« 休日もばたばた | Main | 暁を覚えず »

April 20, 2005

睡魔

renge034

(春風ふいて)

日記が途切れがちなのは、帰った途端に睡魔に襲われているからです。
実はひとつ前の日記も、途中で居眠りしてしまったくらい。暫くかかるとは思いますが、仕事に慣れるまではお許し下さい。不思議なもので職場にいると、いつも以上に背筋が伸びます。その状態で、あっという間に11時間が過ぎていくのです。今日も一日、暖かい目であれこれ厳しく注意されました。

お店を開けてすぐにKさん来店。御自身の買物と一緒に別のKさんの買物までなさって下さいました。ありがとうございます。Kさん、私を知らないふりをして下さりありがとうございました。

お店のお客さんにはいろいろな方がいらっしゃいます。今日は30年ぶりに来てみたら、当時と全く同じで嬉しかったとおっしゃる方が見えられました。また、料理かなにかをなさっている方でしょうか。2人でカウンターに座り、ジッと珈琲をいれる手許を見据える方々。昔、バイトをしていたという方も。

今日の味見は、「珈琲シャーベット」。ううう。おいしい。
今日のおやつはお客さまから頂いた「初物、佐藤錦」。ううう。これもまた。
今日練習でいれてみた珈琲は「有機栽培グァテマラ」「ニカラグア」。ううう。いけませんでした。今日は全く上手く入れることができませんでした。やはりこの店には魔物が住んでいるに違いありません。お店の方の入れている手許を見ていても、「何をするための動き」なのかが読み取れないのです。必ず理由があるはずの動作。何が分からないか分からない状態。まあ、基礎の基礎の基礎の基礎の基礎あたりを身につけようとしている私なので、当たり前といえば当たり前ですが。それにしてもむーむむ。

先ずは今から今日のおさらい。
掃除の前に準備しておくことから、頭のなかでやり直しです。
私の4月20日はこれから再び始まります。


※はみだしコメント

nannerl様:
そうです。あの凸凹歩道橋です。それから天国。今さらながらわかりました。今日帰る時に見つけて「あ、目の前だ。」河原でチーズフォンデュパン。いいですねぇ。ワインも持参なさいましたか?

erizo様:
おいしく飲んで頂いてありがとうございます。
サン・アントニオですが、先日、ポットに入れて持って出て日中に全部飲んでしまったくらいのお気に入りです。あと、豆ですがこの季節ですから冷蔵庫で充分です。冷凍でしたら袋を更にガラス瓶などに入れて結露に注意して下さいね。

|

« 休日もばたばた | Main | 暁を覚えず »

Comments

こんにちはー。
毎日刺激を受けて楽しくお仕事ができるって素晴らしいですよね!それでお金ももらえちゃうんですもん。。。
向上心って大事だなぁーって思います。自分はと省みると反省しきりなのですが。

佐藤錦、もう出回ってるのですね!?
わーん、いいなぁ。。。
さくらんぼ好き♪

Posted by: mochi@職場 | April 21, 2005 at 05:27 PM

「便りがないのは元気な証拠」。私はむしろまきさんのブログが遅れがちなことが、その分お仕事や私生活等、充実して過ごされているのね~、って証拠に思えます。
コーヒー豆、結露に注意ですね?了解です。
「珈琲シャーベット」とても美味しそう!!お店で出すのではなく「まかない」あるいは「試作」ですか?

Posted by: erizo | April 25, 2005 at 10:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49891/3788186

Listed below are links to weblogs that reference 睡魔:

» 珈琲店にて [屋上者の島へ]
私のコーヒーの師匠Mさんが、この4月から自家焙煎珈琲店で働いていらっしゃる。コーヒー好きなら誰もがきっと一度は参拝したことのある名店である。 本日は午前も午後も、その珈琲店の近くでカメラマン氏といっしょに月刊誌の取材をしていたので、お昼の休憩タイムにひとりでそっとコーヒーを飲みに行ってみた。いらっしゃいませ、と先輩スタッフとともに折り目正しく迎えてくれたのはMさん。 望む場所で、したい仕事に関わっている人の姿を見るのは本当にすがすがしい。彼も快い緊張感をもって、きびきびと、ときおりまだ少... [Read More]

Tracked on April 21, 2005 at 01:21 AM

« 休日もばたばた | Main | 暁を覚えず »