« October 2004 | Main | December 2004 »

November 29, 2004

小さくても充実

maru-aki268.jpg
               (バスも銀杏色)

今日はお休み。
小さな展覧会を観に行く。池袋東京芸術劇場「ナイーブシンクタンク創作絵本展」。
予想を大きく上回り、深く楽しい展示作品がたくさんありました。ついつい全ての展示物の前に座って読み込んでしまうことに。周りを見るとやはり皆さんきちんと座ってじっくり読んでいます。

豆本あり、仕掛け絵本あり、工作物あり、なんとコウモリの標本あり。

どれもこれも丁寧につくられたものばかり。
お茶を濁した様なものはありません。久しぶりに楽しい展覧会でした。気がつくと1時間も居座ってしまいましたよ。

出品者のひとりで情報を教えてくれたiさんに感謝。

こちらはぎりぎりで申し訳ありませんが明日30日まで。御都合つく方は是非。入場無料です。

会場の建物前には公園があるのですが、沢山の人がビールケースなどをひっくり返した箱の上に手作り将棋盤を並べ、通りすがりとおぼしき人達相手にぱちぱちやっていました。なんとなくアジアだなぁと思える風景。そう。ここ日本はアジアなんですよね。時々、忘れてしまうことがあります。

駅入口で「日本伝統工芸館」の案内版を発見。青山から移転してまだ入ったことがなかったのでちょっと覗いてきました。ここでは日本各地の工芸品を見ることができます。勿論、購入も可。

うしろ髪をひかれつつ、池袋を後にする。大塚の珈琲屋へ。

しかし、途中の御国寺でホームを見ていたら案内版に「東京カテドラル〜聖マリア聖堂」とあるのを発見。慌てて閉まりかける扉から途中下車。そう。先日、見つけた大聖堂とおぼしき建物のシルエットの正体ではないかとの期待をしてのこと。

これではないか?
案内版を見ながら暫く歩くとおや?「椿山荘」ではありませんか。こういう道筋でも行けたんだと思って横を見るとありました。カテドラル。なんとお向かいです。

「東京カテドラル」、しかし予想していた建物とは別物でした。モダンな建築です。
知っていることと云えば、昔「森田童子」がここでコンサートをやったということくらい。折角なのでちょっと見学していくことに。生憎、大聖堂の中には入れませんでしたが敷地奥にある司教館とマリア像を見ることが出来まいした。どちらもいい雰囲気です。

坂道をてくてく下って駅まで戻ります。

家に帰る前に珈琲屋へ寄って豆を購入。
移動の合間に本屋にも寄って、たっぷりと遊んだ1日となりました。

今日、買った本。

「カメラ日和」(雑誌)「犬は本よりも電信柱が好き」(吉野朔美)「柿の種」(寺田寅彦)

| | Comments (1)

November 28, 2004

仮書き込み

t-hos.jpg
                 (白金高輪)

「仕事の後で時間があれば日曜Cafeに寄り道します」。
こう書いて仕事へ行った今日。仮でもブログ更新はしておくものです。
携帯にメールが入っていました。「日曜カフェは今日は臨時休業ですよ。」危ないところをすくって頂きました。Rさん(またイニシャル!)ありがとうございました。

お昼前の皇居前は歩行者天国。陽気がよいのと、銀杏がきれいに色付いていることも重なって沢山ひとがいました。絵を描く人、レンタサイクルの人、モデルさんと撮影のロケ隊。気持の良い時間。

数枚写真を撮ったので、すぐに仕事へ向かいました。
夕方には仕事も無事終了。予定していたカフェが休みとなると、中目黒にでも顔をだそうかな…と考えていた矢先に又メール。

「夕食を食べにきませんか?今日はフグちりです。」

はい。予定決定。ということで行ってきました。友人家族とわいわいおいしい晩御飯。
どうして急に?と思ったのですが、キ●ンビールを買ったら当たったそうです。
今日、書き込みをしているKei君といい、みんな凄いですねぇ。

鍋をすっかり平らげて、おじやもしっかり頂いて、ぬくぬくに暖まり、たったいま帰ってきました。明日は久しぶりの休みですし、いうこと無しです。でも、先週は忙しくて洗濯できなかったので明日は洗濯機3回転。お出かけはそれからにいたしましょう。


新日曜美術館に「砂澤ビッキ」の「四つの風」がちょっとだけ出ていましたね。一度観に行きたい作品の一つ。野外で朽ちていく木の彫刻。美しいですね。気になる方は夜の再放送をどうぞ。
「明和電気」の展覧会もお勧め。楽しいのです。

※はみだしコメント

M様:
いえいえ、別にイニシャルでなくても大丈夫です。「みま」さん。でも実は「もま」さん。御本人も近代美術館のような魅力たっぷりな方ですよ。(朝からつまらないこと言ってますね、私…)

| | Comments (1)

November 27, 2004

季節がまたひとつ

akiyosidai259.jpg
              (久しぶりに行きたい)

今日はまたいいお天気になりました。
これは仕事へ行くときに富士山が見えますね。空気が乾燥すると思った以上に遠くまで見えるようで、河原へでると東京タワーや筑波山まで見ることが出来ます。

さて、こんなに良いお天気なのですが今日は地下にある照明ブースで9時から21時過ぎまで缶詰め。あああ、勿体ない。風が強いのでお出かけの方は、ちょっと厚着したほうがよいかも。

冬になると「ずぼら」な私は服装が楽なので助かります。近年はもっぱらとっくりに古いコート。
このコートは父親のお古なのですが、もう何十年もたっているので、そろそろあちらこちら糸がほつれ出してきました。本格的な冬がやってくる前に裏地と共にお直しに出さなければいけません。

寒いけれども楽しい冬がやってきます。ちょっと嬉しくなります。

※はみ出しコメント

M様:
どうもありがとうございました。ずっと入りたかった店だったのですが、いつもバイク姿だったのでなかなかきっかけが掴めなかったのです。余り満腹感が好きではない私には丁度良い量なので蕎麦屋は嬉しい場所なのです。
また誘って下さいね。
ナンネル様:
おお、ついに貴婦人ナンネルさんの登場です。こんにちは。「T」ですが、私が行こう!と訪れるときはいつも「人が一杯」「定休日」「臨時休業」と振られっぱなしなのです。白金から目黒にかけてはお蕎麦屋さん多いですよね。ところで「T庵」で女性に切り子というのは、口紅対策でもあるのでしょうか?お店も考えたものですね。先日訪れたのは「北里大付属」横の「S」です。品川「O」、どちらでしょうか?よろしければ教えて下さいね。(ソ連より先に発足そばの会のMさん、御存知ですか?)

| | Comments (2)

November 26, 2004

至福

osabisiyama186.jpg
         (おさびし山?)

蕎麦屋が好きです。
蕎麦の味も当然好きなのだけれども、あのお酒を飲める場所なのに徹底的にはだれていない感じがなんとも。昨日は用事があって、仕事のあと某店へいくことになりました。以前から入ってみたい店だったので当然のように心もはずみます。
「少し遅れるから先にやっていてください」という連絡を受けていたので、遠慮なく始めることに。

まずはお酒を。「菊姫」。
おや、きれいな水をはった桶から盃を取り出して拭いている。
お酒は粉引の片口で1合。盃にそそいで覗くと月見をしているようにお酒がゆらゆら。これだけで幸せになってしまいます。 つきだしは、おから、おひたし、茶わん蒸しがそれぞれ、小さな器で。おからの盛ってある磁器の小鉢、縁の所2ケ所に金繕いが。盃の扱いといい器を大事に使っています。

