« November 2005 | Main | January 2006 »

December 31, 2005

年末

p-records

(兎刑事)

今日は一年の終わりの日。
ブログを更新している方も多いのではないでしょうか?

さて、私はといいますと昨日は部屋の掃除を少々。夕方から年末営業最終日のナタネ・カフェへ挨拶ついでに立ち寄りグラスワインにピクルスを少々。

その後、隣の丘の上にある友人宅で鍋宴会。
秋田から朝帰ってきたばかりの方もおいしいお酒を持ってきて下さいました。

久しぶりにゆっくり友人達と食べる夕食。こんな時間は久しぶりです。

夜もふけて2時頃帰りました。
歩いて約15分。時間を気にしなくていいというのはやはりいいものです。

TVをつけると「ジョゼと虎と魚たち」をやっていました。
これは映画館へ観に行った映画でしたから、途中からでも楽しめました。
しかし、寝たのが16時。

今日はお昼から都心ホテルでバイトです。
22時頃帰宅でしたが、またまた目がさめると横浜。ううう。最後の最後まで。

明日も一日仕事なので今日は早めに寝ることにします。

しかしその前に年越し蕎麦。

今年も皆様、お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。


(写真の正体はこちら)
http://homepage.mac.com/ayano75/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 30, 2005

一応、仕事納め

oyatu

(マスターお手製ビスコッティー、クッキー、パウンドケーキ、オールドタンザニアそれから福岡美美さんからのお裾分けのお裾分け〜干し柿2つ)


昨日は仕事納め。

朝、遅刻遅刻〜!と駅まで走って飛び乗った電車内。携帯がぶるぶる震えます。 こんな時間に誰からメール?と取り出すと「仕事に出かける30分前」の警告アラ−ム。

やってしまいました。一時間も早いではありませんか。

そのまま職場へ行って、せっかくなので冷蔵庫を動かし、床や壁の拭き掃除なんかしてみたり。おかげでいつもより少しゆっくりした開店準備でしたが、営業時間になるとお客さんや電話での豆の注文等で結構ばたばたしました。それでも先週、焙煎機の分解掃除などは終えていたので、大掃除といったこともなく、いつも通りに営業してお終い。

皆に年末の挨拶をして帰りましたが、鞄にはマスターから頂いたお菓子に練習用の珈琲豆(もちろん豆は購入)、それから店を閉めている間に飲み頃ピークを越えてしまうという理由で頂いたオールドビーンズ。

ふっふっふと足取りも軽く恵比寿Mへ。

こちらも今日で今年の営業は終了。
生憎とYさんはいらっしゃいませんでしたが、それでも居心地よいお店です。

今日はギネスでフェンネルとローストビーフのサラダ、それからピクルスを頂きました。隣のお客さんが食べていた牡蠣のグラタンも美味しそうでしたが、食べ過ぎになるので我慢。ハイランド・パークとボウモアをゆっくり飲んでいい気持に。

ちゃんと早めの電車に乗って、時間にも余裕があったので「これが大人の飲み方!」なんて思っていると…「はっ!」ワタクシハイツノマニヨコハマ中華街ニキテシマッタノデショウ??? やってしまいました。幸い渋谷方面へ戻る列車もあって助かりました。 こんなんじゃダメですね。

さて、店での仕事は8日までお休みですが、年末年始はバイトが待っています。頑張ります。


※ところでマスターは正月休み中もふらっと店に来て焙煎していくことがあるそうです。脱帽。


※ところでついでにもうひとつ。どなたかBSハイビジョン映る方いらっしゃいませんか〜?1月2日、19:30の白洲正子の番組見たいんです〜!!


| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 28, 2005

わはは。

sinyokohama

(あの辺りに富士山)


さて、今日は特筆するほどのことはありませんが、下記をクリック・・・と思ったらクリックでは飛ばないようなので、コピペしてみて下さい。

時間があったら番組そのものも。あと2回だそうです。

http://www.nhk.or.jp/neo/

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 27, 2005

飲みながら書いています。

nakatehara

(どっち?)

さて、久しぶりの更新です。

先週金曜日は祝日だったので仕事は19時まで。
渋谷へ友人一押しの映画を観に行ってきました。

とはいうものの、レイトショーだったので上映は21時より。外は寒いし時間はあるし。そんなときには〜そう。一杯やるに限ります。 ということで恵比寿Mでシングルモルトを2杯ほど引っ掛けてしまいました。そろそろ店を出ようと思っているとYさん御出勤。カウンター内に入るなりビールの栓を抜いてマスターと飲んでいます。とてもおいしそう。格好良いなぁ。「勘定を」というと「もう帰るんですか!?」と驚かれています。「これから映画を観に行くんですよ」「そう。何?」「ええとなんたらいうワインの映画です。」「あ、わかった。」 判ってしまうんですね。年内はもう一度来ますと約束をして店の外へ。寒い!いえ、冷たい!

少し赤ら顔で駅へ向かい渋谷へ。

映画館はすぐわかりました。
で、チケットを買う時、「ワインの映画」というのが頭にこびりついていたせいか、「大人一枚とワイン」等という言葉が勝手に出てきて、ただの酔っぱらいみたいでした。(みたい?)恥ずかしいことこの上なし。

映画は遅い時間だからか空いていて、よい席に座ることが出来ました。
内容はネタバレなので書きませんが素晴らしい内容です。ドキュメンタリーなのですがワイン業界の抱えている問題がそっくりそのまま珈琲にも当てはまるので他人事に思えませんでした。

「モンドヴィーノ」

http://www.cineamuse.co.jp/cinema/index.php?cinema_id=146

http://www.mondovino.jp/

この映画のことを教えてくれたOさん、ありがとう。
帰ってから早速一本開けました。実は今も飲みながらの更新です。

さて、週末はクリスマスでしたね。
皆さん、如何過ごされたのでしょうか。わたしは家で掃除洗濯。ついでに珈琲を切らしていたので一杯飲みにナタネカフェへいきました。メニューにホットチョコレートを見つけ、注文。しかし、10秒後には珈琲を飲みにきたことを思い出し、珈琲に注文を変えてもらいまいした。(すみません)

ところでこの2、3年、クリスマスにさまざまな強迫観念がつきまとっているように思うのは私だけですか?
クリスマスディナーやら、屋内外の飾り付けやら。それはそれでよいのですが、どうも品のないものが多すぎます。

いつもは広尾にある洋菓子店のケーキを注文するのですが、ことしはなんにもなしで過ごすことにしました。
それはそれでお気軽でいい感じ。


さて、そうして今日。
仕事のあと恵比寿へ。今回はMではなくてアナザ−ドアへ。

http://www.another-door.com/

2年前に気に入った椅子を見つけ「お金のあるときに少しずつ支払って払い終わったら持って帰っていいですか?」と取っておいてもらった椅子の支払いをようやく済ませました。

いや、嬉しいです。でも、まだ部屋が片付いていないのです。
一体どこに置きましょうか。30日の配達予定日までになんとかするしかありません。(ひー)


| | Comments (4) | TrackBack (1)

December 20, 2005

強化週間

marunouchi05


(要塞現る!)


いよいよ大晦日も差し迫ってきました。

それなのに家の中はひっちゃかめっちゃか。引越し整理すら終わっていません。

そこで今週は「やることやるまで寝ちゃ駄目週間」!
毎日、少しずつどんなことがあろうとなにか片付ける習慣をつけるための特別強化週間とすることにしました。今日は山になり雪崩もおこしているCDの整理。ついでに机周りの整理です。怠け癖のついた心も筋トレと同じように鍛えれば少しはましになることでしょう。そういいつつココログなんか書いている私です。しかし大丈夫。なんといってもノルマをこなさない限り寝てはいけないのです。

明日の仕事がちょっと心配。

さて、珈琲ですが面白いもので(先日も書きましたが)ゆっくりゆっくりいれるより、ある程度速度のあった方が濃い珈琲になることもあるということを実感。ああ、もう難しくて。豆の状態を見ながら瞬時に対応できないと濃すぎたり、水っぽくなったり、ちょうどよいバランスにするタイミングを逸してしまいます。自分で焙煎した豆だと、もう少し簡単なのですが。

これは豆そのものの味と焙煎方法の違いによる問題。

さて、珈琲をいれてもうひと頑張り。就寝予定は2時。

明日は仕事の前に靴屋さんにいけるとベスト。
でもぎりぎりまで寝てしまいそうなこの寒さ。いやいや、精神強化週間!きちんとやることをやってしまうのです。お正月明けの休みにだらだらするために!(あれ?)

そうそう。
なんと数年ぶりに来月あたま2日半ですが実家に帰ることにしました。
バスの券も取ったので決定です。3日はお昼過ぎまでバイトなので、そのあと夜行バスで帰ります。6日の夜行バスであちらを出て、7日はお休み。8日朝からまた仕事。

働け働け!


| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 16, 2005

宿題

kikuna


(菊名)


大掃除
その前の引越し整理

焙煎
豆のテスト焙煎

靴修理
ジャケット裏打ち直し

歯医者

本を送る
年賀状

ガスヒーターの接続プラグ

展覧会

CDーRWの接続ケーブル探し

冬用バイクグラブ探し
ネックウォーマー

冬物虫干しクリーニング


バイクオイル、プラグ交換

…さて、新年までにこれだけこなせるでしょうか。ううう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 13, 2005

12日はムンクの誕生日でした。

kikuna-neko


(散歩の途中で)

