« January 2007 | Main | March 2007 »

February 28, 2007

じわじわと

「美しい国」をつくるという政府。

いじめを無くすために「いじめる子」をクラスから排除するという。
いじめられているほうからすれば願ったり適ったりだろう。

しかしなんの問題解決にもなっていないということは、子供でも分かること。

「共謀罪」なるものをつくるという。
集まって犯罪計画を練るだけで、罪に問われるというもの。
何が罪で、どこからが計画で、どこまでが「よたばなし」なのか、どうやって定めるつもりなのか。

気がつくと、人権を奪おうとするようなことを平気で口にして、当たり前のように法律という名のもので強制力を持とうとしている。密告奨励社会になろうとしている。しかも、とても露骨にそういうことをするようになった。

何故だ。

じわじわと周りから囲っておいて、ある日、全てが決まっている。
既にそういう恐ろしさは経験しているというのに、「あえて」くり返すのは何故だ。

すぐに行使することがなくとも、いつでも行使出来る体勢が既に出来ている。
民主主義だというこの国で、充分な討議すら行わずこういう規則が作られるのは憲法違反ではないのか?

それとも、早急にことを急ぐ理由があるのか?

美しい国・・・この言葉をただの下品な言葉にしてしまった人達よ。

2006年2月19日に亡くなった詩人の詩を読んで恥じろ。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 27, 2007

さよならウィンター

Anotherdoor2_3

(恵比寿A・D)

昨日、早朝から仕事だったので五時に駅へ向かっていたら正面に紅い星。

「アンタレス」

この星が見えるようになったら、冬はおしまい。
そういえば、最近、帰宅時にオリオンが見えないなと思っていたら。

そうですか。そういうことですか。

異常な暖冬で近所の桜が咲き始めていても、宇宙は。


そういえば今日「某バリスタ競技日本大会」で審査にインチキがあったので
やり直しやらなんやらかんやら署名を下さい。というメールが届いていた。

「とある理由で」名前は明かせないらしいが、どんな理由であれ身元を明らかにもしないで他人の住所を含めた署名を下さいというのはどうなのでしょうね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 09, 2007

今頃正月散歩報告

Hataj

(峠ルート通学路)

あっという間にもう二月だというのにいまさらながらの正月報告。

今回はあまりあちらこちら行かないようにしていたのですが、小、中学校へ通った道がどうなっているか気になって散歩に出かけました。 家の近所はリアス式海岸なので、海辺を歩くルートと峠を越えて行くルートの2つに別れていました。 今は海を埋め立ててしまったので(怒!)砂浜をぽくぽく歩くわけにも行きませんでしたが、もともとあった道「あたり」を歩いて小学校へ。 1月なのに真っ赤な葉をつけている木が目立ちます。

どうもつまらない道のりです。

昔は海へ落ち込む丘と丘の間はなだらかな曲線を描く砂浜や岩場という、変化に飛んだ海岸線で歩いているといろいろなものがありました。珪化木を拾ったり、時にはカブトガニを見つけたり。大きな赤ウミガメ(勿論生きてはいませんが)が流れ着いていたことも〜そんな海岸もいまではただの埋め立て地際のなんにもない道と化しております。隣の元漁村へ着くと、偶然にも友人が犬と散歩をしておりました。少しだけ話をしながら一緒に近くの神社へ立ち寄り世間話。 「昔の海岸の写真を持っている人知らないかなぁ?」とたずねてみたのですが「どうだろうねぇ」との返事。 ごくごく当たり前にある景色だったので意識して写真をとることもなかったようです。それに当時は小学生。最近のように気楽に写真を撮るということもありませんし。本気で捜せばみつかるのでしょうが、そこまですることもないので、その話はそこでお終い。

友人と別れてまた歩きます。

小学校の建物は卒業当時とそんなに変わっていません。
運動場あたりから写真を撮りたかったのですが、この御時世。カメラをもった不審者が小学校で写真を撮っていると通報されないほうがおかしい世の中。ああいやだいやだと思いつつ、峠コースをちょっと見に行きます。

峠も随分変わりました。「鳥越峠」という場所でしたが、いまは峠そのものが随分と削られてしまいました。辺りを囲んでいた丘もほとんど削られなくなっています。埋め立て用の土砂に使われたのです。
Nannomi
                                        (なんの実?)
それでも峠と小学校を結ぶ小道はほぼ当時のままでした。大きなヤマモモの木が見当たらなかったくらい。面白い実が落ちているので写真を撮っていると、どこからか犬が出てきて吠えるので早々に退散。 
 
Hataj3  (通学路〜逆光の中、犬が吠える)

どうも少し歩き足りないので、さらに2㎞先の中学校まで歩くことに決定。

Hatatidaj   
(この辺りは二十田〜はたちだと呼びます)

この辺りはあまり変わっていません。中学校の方向に黄色い老人ホームだかなんだかが建っているくらい。二十田というだけあってちょっと開けたところ。東風蔵だか東風倉だか「こちくら」という小字がこの辺にあります。ちょっといい地名だと思うのですが。 私の両親の家のあるところは「船泊り」。あと同じ地区に「忍ビ」という場所も。「○×ヶ丘」シリーズよりずっとよいと思うのですが。(枚方の星ヶ丘はある理由により別格)

写真で見る通り、なんにもない場所に農道がずっと・・・そんな通学路。

小川を渡って中学校の手前辺りから、昔の海の合った方向を見ると当時の海岸線の名残りが見えます。地名は「松ヶ江」。その名の通り松並木。

Matugaej
     (松ヶ江)

中学校に着いたのはよいものの、どうしようかなとひと思案。
そうそう。貯水地が山側にありました。古い友人宅でもながめながら遠回りして帰ることに。

丘と段々畑やら田んぼの間を歩き、高速道路をくぐって山を登って行くとあらわれるのが、この貯水地。結構大きなものです。道端の立て看板に猪駆除の為の罠を山に仕掛けてあるので注意とのこと。

(畑貯水地〜はたちょすいち)
Tyosuiti3j_2Tyosuitij_2

1月ということもあって、陽が陰るととたんに寒くなります。
暫く景色を眺めた後、また山を下り家へ。 途中、あの家は○●君、あちらは△●さん・・・結構覚えているものです。上手く行けばばったりなんてことを考えつつ歩きましたが、ついに誰にも会わずじまい。県道からそれた道端で思わぬ発見。数珠玉です。これ、私が小学校の頃からこの場所にひっそり生えていたんです。ちょっと嬉しい出来事。
Jyuzudama2j
                                      (数珠玉)

このあと近くの小さな神社へ寄って家に。
猫のガタちゃんがこっそりハロゲンヒーターにあたっているのを見てしまいました。

Gata5j
(はっ!! 見た? 見てた!?)

やはり可愛いね。ガタちゃん。

Gataj4
                                    (ぐーすかーぴぃ)

さて、そんな散歩で終わった1日でした。・・・そういえば去年のやつまだUPしていません。そのうちやります。なんだか小学生の作文みたいな日記でした。では。


・・・今夜って1時には寝る予定だったのですけれどもね。
もう3時過ぎてしまいましたよ。さっさと寝ます。


※はみだしコメント

KEI様:
こんばんは。バイクはまだ修理に出すことが出来ません。

千葉のなお 様:
mochi様:

次回の「かうひい堂」ですが諸事情により少し延期になるかもしれません。
でも、ゲリラ珈琲店は出来るかも。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »