« December 2005 | Main | February 2006 »

January 26, 2006

見開け

yuki2


(野良達はどこへ?)

「皆に必要とされているから売れるのです。」

本当か?本気でそう思っているのか?

売れるものが良いものとはかぎらない。
良いものが売れない時代だ。

売れるから本当に必要とされているものとはかぎらない。
必要なのに無くなってしまうものも沢山ある。

売れているものは「売られているもの」ではないか?

私達はいつから自分で自分に必要なものすら人任せにして平気でいられるようになったのだ?


楽をするこが悪いことだとは思わない。
しかし、怠けているといつか責任をとることになる。

それを忘れてはいけない。


カッと目を見開き正面から見つめ直すのだ。

好きなものも嫌いなものも。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 21, 2006

しんしん

yuki

(窓からお隣)


雪の朝は静かで明るい。
もう少し積もりそうですね。

しかし毎日何メートルもの雪を除雪しなければならない人たち。
それすらままならず怖い思いをしている人もいる。

何も出来ない私は複雑な思いで今朝の雪を眺めています。

自己満足と偽善を乗り越えられないまま。

全てはあるがまま。それは事実。
だけれど真実は人の数だけ。

生きていくこと。
存在していること。

それ意外の解答を今の私は知りません。

もう少し成長したら、また新しいことがわかるかも。

だからすみません。

今日の雪はとても美しいと思うのです。正直な気持です。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 17, 2006

「なんて」といいつつも

kanmon


(ちらほら雪)


すっかり御無沙汰の日記更新。
これでは週記ですが、「週記」なんて言葉あるんでしょうか。

さて、帰ってきてから再び忙しい日が続いています。先日の日曜日は引越しの片付けを再び再開しましたが、押し入れに手をつけたため余計に部屋がごちゃごちゃになってしまいました。

ひさしぶりに帰った北九州のことやら仕事のことやら、書きたいことは沢山あるのですが時間に余裕がありません。昨日は帰ってから焙煎を始めたらあっという間に3時半。今日は仕事中ミスをしないように気をつけなければ。

コメントを下さった皆様への返信も滞っております。いましばらくお待ち下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2006

ばたばたなんて

kujira


(ぼけてしまいましたがお気に入り)


90歳を過ぎても現役で生物画を描かれている方がTVに出ていた。
いまはファーブル昆虫記に関する絵を書いているそうで、既に50枚近く完成。
生きている間に100枚を目指しているそうです。

筆先3本の毛で描く昆虫や花は質感に重みがあって気持がよい。仕事だからと請け負いのみで描ける絵ではないから、こんなにそのままの描写で美しいものが描けるのですね。

「若い時はまだ先があると思って楽をしていた。いまは5日単位で生活を考えている。5日やり終えたら、あともう5日生きて出来ることを考える。」

その方の言葉です。

私の忙しさなんていうものは未熟故のばたばた。

たおやかに仕事をこなす人は美しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2006

再びばたばたの日々

yokusitu


(朝陽)


戻ってきてから早くも2日。

帰ると同時にやることが山積みに。

北九州の写真のUPはパソコン内にある古い画像データ等を整理してからにすることに。
何故ってメモリ不足なもので。ケーブルはどこにしまったのだろう。(これですから)

昨日は照明バイトの後で、本業のほうの新年会。
お酒で赤い顔をしていることを指して「金時の火事見舞い」ということを知りました。

これ全国でいうのでしょうか?

さて、それでは仕事へ行ってまいります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2006

九州上陸(写真は改めて)

本題の前に.

実家のWinを使ってアクセスしているのですが,なんですかこれは.
本文に使用できるツールバーの多いこと.リンクやらなにやら9種類もありますね.これがMac OS.9だと2種類しかありません.きー.

さて,昨夜19時35分に横浜を出発した「ドリームふくふく号」は10時少し前に無事下関に到着.

そこから歩いて門司港行きの船の出る唐戸桟橋へ.約15分の道のり.

曇り空からは少しだけ雨もぱらつきます.

関門海峡の向こうには懐かしの門司港.
こういうのがいいですね.電車だと関門トンネルを抜けるとすぐ九州.いつ県境をこえたのだか分からないうちに到着というのはちょっとつまらない.いえ,別にじらされるのが好きだというわけではありませんよ.

船着場近くには古い好みの建物がいくつもあるのでへらへら撮影していると,背後でやたらかわい子ぶった女性の声(テープ?)でアナウンス.「只今より門司港行きの船が出港でえぇぇぇぇ~す!」いや,すでに「もやい綱」外されているし.

そんな風に船は私を置いて出港してしまいました.

次の便まで20分.ついでなので小散策.そこらを見ていると松山行きの船まで出ていることが判明.ジェットなんたら船で確かえらく早いやつ.いちど乗ってみたいものです.ちょっと道後温泉まで日帰りなんて洒落ていませんか?

