« 眠気 | Main | いよいよ日曜日 »

February 27, 2006

来週は「かうひい堂@恵比寿」

kokurasiato


(小倉)


またまた1週間はあっという間に過ぎ去りました。
先週はお店に友人や友人から聞いてきましたという方が来てくれて、ちょっとした日常の素敵なアクセントになってくれました。

私は無精者なので、日々の連絡というものを怠りがちなのですが決して忘れているわけではないのです。きちんと態度で示さないと失礼なのでしょうが…ごめんなさい。不精なのです。


さて、「かうひい堂@恵比寿」まであと一週間。
そのための新しい豆も入荷済みです。べらぼうに高価な豆ではありあませんけれども、しっかりとした味のある珈琲です。最近は深煎りの珈琲が流行っていますが、オーバーローストの物も少なくありません。上手に焼いて恵比寿でお出しできるように致します。どんな味になるかは当日のお楽しみ。

今回のお菓子もいつものIさんにお願いしました。テーマは雪です。お楽しみに。

さて、最近の豆の動きを見ていると「グルメコーヒー」から始まった高価格ブランド化は「スペシャリティ−コーヒー」「オークション物」や「有機栽培」「フェアトレード」へと受け継がれて、一見成功しているように思えますが、手放しで喜んで迎えいれるのにはひと呼吸おいた方がよいというのが私の考えです。

決して悪い試みではないのですが、グルメ、スぺシャリティーは宣伝文句が多すぎます。高価格にしてそのぶんきちんと生産者に還元されているかといえば、まだ疑問が残るものもすくなくありません。有機、フェアトレードは生産の目的が「おいしい珈琲」というところからまだ遠い位置にあります。

オークションも例えば日本人同志で競り合って、結果としてべらぼうに高い値段になっている場合もあります。

また、焙煎して販売する場合ですがまだまだ勉強不足のお店も少なくありません。
脱サラや副業で始めた場合、セミナーなどを受けた場所の考えを優先するのは仕方のないことですが、ある程度の時間がたったら自分の舌がどう思うのか、もう一度考え直してもよいのではないでしょうか。

私自身、「その業界の常識」というものに捕われ過ぎていたところがあります。
その常識というものは誰がどういう目的でつくったものなのか、面倒くさくて考えていなかったのです。そういう危険性は常に目の前〜いいえ、既に自分の中に食い込んでいると思ってよいでしょう。

そういう楔を一本ずつ見つけては抜いて行く作業を怠らないよう今年も精進していきます。

|

« 眠気 | Main | いよいよ日曜日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49891/8855448

Listed below are links to weblogs that reference 来週は「かうひい堂@恵比寿」:

« 眠気 | Main | いよいよ日曜日 »