昨日は久しぶりに外で夕食。
蕎麦屋さんで少し飲んで沢山食べる。おひたしの青菜からは、こんな季節のものだというのに力強いお日様の栄養を。蕪の浅漬けからは土の力を。そうして蕎麦からは冷たい風が鍛えた風味をいただく。おいしい。お酒は菊姫。

帰り道、冷たい空気に浸りながら空を見上げれば、頭の上に昴。

今日は修理も終わったバイクで通勤。約一週間、電車通勤だったのでやはり寒い。すぐに慣れることでしょう。

珈琲は抽出練習をしていたのだけれども、どうも上手くいかない。ゆっくりいれても薄い。温度を少し高くしてゆっくりゆっくり…。それでも薄い。はたと思いつくところがあって少し早くいれてみた〜少しましになった。濃さは出てきた。しかし野暮ったい。飲んだ後も苦味がしつこい。

それにしてもゆっくりいれたものより、早くいれたものの方が濃いというのも…。
課題は山積み。宿題も山積み。

来年の年始は多少、まとまった休みがあるのだけれども、実家に帰るかどうか迷い中。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 10, 2005

ふっふっふ

marunouchi

(かさこそと追いかける)


気がつくとすでに週末。

昨日は帰宅途中、最寄り駅前の古道具屋さんへ。
お店を閉めるというので挨拶がてらに立ち寄る。

店先でしばらく店主と立ち話をしていたのだけれども、あまりの寒さに退散。
土人形と行灯をつれて帰りました。

今日もケアレスミステイクを何度かしながら無事仕事終了。
やはり珈琲はおいしい飲み物ということを実感しながらの仕事です。

最近、あかぎれが出来て洗い物がつらいのだけれども、ここを凌げば一年後にはちょっとはつよい皮膚になっているような気がします。昔の歌にあかぎれに生味噌擦り込むなんてのがありましたが、本当に効くのでしょうか。痛そうです。

さて、仕事の後はお楽しみ。Mに寄ってきました。

今日はYさんもいらっしゃってマスターとの会話がおもしろく、黙って座っているだけでも楽しい時間をもちました。今日は前回と同じ「ケルティック・クロス」のちょっと重いブローラ。ゆっくりとグラスを傾けているとマスターが「はいこれ」とお皿を出して下さいました。ドライフルーツの入った濃厚チーズケーキ、それからその上にはたっぷりと「J-BARRY」というラム酒を混ぜたホイップクリーム。あまりのおいしさに別に「J-BARRY」を注文。おいしく頂きました。とても素敵な香りのするラムでしたが、残念なことに生産中止となったようで、もう入ってくることはないそうです。マスターが「いい酒ばかりなくなる。どうでもいい酒がなくなればいいのにね」とぼやけば「どうでもいい酒なんてどうせ記憶に残らないんだから、気にしなくていいのよ」とYさんが突っ込みます。そうですね。記憶にも残らない程度のものにいちいち構っていたら荷物ばかり増えるのでしょうね。 

そんな会話を肴に飲んでいると後からこられ、隣にすわられた若いお客さんが私にぽつんと一言。「日本の方ですか?」「はい。どこの人にみえました?」「どこかアジアの人」「まぁ、私もアジア人ですから」

なんだか妙竹林な会話をしていると、カウンターの向こうではマスターとYさんが、こんどはフルーティーな香りのするトオガラシやら、餃子の話で盛り上がっていました。

終電がなくなる私はそのあたりでおやすみなさいと店を出たのですが、本当はもう少しじっと話を聞いていたかった夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2005

きれいでした

tokyo


(秋から冬へ)


日ごとに寒さが厳しくなってまいりました。

外へ出ると肺がひんやりと冷たい空気で一杯になります。

それでも、天気がよいと遠くまで見えるので昨日のように朝から青空が拡がっていると期待してしまいます。電車で多摩川を渡る時にそれは見えました。大きな富士山。確かKさんが近くに住んでいるなぁと思っていたら、しっかりと彼女のブログに写真が。私が見たものとほぼ同じ時間。ベランダからという少し雲をたなびかせている富士山。

私は通勤途中だったのでほんの少しだけしか見ることはできませんでしたが、それでもいいなと思う。

こんな澄んだ空気の冬の日は、山を遠くに眺めることの出来る窓辺で一日、のんびりぼんやりと景色だけをみて過ごしてみたい。

冷たい空気にうねうねと連なる関東平野を囲む山の稜線。

昼間の懐かしさを伴う少しけだるいような暖かさ。

そうして沈む太陽を背に、赤く染まる空の下に拡がるシルエット。

ほんの少し目にしただけの景色はこんなにも私を幸せにしてくれる。
これが人工物ならそこまではいかないと思う。

自然の凄いところのひとつは「いつまでも飽きない」ということだろう。


仕事は忙しくばたばた。

こんなときに忙しさを見せずに素早く仕事ができるといいなと思う。
ヨーロッパの老ギャルソンのようになるにはまだまだです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »