« November 2006 | Main | January 2007 »

December 28, 2006

激しい雨が降る

Sibuyadec06j


(渋谷)

東京は久しぶりに強い雨。

この季節の降り方ではなく、梅雨や台風といった強い雨が一日中続きました。

そのせいか、帰りの地下鉄はぎゅうぎゅうで扉が閉まってもなかなか出発しません。

渋谷へつく頃にはへとへとになってしまったのでJAZZ喫茶Mでひとやすみ。
さすがにお客さんは私ともうひと組だけ。

新潟の雪洞という純米酒と牡蠣の酒蒸しを注文。えらくお酒のまわるのが早いなと思ったら
お酒の器のせい。たっぷり一合入るやつを片手に、お酒をとおして黄土色の地肌をゆらゆらと
眺めていたせい。小さなぐい呑みと同じようにくいくいと進めていたせい。

使いやすい器。

でも、100円ショップで見つけてきたんだそうだ。 

これは偉い。


再び東横線で白楽へ。

ついた頃には雨はさらに強くなって、ごろごろどしんと稲妻雷まで。

絶対にこの瞬間、関東平野は冬ではなく別の季節だったと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2006

クリスマスイブ

Ginzaj2

        (銀座)

おたおたしている間にクリスマスです。
私は24日も25日もそれぞれ仕事なのでゆっくりは出来ないのですが、いつものことなのでなんてことはありません。今日は久しぶりにスーツにネクタイで一日仕事。やはりこういう格好は疲れますね。 先週は年末ということもあり、挨拶がてら仕事の後であちらこちらへ顔をだしました。

木曜日は恵比寿「another door」。グラスワインとチーズ。
金曜日はこれまた恵比寿M。Yさんは猫の調子が悪くなったとのことでお休みでしたが、マスターと話をしながらグラスワインとオリーブ(チーズをつけて下さいました)、それからJULAというシングルモルトを一杯。
土曜日は祝日で19時に仕事を終え、お店の人達と忘年会。焼肉を食べて(焼肉屋なんて何年ぶり?少なくとも10年は入っていません)マスター宅でこれまたワイン。今日はホテルでの仕事のあと夕食を兼ねてビールとなにやらつまみを数種類、事務所で。 毎日帰るのが終電、終電前。

残る1週間ひっくり返らないようにしなければ。
今週は中目黒P、渋谷Mに寄れたらなと思っています。


Ginzasaegusaj

(老舗)

ところで、最近銀座も立て替えラッシュ。
いつもどこかでビルを壊したり建てたりしています。
しかし新しいビルにもとそこにあったお店がはいることは少なくて、ブランド品を扱う店やらチェーン店がはいることが当たり前になりつつあります。 だんだん街の個性というものが薄れていくこの頃。


Ginzadec06

これまた先日書いた浜町の「ヒナタノオト」。
年始に行けるかと思いきや、お店が開くのは9日から。また次のチャンスをねらいます。

先日、ちょっと書きましたが実家で猫を飼うことにしたというので年始の仕事が終わり次第、帰る予定ですがいつも使っていた下関行きのバスが11月一杯で路線廃止。他の路線も既に往復どちらも売り切れ。
新幹線だと往復約、45、000円。

これ台湾やらハワイに数日間の宿泊がついた値段かもしくはそれ以上の金額です。
へんな話と思います。 まあ、ときには贅沢するのもいいかと、いまから駅弁はなににしようか考え中。

九州からこちらへ戻ってくる途中、名古屋に立ち寄ってmilouでお茶というのは可能なので、いまから楽しみ。ちょうど名古屋にいる友人にも会えそうだし。夜行バスだと途中下車できませんから、これはこれでよかったのかも。

(老舗カフェー・ライオン〜いまはビアホール)
Ginzalionj


※はみだしコメント

ミモザ様:

いらっしゃいませ。書き込みありがとうございます。
表参道Dはいいですよ!もし行かれたら是非感想お聞かせ下さいね。

yun様:

また予定がたったらお知らせ致します。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 14, 2006

たわいないひとりごと

Hakurakudec06j

                                          (白楽)
ようやく銀杏が黄色くなりました。
えらく遅い秋です。


(白楽2)
Hakurakudec06j2


ふと「錆びる」ことについて考えてみました。
金属が錆びやすいのは、それが自然の状態だから。

人が老いてゆくということの意味の中には、酸化していくことも含まれますが
それもやはり自然なことなんだな。

いまさら当たり前のことをぼんやり考えたりして過しているこの頃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2006

日本コーヒー文化学会

Kouyoukakinej

(紅葉垣根)

「日本コーヒー文化学会」総会。久しぶりに日曜日の開催だったので参加することができました。会場の神保町学士会館には珍しく150人近くの会員が集まりフランスのカフェについての講演を聞いたり、茨城サザコーヒーの鈴木太郎さん、エスプレッソのバリスタ世界大会で準優勝をした門脇洋之さんの話を聞いたり、有意義な時間を過しました。

沢山の友人知人と久しぶりに会うのは楽しいものです。
久しぶりに本会後の懇親会にも出席して親交を深めました。実際に珈琲について本を出されたり、雑誌に執筆なさっておられる方々も多いので、内容についての疑問、質問などをぶつけるよい機会なのです。

今回は珍しく表参道のDのマスターも出席なさっておられ、お互いこの場で顔を合わせるのは初めてなので少し驚かれておられました。

また次回も日曜日だと出席出来るので嬉しいのですが。どうなるでしょうね。

それから話は変わるのですが、今日12/12はE・ムンクの誕生日です。
私は毎年ひとり静かにお祝いしております。だからなに?なんて聞くのは野暮です。放っておいて下さいね。


※はみだしコメント

yun様:

すみません〜!イベント終了後に書き込みを見つけました。
亀吉倶楽部いまいさんから教えて頂き拝見しております。次回はきちんと御案内致しますのでどうぞ御勘弁下さい。次回は2月か3月の開催予定です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 08, 2006

12月突入

Hakurakuakifuyuj

(まだ秋のよう)

今年最後の「かうひい堂@恵比寿」も無事終了。
お越し頂いた皆様、遅くなりましたがお礼を申し上げます。ありがとうございました。

それから今回、「かうひい堂」と「かうひい堂@恵比寿」某誌の取材依頼があったのですがお断りいたしました。来年は取り扱う豆の種類をぐっと減らして、その分ひとつひとつの豆に投資する予定なのでメニューが随分変わるおそれがあるということと、もうひと変化つけたいところがあるのでそれが落着くまで忙しくしたくないというのが理由です。つまるところ単なる怠け者です。


ところで先日おもしろいことがありました。
近所の古本屋で面白そうな本を見つけ購入。(800円也)そういえばこの本の著者は御近所のOさんが好きだったぞと思い、「最近●○書院に古本売った?」とメールをしてみると「売った。まだ売る予定。」との返事。売ったものの名前は聞きませんでしたが十中八九これはOさんの本だと確信して、なんだか青山二郎や白洲正子の骨董みたいだなとひとり含み笑い。

                                     (かうひい堂)
26j

3日は時間の合間をぬって飯田橋へ。
ひらいたかこさんの個展を見に行きました。
イラストだけでなくて、今回は立体的な作品がメインの個展。
回数を重ねる度に、細かく複雑になっていくので驚きます。
大変だけれど楽しくてしょうがないとおっしゃっておられました。
パートナーの磯田和一さんも途中から会場に顔を出され、昔の喫茶店話で盛り上がっていると、あっという間に2時間近くが過ぎてしまいました。久しぶりにお二人にお会いしましたが、またそのうちご飯でもと会場を後に。いつも「そのうちご飯でも」と別れるのですが、お互い忙しいのでなかなか実現出来ずにいます。


金曜日にはこれまた久しぶりに恵比寿Mへ。
マスターの青木さんと、バーテン修行中のYさんの会話を楽しみながらTomatin30年をいただきました。スッキリしていてボディーがぐっとあるウイスキーです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »