« July 2007 | Main | September 2007 »

August 19, 2007

猛暑

Kinutapsemi09
(砧公園)

毎日、暑いので妙な時間に目が覚めてしまう。
そうなると、また妙な時間に寝直すことになり、睡眠不足状態。
エアコンがないので、身体も暑さに慣れており、あまり「暑い、暑いよ〜」という実感はないのだけれど、随分と体力は消耗しているようです。食欲も減少するので悪循環。やはり夏は昼寝をすべしという法律をつくるべきかも・・・なんて考えていると、ニュースですてきなものを紹介していました。

(水うちわ〜コピペしてご覧ください)
http://www.iedashikou.com/utiwa.html?gclid=CJPihdj09Y0CFQ17TAodFRqeLw

写真をみているだけで涼しくなります。使ってみたいけれども、そこは真っ当な商品だけあってお値段も真っ当です。物に対して決しては高いものではありませんが、今の私にはちょっと無理です。来年に期待。

ところで、お約束の前回写真の回答ですが、もう少し引っ張ります。

| | Comments (2)

August 13, 2007

暑いけれど充実の日曜。

Youga09octjpg

(夏真っ盛り)

はい。
また久しぶりの更新です。
おかげさまで歯医者は来月に親知らずをもう一本抜くのみ。
ただ、蕁麻疹はなかなか治りません。皮膚科の先生には「エアコンを買いましょう」と勧められた。そうはいわれても、ちょっと今年は無理です。それにしても暑い日が続きます。夏らしくてよいのですが。

今日はさっさと洗濯を済ませて恵比寿Dへ。
12時に友人たちと待ち合わせて、いつもは渋谷で土曜日CAFEを開いているIさんの特別イベント「野菜スイーツのアフターヌーンティー」へ御邪魔する。
(カフェ・カクタスHP)
http://www.h4.dion.ne.jp/~cactus_w/

このところなかなか顔を出せなかったので、久しぶりに会う友人たちの顔を見るのはとても楽しい。駅からの近道が建設工事のため使用不可となり、少し遠回りして坂の上にあるDへむかう。じりじり照りつける日差とお盆の時期ということもあり、街はいつもより少しひっそりしている。
Cafed09oct
(Dは坂の上)

暑い中、空調の効いた店内はやはり心地よい。開店時間のすぐあとに到着したのですが、既に常連さんが寛いでいます。お茶の前にきりきりに冷えたシードルを注文。グラスを昇って行く泡をながめていると、外の暑さが嘘のよう。すぐに友人2名も到着。小松菜や豆などを使ったお菓子も運ばれて、ゆったりした時間が流れます。

Cafed09812cake
(私のイニシャル付き!)

Iさんのつくるお菓子は、やはりおいしくて、たちまちおなかの中へ。
そうしているうちに次々とお客さんがやってきて、私たちもそれぞれ予定があったので、ごちそうさまと店をあとに。 皆と別れたあと、観に行こうかどうしようかと迷っていた展覧会「青山次郎の眼 展」へ。
Setagayaagaoyama
(9月19日まで)

蝉の声を浴びながら駅からの道のりを懐かしく歩く。前回、歩いたのはもう10年以上前のこと。「ワイエス展」へ数回通いました。その後、バイクで数回訪れたことがありますが、小振りながらも大好きな美術館のひとつです。

ここは砧公園という大きな公園の中にあるので、広い緑地を突っ切って向かいます。
Knutap09oct

たどり着いた美術館。予想外に人影はまばらでゆったりと会場を回ることが出来ました。
今回、初めて見る物もたくさんありましたが、やはり唐津筒杯「虫歯」や光悦の「山月蒔絵文庫」、それに「黒田辰秋の椀」も美しい。それらの中で今回とてもよいなと感じたのは「たんぽぽ」という銘の絵唐津茶碗。外側も使い込まれて美しいのだけれども、内側がとてもよく古びていて、それでいて色っぽい艶がにじみ出ていい感じなのです。
Setagayaag1_2
(世田谷美術館)

今週末、19日までなので、ご興味おありの方は是非どうぞ。
それにしても「生活のために働いたことがない」という高等遊民の生活。想像できません。
(世田谷美術館〜企画展)
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html

帰りはまた駅まで戻って、そこからバスで恵比寿へ。この路線を走るのは初めてなので、ちょっとわくわくしていましたが、気づくと熟睡。恵比寿駅手前まで寝ておりました。

ちょっと忘れ物をしていたので、受け取るために再びDへ。ちょうど来店していた知人、友人から仕事の企画までいただきました。ありがとうございます。

帰りの電車では不思議な広告を発見。
水族館のやつだったのですが、「ドルフィン・ホラーショー」と書いてありました。
これ、なんでしょう。なにをするのでしょうね。気になります。

そんなこんなで帰宅したのは21時前。時間の経つのは早いものです。

ところで、美術館へ向かう途中、木のウロに珍しい物を見つけました。何だと思いますか?

Kinutapbee2
(さて、ここに何がいるのでしょうか?答えは次回の日記で。)

※はみだしコメント

mochi様:
こんにちは。幕引きとはいえまだまだ仕事は。実は先週もブライダル・フェアのセールスカウンターに座っておりました。でも、やはり音響、調光室の方が居心地よかったですね〜。

北のnao様:
こんにちは。私も無精をして見逃したり、行きそびれた展覧会や、コンサートもたくさんありますよ。それに腰が重くてよっこっらしょ・・・とやってみても、やはり重いときは無理しないようにしています。見たい物を全て見ようとすると必要以上に負荷がかかるようで、時々、残念な気持になるくらいの方が私にはちょうどよいみたいです。


| | Comments (4)

« July 2007 | Main | September 2007 »