« 浸食 | Main | 豆配達〜猫とカエル »

January 21, 2008

再びの日曜日更新

2
(銀座)

長いのだか短いのだか、よくわからない一週間が過ぎさり、また日曜日。
今日はグラウベルで手回しロースターの講習会。おこがましくも教える立場です。受講者は前回よりも多い5名。おひとりはなんと福岡日帰りという方もいらっしゃいました。私の前に、別の珈琲をいれるコースをグラウベルの狩野さんがなさっておられたので、よい機会とばかりに見学させて頂きました。
(グラウベルHP)
(http://www.glaubell.net/coffeekouza.htm)
ひとりできちんと資料もつくってテキパキ動く狩野さん、格好よいです。

前回もそうでしたが、手回し焙煎機に関してなにか資料をと思っても、あまり必要性を感じません。実際、その場で実技して頂くので、全体の流れなどを最初に確認してしまえば、その場その場で対処するだけです。その時メモを取る取らないは個人にお任せしてあります。

今回は受講生の方のひとりが、焙煎機を一台持って来て下さったので、合計2台使用。効率よく全員に焙煎して頂くことができました。ただ、さすがに閉めきった部屋で2台も焙煎すると部屋は燻されもうもうです。 帰りの電車内で自分でもはっきりわかるほど珈琲の香りが身体に染みついていました。

福岡へ帰られる方、機内によい香りを沢山振りまかれたことでしょう。

さて、下北沢からの帰りは渋谷文化村へ。
スイスの画家「アンカー展」最終日。ポスターが張られていた時から気になっていたのですが、結局、今日までいけずにおりました。「Skagen派の絵が好きなら気に入ると思いますよ」と友人からメールも入っていたので期待していたのですが、内容は期待に沿うもので満足です。
ワイエスが好きな人にもお勧め出来る絵です。最終日というのに会場はそんなにぎゅうぎゅうしていませんでしたから、ゆっくりと時間をかけて回ることもできました。

その後、人の多いセンター街でイベントに使うものを買って(プリントゴッコ関連)、休憩する為にメアリージェーンへ。下仁田葱を使った牡蠣のグラタンを頂く。

帰宅してからまた焙煎。「バリ・アラビカ神山」。深煎り注文だったので、やはり部屋が煙まみれに。
今日は2度目。でも楽しい。

月曜日からはちょっと忙しくなります。
週末納品の豆の焙煎、パッケージなどの印刷。週末カルタ会の準備も。
またブログの更新が少々滞っても、忙しいだけなのでご心配無用です。

|

« 浸食 | Main | 豆配達〜猫とカエル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 浸食 | Main | 豆配達〜猫とカエル »