« December 2006 | Main | February 2007 »

January 26, 2007

思った以上に不便

Adaputaa2j

(ねこじゃらし本舗商品〜ロングサイズに大変身!!)

今年になってみると。

バイクが動かなくなり、修理に出すにしても店が遠くて持って行けず
ならば休みの日に取りに来てもらおうかと思えど、なんだかんだと予定が入り

・・・それが来月末まで続く気配。


今年初の「かうひい堂@恵比寿」本当にできるかどうか不安になってまいりました。
(いつも当日のお菓子、パン、それからいろいろなものはバイクで運ぶのです)

ついでにこれまでは通勤帰りに寄って受け取ることが可能だった宅急便やら郵便物。
うーむむ。どうしましょうか。

電車通勤でよいことは

1)上手く座れたら眠れます。ただし、帰りは寝過ごす可能性大。

2)帰りにちょっと飲んでということも可能。ただし、お財布とも相談。

3)寒くない。

反対に困るのは

1)満員電車は辛い。

2)少しですが余計に時間がかかる。(ゆるナビを最初からは見ることが出来ません)

3)上にも書きましたが荷物の受け取りが非常に困難。
  ついでに遅くまでやっているスーパーでの食料品買い出しが不可。
  ただし二つ手前の駅を出て買物をして、また電車に乗れば可。
  でもな〜。魚の切身やらお米を持ってまた通勤電車というのは
  出来るだけ避けたいもの。

取りあえず、修理のめどが立つまでの約一ヶ月。定期を買おうかどうしょうか思案中。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 07, 2007

遅ればせながら

Syougatup2j               (これみよがしな演出)


新年あけましておめでとうございます。

年末、年始忙しいことこの上なしで、帰ってからメールチェックする気力すらありませんでした。31日から年明け3日の昼過ぎまで都内ホテルで働き、3日夜の飛行機で実家へ。真っ黒なスターフライヤーの飛行機はジャンボ程大きくもなく、出発ラウンジからバスで近くまで移動して乗るという演出(ではありませんが)も好み。

機内まで黒一色なのもよかったし、いまでは珍しくなったドリンクサービス、飴サービスもあります。90分のフライト中、まったく問題はありませんでした。ただ、空港から街中へ出るのにちょっと時間がかかります。私は乗合タクシーを予約しておいたので問題はありませんでした。

                        (つくるのも仕事)
Syougatupjl

夜中も過ぎてから家についたのですが、両親と共に待っていたのは猫。
少し前に家に迷い込んできて、追ってもすぐに戻ってくる根性と子猫なのにシマヘビを捕って食べていたというつわものぶりで、とうとう外猫として飼うことにしたそうです。しかし、寝るまでは室内も許可らしく父親についててけてけ走り回っていました。

お土産に買ってかえった「(有)猫じゃらし本舗」の猫じゃらしを目の前で振ってみると遊ぶのなんの。元気一杯な子ですが、猫じゃらしを狙う際、飛びつく前に私の足首にしがみついて隠れるのはやめたまえ。爪をたてた状態なので両足首から下がひりひりするんですよ。可愛いからいいけどね。

 
Gatasoto7j   
                                 (ガタちゃん、どうしましたか?)

Gatasotoj
(いたずらして外に出されています〜写真ぼけていますが)


今回は帰るのに使おうと思っていた下関行きの夜行バスが11月末で廃止ということもあり、帰るのよそうかなとも思ったのですが、「猫がいる」という言葉でさっさと帰ることにいたしました。

実家には6日早朝までいたのですが、その模様はまたこんど。
(去年も同じことをいってまだ写真をUPしていません。ごめんなさい)


※はみだしコメント
 
mochi様:年末は本当に慌ただしく過しました。名古屋についてももうすぐ御報告いたしますね。

千葉のなお様:前に住んでいた場所は二階とはいえ、幹線道路沿いだったので窓を開けられず、現住所は一階なので開け放つ訳にもいかず。久しぶりの実家ではぐっすりと眠ることができました。          


| | Comments (0) | TrackBack (0)

必要性

Jinjyaj            (昔は海の上)


今回、帰省した際、気づいたことがある。

道中の為に携帯音楽プレーヤーを持って帰ったのだが
ほとんど使用することはなかった。

街に出た際、ちょっと使ったくらい。

自分にとって自然の残る家の周囲の音は心地よいものなので、人為的な音はあまり必要がなく、反対に雑踏の中では「聞きたくない」という気持が音楽へ逃避するという行為へとつながるのではないだろうか。 

本当に「聴きたい時に聴きたいものを」ということは当たり前すぎることなのだが、どうもそれがくずれている。だらだらしながらの音楽。これではつくった人もあまり嬉しくないはず。イヤホン、ヘッドホンの多用は難聴を引き起こす原因にもなりそうだし。

そもそも音楽というものは心を揺さぶるにせよ、落着かせるにせよ、心地よいものであったはずで同時に神へと繋がる手段のひとつでもあったと考えられている。

大きな神社へ出向いて、人ごみと喧噪にまみれるのも、近くの小さな社で静かに迎えるのも、実は同じトランス状態に入る為の方法なのかもしれない。

私は無信仰者なので、実家近くの小さな社へ散歩の途中に立ち寄って、しばらく静かな空気の中に沈んでいい気持を堪能してきた。もちろん音楽なしで。  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »