« 展覧会 | Main | 自己修正能力 »

May 04, 2008

休日らしい一日

Photo
(初夏色)

気合いをいれて、朝から美術館の梯子です。
長蛇の列が予想される、国立近代美術館〜「東山魁夷展」。生誕百周年記念展ということもあり、多くの観覧者が予想されるので、朝一番で出かけることにする。9時前に到着するように家を出る。先日迄、桜一色だった緑地。どんどん緑が濃くなって木々の吐き出す水分を含んだ空気が少し重い。

空気が日ごとに濃くなるようです。

(国立近代美術館HP)
http://www.momat.go.jp/Honkan/Higashiyama2008/index.html#advice

休日ということもあって、朝、8時前の電車も満員状態。車両に寄りかかりながら半分眠った状態で竹橋へ。丁度、9時5分前に美術館へ到着したのだけれど、なんと開館は10時。どうりで誰もいないはずですね。おかしいとは思ったのですが。仕方がないのでそこらを散歩。この辺りは皇居の脇ということもあって、緑が多く都心だというのに休日は空気が澄んでいる・・・様な気がする。

約30分ほどして美術館へ戻ってみると、既に行列が・・・。
前売り券を持っていない私は券を買う列に並ばなければならないので、どうしようかと迷ったけれど、時間もあるしそのまま列に加わる。後ろにならんでいた方が「行列だから明日にしない?」と電話をしていました。入場制限もあるようです。しばらくすると美術館よりアナウンス。混雑が予想されるので、9時40分には開館するとのこと。嬉しいことですが、働いている方々は毎日たいへんなのでしょうね。結局、並んだのは券を買う列くらいで、スムーズに入館。

さて、今回の展示は「生誕100周年記念」なので、画伯の絵を時代とテーマ順に追っていけるようになっています。絵が変わっていく流れを見るには、解りやすい方法ですが、期待していた北欧の絵がおもっていたよりも少なかったのが心残り。それでも代表作がほぼ揃っていました。今回面白かったのは小数展示でしたが、スケッチや習作。なにを表現したいのかということが、これらを見るとわかりやすいので、意外な発見があったりします。デンマークのRIBEの絵が2点あったので、絵はがきをと思いましたが・・・ありませんでした。いつも気に入った絵はがきを見つけるのに苦労しています。

せっかくなので、常設も楽しんで、そのまま上野に移動。

Photo_2
(へびいちご)

上野駅は各地方からやってくる人達、成田からの人達でそれこそ芋洗いの様。
真っすぐに東京藝大へ。途中、国立科学館〜ダーウィン展〜前でアナウンス。「ただ今、入館15分待ちです!」〜ここも凄いのですね。さらに道路を挟んで隣接の国立博物館はチケット売場も敷地内でも行列が。「薬師寺展」ですね。本当はお寺に観に行く方が素敵なんだけれど・・・。でもこの人数が大挙したら大変なことになるので、これはこれでよいのかもしれません。行列を横目で見ながらお目当ての「バウハウス・デッサウ展」へ。こちらは空いていました。

(東京藝術大学大学美術館HP)
http://www.bauhaus-dessau.jp/

バウハウスに関してはきちんとまとまったものを観て、どういうものなのか掴みたかったので、嬉しい企画展でした。こちらは概念、授業、作られた物を解りやすく展示してくれていたので、なんとなく地味な展示でしたが内容は濃く非常に楽しめる工夫があちらこちらにみられます。
バウハウスの学校案内兼、体験入学をしたような感じでしょうか。目録は少々値が張りましたが、これも作品と解説を並べているだけではなくて、「読むところが沢山」あってお勧めです。バウハウスの基本宣言〜初めて読んだのですが、「手工芸作家と芸術家の間に高慢な壁を築こうとする、思い上がった階級差別根性に打ち勝つ場」という考え方には共感することが沢山ありました。〜思い上がった階級差別根性。・・・ナチスに弾圧されるわけですね。この展覧会は7月まで開催されているので、もう一度観に行きたいと思っています。
Photo_3
(八重桜)

展示物を観た後、お腹もすいたので付属カフェでお茶でもと思いましたが、ゆっくりしたかったので渋谷Mへ。数年ぶりにランチを頂きました。サラダ、アンチョビのスパゲッティ、デザート、珈琲で千円也。プリンターを見ていこうかなとも思いましたが、渋谷の雑踏の中に入って行くのも嫌なのでそのまま白楽へ。Nataneでパンを買ってさっさと帰宅。折からの寝不足で夜まで寝てしまいました。

なんだか休日っぽい休日でした。


・・・さて、これからちょっと片付けものをして夕食です。
あ、買物にいくのを忘れました。蕎麦とうどんの乾麺しかありません。
う〜ん。どちらにしましょうか。

|

« 展覧会 | Main | 自己修正能力 »

Comments

さくさくさくさく、心静かにいいものをたくさん見た一日だったのですね。
薬師寺展、あちこちで紹介をされていて、私も見たいなぁと思ってました。
距離的にも金銭的にも叶わないけど。
本当ならまきさんが書かれている通り、薬師寺に礼賛すべきなんでしょうけど、
やっぱり今回は日光菩薩立像と月光菩薩立像の後ろからのお姿が拝見できると言うのが、何より人を惹きつけるんでしょうね。

薬師寺のお坊さんがみなさんで、今回の薬師寺展のために菩薩像を拝みながらキレイに磨いて。
「こんな有り難い機会は二度とない」と手を合わせていたのが印象的でした。


Posted by: 北のnao | May 04, 2008 11:45 PM

北のnaoさん:

こんにちは。
随分お忙しいようですね。

お寺で仏像を拝観するとき、近づけない、観たいところがよくみえない等々あります。そうですね、後ろ姿、たしかに気になるところです。

Posted by: まき | May 05, 2008 07:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 展覧会 | Main | 自己修正能力 »