« 激しい雨が降る | Main | 遅ればせながら »

January 07, 2007

必要性

Jinjyaj            (昔は海の上)


今回、帰省した際、気づいたことがある。

道中の為に携帯音楽プレーヤーを持って帰ったのだが
ほとんど使用することはなかった。

街に出た際、ちょっと使ったくらい。

自分にとって自然の残る家の周囲の音は心地よいものなので、人為的な音はあまり必要がなく、反対に雑踏の中では「聞きたくない」という気持が音楽へ逃避するという行為へとつながるのではないだろうか。 

本当に「聴きたい時に聴きたいものを」ということは当たり前すぎることなのだが、どうもそれがくずれている。だらだらしながらの音楽。これではつくった人もあまり嬉しくないはず。イヤホン、ヘッドホンの多用は難聴を引き起こす原因にもなりそうだし。

そもそも音楽というものは心を揺さぶるにせよ、落着かせるにせよ、心地よいものであったはずで同時に神へと繋がる手段のひとつでもあったと考えられている。

大きな神社へ出向いて、人ごみと喧噪にまみれるのも、近くの小さな社で静かに迎えるのも、実は同じトランス状態に入る為の方法なのかもしれない。

私は無信仰者なので、実家近くの小さな社へ散歩の途中に立ち寄って、しばらく静かな空気の中に沈んでいい気持を堪能してきた。もちろん音楽なしで。  

|

« 激しい雨が降る | Main | 遅ればせながら »

Comments

 あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします!
私は眠る前には必ず無音です。外から聞こえる風の音や車の音を聴いているととても心地よいので・・・。
 何だかとても年寄り臭いですね~(笑)私も若き頃「サライ」を読んでいた派なので(笑)

Posted by: 千葉のなお | January 07, 2007 06:56 PM

お久しぶりです。お変わりありませんか。
慌しい年始年末だったようですね。とにかく今年はどこもお正月休みが短めでした。

まきさんの文章を読んで合点しております。
私も外出にウォークマンを持って出なくなりました。
いわゆる「ながら」ができなくなってきたんだと思います。
やはり良い内容の音楽は自分としてもそのつもりで聴きたいということでしょう。
今の若い人ならi-podで身軽に出かけているのでしょうね。
でも入る曲数を聞いただけでわたしゃ尻込みしてしまいましたよ(笑)。

Posted by: あも | February 25, 2007 11:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 必要性:

« 激しい雨が降る | Main | 遅ればせながら »