さて,ようやくやってきた船「ふぇありー号」(なんとかして下さい)に乗り込むも,波が荒くて揺れる揺れる.大きな上海籍の貨物船の真後ろを横切って,たった5分で門司港です.

船の待合室に入ると手を振る友人が.待たせてしまいました.
いやいや久しぶりと挨拶もそこそこに街歩き.友人曰くどうやら「もじもじ君」だかなんだかいう駄洒落ネタの銘菓があるという.初耳だったので新しくできたお菓子かと思いきや,昔からあるらしい.じゃ,ちょっとお土産屋さんで探してみようかと数件入ったところでありました.「門司っこ」・・・.違うやん!いっちょん違うやん!と地元言葉に戻る私でした.

出光美術館を観たあと(ここはお勧め!),お腹が空いたねということで商店街内にある「平民食堂」へ行ったけれどもお休み.たちまち妥協してそこらの中華屋さんでちゃんぽんと餃子の昼食.食事の後は腹ごなしに路地歩きを楽しみました.そんなこんなしていると細い路地の奥に「放浪記」というカフェを発見.勿論,林芙美子に掛けてのネーミング.林芙美子は下関生まれと言っていたらしいのだけれども,近年門司生まれだということが判ったということを聞いたことがあるのでそれででしょう.「レトロの匂いぷんぷん」の店の古さはどうも作ったっぽい.でもまあいいかということで入って珈琲を飲みました.(林ライスなんてのもあった) 


(カフェ 放浪記)
http://www.cafetribe.com/webpage/cafefile/hourouki/hourouki.html


こうして旧友とゆっくりお茶を飲みながらあれこれ話すのは面白い.しかも中学校からの付き合いとなると大抵昔話になりそうなのに,彼とはいつも先の話になるからこれまた嬉しい不思議.きっとずっと付き合っていけるのだろうな.

友人は今日中に京都へ帰らなければならないので駅まで送って,さて私もバスで・・・う・・・まだ15時なのに50分も次のバスが来ない!本数はかなり減らされています.雨も降っていることだし仕方がないのでタクシー使いました.

さすがに家の周りはそんなに変わっていませんでしたが,途中ちらりと見えた海を埋め立てて出来た道路は私を一気に不機嫌するには十分な代物.けっ!(失礼)

久しぶりに帰った家は庭木が伸びていて良い感じに.生憎明日も天気は今ひとつらしいのですが写真を撮る事にしましょう.いまは部屋で音もがんがんに音楽を聞きながらこれ書いています.横浜の部屋でこんな音をだしたらもう大変.CDを数枚持って帰ってきてよかった.

友人2人から電話.一件は東京より.「もうこっちに戻って来てるんだっけ?」いえ.昨夜いまから九州に帰りますってメールしたではありませんか~.もう一件は九州の友人.明日の夜にでも会いましょうというお誘い.

楽しみです.

| | Comments (5) | TrackBack (2)

January 03, 2006

仕事終了

daigo4

(祭りも今日まで)


さて、年末からの仕事もようやく今日の昼過ぎに終了。
今帰ってきました。これから既にお店を開けている働き者の「natane cafe」でパンを買って久しぶりの帰省です。夜行バスも久しぶり。荷造りも何もしていないのでちょっとばたばたかも。2泊もするなんて7、8年ぶりくらいでしょうか。既に覚えておりません。

明日のお昼前に下関へ到着なのですが、そこから船で門司港へ渡ります。
船着き場では私と入れ違いで京都へ戻る友人と待ち合わせ。楽しみです。

7日午前中に戻ってきます。お急ぎのご用事の方は携帯までどうぞ。

コメントレスしていない方々、すみません。帰ってからかもしくは実家からレスいれますね。では〜。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 02, 2006

仕事

daigo


(元旦)

明けましておめでとうございます〜というところでしょうが、なんだか元旦という実感がわきません。今日の仕事は(バイト)都心ホテルでの音響、照明セットと泊まり客へのプランの手伝い。

正月をホテルで過ごす人達は意外と多くて毎年おどろきます。元旦に家にいるといろいろと人が来たりして面倒だからなのかもしれませんね。もっとも旅行ということも考えられますが、私が仕事に入るホテルは毎年お馴染みさんが多いのです。いつも見る顔が見えないとちょっと心配になったりして。

このホテル、もうすぐ公開の「有頂天ホテル」のロケ地。見る機会があったら「ああ、あそこだ」と思って下さいね。

さて、この仕事は3日昼過ぎに終わるのですが、その後はいよいよ数年ぶり(多分7、8年)の帰省です。2泊3日翌日仕事というちょっとばたばたですが、随分と変わってしまったであろう近所の写真を沢山撮ってくる予定です。

ではでは皆様おやすみなさいませ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »