« 家にもピタゴラ装置 | Main | 雨の日 »

March 21, 2005

初夏の匂いがしていました。

tokyo-f1

(鯨のお腹の中)


昨日、撮ることが出来なかった写真を撮りにお昼から家を出ました。新橋に行こうと思っていたのですが、秋葉原で乗り過ごしてお茶の水で下車。本当によいお天気です。

聖橋口から出たので、新しくなった「穂高」の前を通る。マスターの粟野さんがお掃除をしていました。今日は祭日なのできっとお店はお休み。改めて寄ることにして、先ずは文化学院へ。この建物、とても美しい。特に夕暮れ時が素敵なのです。数枚写真を撮ってから坂を下って山の上ホテル裏へ。横の公園の隣には夏目漱石も通った小学校があります。

神保町に出て九段下へ。以前から写したかった九段下ビルへ。
なんと。入口が開いています。ぼろぼろで所々傾いている階段を上ってみました。壁は剥げかけて、窓ガラスの入っていない箇所も少し。よく老朽化で危険というビルのことを聞きますが、まさにこのビルがそうです。地震があったらひとたまりもないことでしょう。他所樣のビルの中をあまりうろうろするのもなんなので、道路を渡って道路の反対側へ。神保町へ戻ります。すずらん通りを少し歩き、茶房きゃんどるを覗いてみるも、ここも祝日でお休み。そのまま小川町、神田、日本橋へ。

ここで、あるお店を探すことにする。
いつも迷ってしまうので、こんどこそは場所をきちんと覚えておこうという魂胆…だったのですが、やはり迷いました。おかしなことに、同じようになにやら迷っている人がいて、あちらの四つ角、こちらの角でばったり。この辺り、「刃物の木屋」の裏側は細い路地が入り組んでいてどの路地も同じように見えるため、こんな事が起きるのです。30分ほど歩き回ってようやく見つけました。勿論、この店も休日なのでお休み。まあ、開いていても今日の私が入って食事ができる金額ではないので問題はないのです。

お店を見つけてひと安心。気持が落ち着いたところで、東京国際フォーラムへ。ここのガラス棟には仕事でしか来たことがなかったので、いままで写真を撮っていなかったのです。中に入るとやはり大きい。まるで鯨のお腹に入ってしまった様です。これガラス拭くの大変でしょうねぇ。

ガードを潜って、線路の反対側、数寄屋橋へ。ここは昔は川が流れていたところ。いまは暗渠になってしまいましたけれども。ここを通る度に当時の光景をみたかったなぁと思います。途中、猫と遊んだりしながらそのまま歩いて新橋まで。ここにも伊藤ビルという古いスクラッチタイル張りの建物があったのですが、ここも取り壊しが決まったという貼紙が貼られていました。次々と壊されていく美しい建物達。しかし、保存が難しいということも承知しています。先の九段下ビルをみてもわかります。それでも勿体無いと思うのです。私は本当に無茶なことをいっていますね。

そもそも去り行くものに未練がましくすがりつくこと自体が格好悪い。
そんなことないように、去る前にできるだけの事をしてこそ、「○×が好き」と言えるのではないでしょうか。

「カフェ・ド・ランブル」は今日もお店を開けていました。しかし、今日は入らずに昭和通りへ出て汐留を眺め、そのまま銀座へ戻りました。東京駅の丸の内側へ出て数枚写真をとった後、地下街でギネスを一杯飲んで帰宅。

いや、歩きました。疲れました。余計な理屈を考えず、ただ好きなものだけを探して歩くだけの一日。いいものですね。今夜はぐっすり眠れることでしょう。

|

« 家にもピタゴラ装置 | Main | 雨の日 »

Comments

先日、取り壊しの決まった洋館の庭に咲いていた福寿草を
家の方に許可を得て、頂いてきました。石榴や椿、芙蓉のきれいな
庭でしたが、更地になってしまうのです。福寿草はうちの(?)
庭にうつしかえ、いま元気に咲いています。
こういうの、なにかささやかな、できる限りの抵抗みたいなものかな。
未練、執着。わたしは好きですよ。まきさん。
では、おやすみなさい。

Posted by: okuzaki | March 21, 2005 at 11:03 PM

たくさん歩かれましたね
フォーラムのガラス棟は
気持ちよい空間ですよね
まさに空に浮かぶ鯨ですね
九段下ビルは中にはまだ入ったこと無いので
ぼくもいつか入って
探検してみたいビルです
ぼやぼやしているとなくなっちゃうかな^^
廃墟という意味では
代々木駅前の代々木ビルは
凄いですよ
傷だらけの天使たちの舞台となった
ペントハウスのあるビルですが
まだ健在です。
ですが、とっても怖いビルですよ^^
ご存知だったかな?
最近訪ねたところで面白く思った場所は
築地市場かな。
では。

※以前ご質問いただきました
 雪だるまの写真ですが、
 三鷹にあるネイチャークラフトガーデンという
 カフェの入り口に創られていた雪だるまだったんですよ^^

Posted by: NASCI | March 22, 2005 at 12:58 AM

はじめまして。satoと申します。
カフェマニアで、たまに出没しているものです。

画像とコメントが、私が書いた日記とあまりに酷似していたため、思わずコメントしてしまいました!

たまに、こっそり拝見させて頂いています。

いつかマキさんの珈琲を飲むのが私の密かな夢です。

Posted by: sato | March 26, 2005 at 02:08 PM

sato様
こんにちは。
カフェマニアつながりなのですね?
画像とコメントが似ていたということですが
よろしければHPアドレスをお教えくださいね。

私の珈琲ですか?
来月10日に恵比寿でカフェを開きます。
よろしければ是非どうぞ。

Posted by: まき | March 26, 2005 at 10:03 PM

まき様

コメントありがとうございます。
私の日記はmixiなのです。

実はまきさんを発見したのですが、
声をかける勇気がありませんでした・・。
もし、ご迷惑でなければマイミクして頂けると
私の日記が見れます。

来月10日ですね、是非行きたいと思います。
楽しみです。

Posted by: sato | March 28, 2005 at 01:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49891/3384935

Listed below are links to weblogs that reference 初夏の匂いがしていました。:

« 家にもピタゴラ装置 | Main | 雨の日 »