« August 2007 | Main | October 2007 »

September 30, 2007

三者三様

Ebisupb
(パイプピル〜でもマンションです)

さて、日曜日の報告。
グラウベルの狩野さんのお誘いで、メキシコの珈琲生産者組合「マヤビニック」「セディアック」の方々との会合に出席。日本でどのように珈琲が扱われ、飲まれているかということの視察と、商品の質向上の為の研修をかねての来日。慶応大学で行われている「慶応フェアトレード・プロジェクト」の活動の一環。

現地を知ることにより、メキシコと日本との珈琲に対する考え方、好まれる味などの格差を埋めることが主な目的ということで、私の仕事は数人の焙煎者の方とともに事前に預かったメキシコの豆を焙煎、当日、参加者に飲んでもらうという作業のお手伝い。

当日は遠くは愛媛から「BUN-BUN ROASTERS」さん。千葉の「焙煎香房・抱(HUG)」、東京から「KEIの珈琲」、そうして私が持ち寄った豆を試飲してもらう。同じ豆でも焙煎によって随分と味が変わることを実感して頂いた。

それぞれに「同じ豆を前にして、これほど違う味を求めるのか」というほど違う味に仕上げていた。
BUN-BUN ROASTERSさんの豆は5k窯で苦心の少量焙煎。 1週間ほどして飲むと随分と味が引き出されてきた。抱(HUG)さんは、反熱風手回しロースター使用。深煎りと中煎りと2種類。前者は修行なさったという某名店の味を引き継ぐもの。後者は・・・蜂蜜を思わせるような深く甘い香りに驚かされた。KEIの珈琲さんは直火手回しロースターでの深煎り。飲み頃を考えて数日前の焙煎。いつもながらの落ち着いたどっしりとした、それでいて重くない味に仕上がっていた。

私はというと、メキシコの特徴でもある酸味を出すのに苦心した。
非常に強いボディを持っている豆ならば簡単にだせるスッキリとした酸味がなかなか出せない。
前もって渡されていた1kgの生豆は、どんどん減って、最後の最後にようやく「なんとか」及第点の酸味を出すことが出来た。 しかし後日、少量残っていた豆を飲んでみたところ、酸味はほどんど消えてしまって自分に不満の残る結果となった。原因は多分、焼きすぎて酸味が消えることを恐れての、長時間焙煎が原因。大きな宿題を残した。

サンプルに渡されたのはメキシコ産だけれども、マヤ・ビニックよりは癖の少ない豆。
帰りに少量分けてもらったマヤ・ビニック。出来れば味の調整をして次回の「かうひい堂」でお披露目出来ればと考えています。サンプルローストを見たときに少しスパイスのような香りがしたので、面白い味になるかもしれません。 ちょっとばかり期待の豆。将来オールド用に寝かせるほどのものがひょっこり出て来るかも。

楽しみにしています。

多忙の中、こういう貴重な機会を作ってくださったグラウベルの狩野さんに感謝です。

※遅くなりましたが、書き込みしてくださった方への返信を各コメントの下に書き込みました。ありがとうございました。

| | Comments (0)

September 16, 2007

メキシコ・マヤビニック・コーヒー

Hanekin2_2
(この後、約20分の大げんか)


今日はメキシコでフェア・トレードによる珈琲生産を支援している方や、現地の方とお会いする。
日本での珈琲についての知識の一環として、どんなふうに飲まれているかということも知りたいということで
彼らの生産している珈琲生豆を焙煎して、飲んでもらう予定。

なのですが、先週から試しているけれど、どうも焙煎がうまく行きません。

ああだ、こうだとやっていて既にこんな時間になりました。
とりあえず寝なければ・・・。

※書き込みをしてくださっている方々へ。
近いうちにまとめてお返事UPいたしますので、暫く御待ちください。
すみません。

| | Comments (0)

September 11, 2007

悩みいろいろ

Nataneg

(夏もそろそろ)

出勤中の電車から外を見ていると、雲が幾重にも重なって森のようになっていた。空に遠近感がはっきりと焼き付けられて、空の距離というものを思い出させられる。はるかはるかはるか遠くまで見えてしまう不思議。

蕁麻疹は、ぶり返しだした模様。要注意。

帰り道。今日は猫を発見できず。

珈琲をどうにもこうにもうまく入れることが出来ない。
まずいのではない。まずくはないがそれだけの味。

50の味を100なんてとんでもない。
51にすることすら不可能。
豆の持っている力以上の味にはならない。

しかし50をだす〜100%の味をひきだすことが出来なければ
どんなによい豆〜もし100の豆を手に入れたとしても99しか味をひきだせなければ
そんなもったいない話はない。100に近づけば近づくだけもったいなさは大きくなる。

何故できない。

まだまだ悩みはつきません。

きっと一生つきることはないんだろうな。

そうして、そういう悩みが一生つきませんように。

| | Comments (3)

September 10, 2007

心配事ひとつ

Ninngyouchyoubb
(きちんと仕上がるのでしょうか?)

先日の台風、思ったよりも被害甚大です。
私のうちに直接被害はありませんでしたが、ニュースなどでご覧になった方も多いかと思います。
東京都と神奈川県の県境を流れる多摩川が以上な増水。二子玉川にあったカフェ、PEACEが水没してしまいました。河原にある不思議な夏季限定カフェでしたが来年また営業できるのでしょうか。

その前によく河原での営業が許可されたなという疑問が。

また、少し下流これまた河川脇のカフェ、トキオプラージュルナティックも心配。あの立地(堤防土手の内側)ではきっと床上浸水は免れなかったのではと思うのですが。

どちらも気持よい場所ですので、また営業してくれることを願います。

(PEACEについてはこちら)
http://allabout.co.jp/gourmet/cafegohan/closeup/CU20070611A/
(トキオプラージュルナティック)
http://www.nikotama-kun.jp/gourmet_lunatique_pictures.htm

さて、今日は久しぶりに浜町のヒナタノオトへ。
台風の日に北欧へと旅立ったwさんが、職場へ来てくれたので「Denmark」といえば、詳しい方がこれこれこういうお店をやっていて・・・と話していたところ、何やらきょとんとしていたwさん。鞄からなにやらごそごそ取り出しました。みてみると「ヒナタノオト」のカードではありませんか。ちょうど寄って来たとのこと。たまたま通りかかってとおっしゃっておられましたが、たまたま通るような場所ではありません。なんだか不思議ですね。


「ヒナタノオト」では国内の工芸品などを主に扱いますが、今回はオーナーの稲垣さんが見つけて来たDenmarkの物(スプーンやナイフそれから古書等)も販売していて、おいしいお茶とお菓子をいただきながら、それらについていろいろな話をして楽しみました。

(ヒナタノオト)
http://www.hinata-note.com/

その後は恵比寿のDへ。今度の「かうひい堂」イベントなどについて軽く話をしてきました。お待たせしておりますが、11月ほぼ決定です。また詳細が決まり次第、こちらのUPいたします。

朝、新しく備え付けた焙煎機での豆の焼き具合を調整するために数種類焼いてみました。中煎り、中深煎り、深煎り。まだ少し調整が必要ですが、それはそれで楽しい作業。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 07, 2007

ごうごうごう

Ginzafusigibilu_2
(最後の砦)

台風です。
どうやら直撃しそうな雰囲気。
おかげで・・・「電車が止まると面倒だから、もう帰りなさい」と18時で仕事終了してしまいました。こんな時間に外を歩けるなんて!こりゃあどこか寄り道を・・・したかったけれど、まっすぐ帰宅。
久しぶりに通勤満員電車とやらに乗るはめになりましたよ。ぎゅうぎゅうでなんだかみんな殺気立っています。
人の感情なんてすぐ変わってしまうんだなんてことを考えながらの帰宅電車。

駅からの途中、いつもの白黒とちょこん座り猫がそれぞれ雨宿り。
邪魔をしないように声だけかけて、寄り道せずに帰宅。
帰宅の優等生ですね。

せっかくなので、ゆっくりと夕食をつくる〜といっても簡単なものばかり。

ざる蕎麦〜胡瓜とミョウガをたっぷりのせたやつ。
沖縄もずく〜三杯酢。
みそ汁〜豆腐と小松菜

なんて簡単。
特に日頃の食事と変わりません。

窓の外では雨が降ったりやんだり、風もごうごうふいたり、急に静かになったり。
本番はこれからですね。

| | Comments (0)

September 05, 2007

今日の生き物

Tyokoncyan_2
(熟睡中〜ヤマネじゃないんだから・・・)

帰り道。
いつも道路端にちょこんと座っている野良猫が、よその軒の上で寝ておりました。
声をかけても反応がないので、そのまま帰宅。ちょっと遊びたかったんだけれどね。

と、ある方より珈琲豆の注文。
近々、出版される本の執筆最終行程真っただ中らしい。
「強烈なやつを200g」とのことだったので、カフェインたっぷり酸味のモカ中煎りと、苦みの深煎りグァテマラを100gずつ送る。面白いもので、このふたつを均等に混ぜてみても中くらいの味にはならない不思議。それぞれ個性が強すぎるからケンカしてしまうんですね。 

出版予定の本はどちらも面白そうだから、発売を楽しみに待つこの頃。

明日はまたまた「親不知」を抜きます。結構、埋まっているのでちょっと大変そう。麻酔を多めに使うだろうから、その後の仕事の方が心配です。前回は前半ずっとぼーっとしていたので。

今週、友人が北欧旅行へ出かけます。
なにか役に立つものはと、あれこれ見ていたら懐かしくてどうしようもなくなりました。
いま、北欧へ行ったとしたら、空港へ到着したとたんに泣いてしまいそうな気がします。(嬉しくて)
いい歳して困ったものです。そういえばパスポートも切れて久しいな。また取得することがあるのだろうか。

Yamo2078
(まだ子供です)

先日、仕事へいこうとしたらなにやら動くものが・・・。
やや。「ゴ○ブリ?」と思いきや、小さなヤモリ。家にいるのはよいけれど、食べ物に困るだろうと捕まえようとしたらすばしっこいのなんの。出かけのばたばたしているときでしたが、なんとか無事に保護。外へ出しました。

Yamo3078
(こんなに小さい)

いや、よかったよかったと思って一件落着。
・・・で、そのヤモリさんはどうしているかというと。
実はまだ家にいるのです。(二階でなくてすみませんね)

窓のそとにへばりついておりました。これはこれでかわいい生き物です。

Yamo4
(真ク・リトル・リトル神話大系の表紙みたいになってしまいました)

| | Comments (0)

September 04, 2007

秋口

Kinutapbee_2
(正解はこちら)

数週間ぶりの更新です。
随分と涼しくなりましたね。
先日の答え。なんと「ミツバチ」が巣をかけていました。巣箱で飼っているミツバチは見たことがありますが、こういうやつは初めてだったので興奮してしまいました。しかし、数人に、この話をしたのですが、揃いもそろって「ハチミツなめた?」と、聞くのは何故? そんなひどいことしやしません。

さて、この数週間いろいろ動きがありました。
平日はいつもながらの仕事でしたが、日曜日はいろいろ予定が入りましてばたばたでした。

珈琲に関する大きなこととしては直火型1キロ焙煎機がやってきたこと。
いつもお世話になっているグラウベルさんの手回し焙煎の講座を受け持つことが決まったこと。
年明けに青山で開かれるイベントへ参加する可能性が出て来たこと。

どうやら今年はずっとこんな感じで過ぎていきそうです。

なんだかもっとたくさん書きたいこともありますが、夏から秋への変わり目はいつも体力が落ちるせいか体調を崩すことが多いので今日はこの辺で。また明日なにか書きます。

| | Comments (2)

« August 2007 | Main | October 2007 »