の壁〜あっはっはと笑う。この歌そのうち覚えよう。柳家喬太郎師匠の話も面白い。随所随所に時事ネタを織り交ぜ、笑わせる技術は凄いなと思う。鈴木慶一の声は色っぽい。生だとなおさらだ。笑ったり、手を叩いたりしているうちに、あっという間のライブ終了。おやもう22時ですよ。

(寒空はだか私設ウェブサイト)
http://www.geocities.jp/hadasamu/index.html

〜とそんなこんなで、あっという間に一日が終わってしまいました。
一緒に歩いた皆様、ライブをご一緒した皆様。お疲れさまでした。

|

« 苺狩り | Main | 雨の日 »

Comments

すごいですね!鎌倉にはこんな場所があるんですね。かなり感動です。
東京には行っても、そこから足をのばす事がありませんでしたが、
こんな素敵な場所なら一日かけて行ってみたいと思いました。
酸素の濃度が高そうですね。
写真を見ているだけで深呼吸ができます

Posted by: 北のnao | June 03, 2008 11:04 AM

北のnao様:
こんにちは。
鎌倉には防衛のため、ぐるりと囲む山から中心地へと続くの道にこういう場所を設けていたそうです。「釈迦堂」はその内側なので、正式には7つある鎌倉切通しから外れていますが、迫力ある場所なので立ち寄ってみました。こちらへ来られることがあれば是非、訪れてみて下さい。

Posted by: まき | June 08, 2008 09:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 苺狩り | Main | 雨の日 »