« ようやくUP「工房からの風」報告 | Main | 無事終了 »

October 31, 2007

週末は「かうひい堂@恵比寿」

Sawara_2

(夕暮れにはオレンジ色の灯)

いよいよ次の日曜日は「かうひい堂」、久しぶりの開店です。

2007年コロンビア「カップ・オブ・エクセレンス」に選ばれたパルミラ農園、完熟手摘みのホンジェラス、サンタエレナ農園、フェア・トレードのメキシコ〜マヤ・ビニック、タイのウサミ・ドイチャンなどいろいろな国の豆を準備いたしました。今回のみという豆も多いのでお楽しみに。

テーマは「夕陽林」。
秋林の夕暮れ前のような、強くはないけれどきりりとした光と空気。
そんな時間を感じてもらえたらと思っています。

毎回、気になるお菓子ですが、いつもの「栗の渋皮煮」の他に微笑庵からは煉切製「唐錦」、あと焼き菓子を予定しております。唐錦には「輸入物(唐製)の絹織物のように美しい紅葉」の意味が込められているそうです。

今日はお店に某エスプレッソの名店、従業員の方〜オーストラリア人〜が来店、お互い、いろいろな話をすることが出来て楽しい時間を過ごせました。オーストラリアではイタリア、ギリシャ人の移民が始まってから珈琲文化が定着したこと。10年ほど前、急にカフェなどの珈琲店が増えたこと。日本ではハンドドリップ、サイフォン、マシンなど、非常に多くのスタイルの店があって面白いし、素晴らしいと思うこと等々、いつかじっくりと時間を取って話をしたいと思いました。 考えてみると、オーストラリアやアメリカでの珈琲の歴史なんて何も知らないも同然。まして、国の歴史となると、なんとなく分かっているようで何も知らないことに、今更ながら実感。
きっとそんなことは山ほどあるのでしょうね。

私は彼の勤めている店を訪れたことがありますが、いいなと思ったのは販売してあるブレンド珈琲に、どんな豆がどのくらいの割合で配合されているかが全てきちんと書いてあったこと。どうも日本のロースターは企業秘密だのなんだのと隠したがります。配合がわかったからといって同じ物をつくるのは至難の業なんですけれど。なぜなら焙煎器の癖もあるし、同じ銘柄でも農作物、木の種類、土壌、水分含有率、焙煎方法など、全く同じようにするのはまず不可能といってもよいからです。それに他の店が売れたからといって、同じ物を売ってやろうというのはどうでしょうかねぇ。つまんないと思うのですけれど。

そういうことに対してもオープンな姿勢のロースターがどんどん増えるとよいなと思いました。


|

« ようやくUP「工房からの風」報告 | Main | 無事終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ようやくUP「工房からの風」報告 | Main | 無事終了 »