« さよならウィンター | Main | 春も月見 »

February 28, 2007

じわじわと

「美しい国」をつくるという政府。

いじめを無くすために「いじめる子」をクラスから排除するという。
いじめられているほうからすれば願ったり適ったりだろう。

しかしなんの問題解決にもなっていないということは、子供でも分かること。

「共謀罪」なるものをつくるという。
集まって犯罪計画を練るだけで、罪に問われるというもの。
何が罪で、どこからが計画で、どこまでが「よたばなし」なのか、どうやって定めるつもりなのか。

気がつくと、人権を奪おうとするようなことを平気で口にして、当たり前のように法律という名のもので強制力を持とうとしている。密告奨励社会になろうとしている。しかも、とても露骨にそういうことをするようになった。

何故だ。

じわじわと周りから囲っておいて、ある日、全てが決まっている。
既にそういう恐ろしさは経験しているというのに、「あえて」くり返すのは何故だ。

すぐに行使することがなくとも、いつでも行使出来る体勢が既に出来ている。
民主主義だというこの国で、充分な討議すら行わずこういう規則が作られるのは憲法違反ではないのか?

それとも、早急にことを急ぐ理由があるのか?

美しい国・・・この言葉をただの下品な言葉にしてしまった人達よ。

2006年2月19日に亡くなった詩人の詩を読んで恥じろ。


|

« さよならウィンター | Main | 春も月見 »

Comments

共同体は、民主主義である以上、国民一人一人の発信と行動にかかっていると思います。
他力本願でいる以上は、いつまでも同じ。
何も変わらないから、興味無い『政治』という構図。
何か有ると『お上の責任』。
この状態が、管理者にとってはとても都合の良いことだと、
一般国民がもっと認識するべき、と感じます。
教育も何も、最小社会の『家庭』が充実しているからこそ、充実します。
『美しい国』だの『国を愛する』だの、言葉は色々ですが、
『家族』という、もっと素朴な安心感を育てる心が根付かないと、
金銭的、物欲的発展にさらにしがみつく事になるでしょう。

メディアの統計だとか、『金銭的数字』や『一方的価値観の情報』など、
形として存在しない、派手で、瞬間的なものばかりに目を持っていかれ、
『思考の停止』が続いているような気がしてなりません。

今は民主主義ではありません。
ただの、資本主義。
家族同士の暖かい時間や、物が育つ過程。
これが、全く欠如しています。
これはお上の指導が足りないからではなく、色々理由をつけて、
回りと同じにならないと・・・という、悪い意味での村根性が、
虚構の流行情報で火をつけられているだけ。<強迫観念
思考を支配したものが、勝ちます。<あえて強く表現しました
これは、どのメディアも、政府も、同じレベル。
情けない限りです。
かく言う私も、ネットで書き込みしているわけですが、
もっと理知的で、感情豊かな、心の先進国を望みます・・・。

一人一人が、独自に物事を考え、判断し、行動しているのなら、
『共謀』なんて、意味を持たないはずなのです。
もちろん、制度云々ではなく、もっと広い意味での『道徳』という
普遍的共通の概念を基にして、独自に動く事が肝要ですが。


長くなりました。
メールにすれば、良かったでしょうか・・・。(笑)
話しの内容は1割に満たないですが、いずれ、また。
記事にそぐわない内容でしたら、遠慮なく消してください。

Posted by: KEI | March 01, 2007 10:42 AM

ではどうしたらいいか、行動しようと思えば市民運動、政治活動、その他諸々。
ブログで書くだけなら、単なる野次。

「できることからはじめます」
では、余りにも悠長ですわね。

Posted by: ナンネル | March 02, 2007 12:06 PM

ナンネル様

ここで議論しては、大いに迷惑。
URLから、私宛にメッセージでもどうぞ。
今まで歴史的な著名人がビックウェーブを起こしていますが、
何か進展がありましたか? < あなたが何かを起こします?
その時だけ動いても、難しいですよね。
上の記述は、批判に取られたのなら結構。
でも、批判ではありませんよ。 念のため。

Posted by: KEI | March 02, 2007 05:58 PM

おぉ、失礼いたしました。
今度は表示されていますね?

Posted by: KEI | March 02, 2007 06:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference じわじわと:

« さよならウィンター | Main | 春も月見 »