なんの飾りも無いテーブルの上に、ちょこんと乗ったお酒とつきだし。
いたってシンプルですが、余計なものが無いために自分とそれらの間には邪魔するものもなく、きちんと対峙して飲食をすることが出来るのです。お酒の味だけでなく、香りや色、揺らぎを楽しみ、つまみの少しずつ口に運んでいく。少しだけ集中力が必要ですが、その緊張が心地よい。

「きちんと向かい合うこと」なんて、蕎麦屋でも楽しめることだと再認識しました。
カブの漬け物を頼んだ時に、がらがらがらと扉が開きます。

「遅くなりました。」

タクシーを飛ばして友人が来ました。さて、いまからはテーブルの上の物をつまみに話に花を咲かせることにいたしましょう。お酒をもう一種類頼んで、「蕎麦がき」と「せいろ」を最後に頼むことを忘れないようにして。
それからMさん。このお店を教えてくれてありがとう。

夜の蕎麦屋の灯は暖かです。

※はみだしコメント
あさぴぃ様:
いらっしゃいませ。忘れるものですか。書き込みありがとうございます。私は忙しいとはいいつつ、時間をぬって蕎麦屋へいったりして遊んでいます。

| | Comments (2)

November 25, 2004

本日の仕事

aso264.jpg
               (ダムに沈むまで) 


今日の仕事は久しぶりの記者会見。
会場の仕込みを終えた後、直ぐに関係者全員での打ち合わせ。一緒に仕事をする人が全員揃う場なので、自己紹介をした後で簡単な進行を確認していく。

あらかじめ先方から渡された進行表を見て、不明点を自分でチェック。いつも一緒に仕事をしている人とではないので、小さなことを放っておくと必ず失敗してしまう。例えば、私は照明担当だったのだけれども、指示に「暗転」と書いているとすると、本当に会場を真っ暗にしてしまうのか、それとも少し足場を見ることが出来るくらい明かりを残すのか、はたまたメモを取る事が出来るくらいなのか〜ちょっと考えただけでも3通り考えられる。

普通はリハーサル中にそういう疑問点を解決していくのだけれども、場合によってはそれすら行う時間がない時もある。幸い今日は「通しリハーサル」を一度行ってくれたので一安心。

司会は関篤。おお、TVと同じ顔ですね。当たり前ですが。台本があるとはいえメリハリのついた喋りは分りやすくて助かりました。 始まりが少し遅れたものの無事に本番がスタート。

進行表に書かれていることを、一度に頭に入れるのは不可能なので、進行を大きなブロックに分けて大体の流れを掴んでおいてから、個別の仕事を一つずつ消化していくというのが私のやりかた。

なんとかミスもなくこなしました。ああ疲れた緊張した〜。

…で、内容はなんだったのかといいますと、「新プロバスケットボールリーグ発足記者発表会」。
ついに日本でもプロバスケットボールができるということですね。

もしTVで見ることがあれば気にしてやって下さい。

※はみだしコメント

鈴蘭様:
あの教会らしき尖塔は池袋と新宿の中間位だと思うのですが。
大きいし、周りに目立つ様なビルはなかったので正確な方向さえわかれば直ぐに判明するのではと思うのですが。朝の熟睡は気持がよさそうですが、くれぐれもお乗り過ごしのないようにお気をつけ下さいね。

おかみ様:
おかみさんは…ゲ●ム(注、ゲノムではありません)ではありませんか?再ダウンロードなさったのでしょうか?

マンマンデー師匠:
私も九時半に寝られる、正しい身体に戻りたいものです。今日も又、午前様になりそうです。

牡丹様:
私も、今日中に流れるかと思いTVを見ていたのですがでませんねぇ。明日の朝に期待です。


| | Comments (1)

November 24, 2004

早寝早起き

kumamoto188.jpg
              (棚田石垣〜熊本)

今日は1日疲れてしまったので「早く寝てみる」ことにしました。
9時前にはお風呂に入って準備万端。いつもなら眠たくもなんともない時間なのに眠くなっています。これはいける!と就寝。   …で、目が覚めかけたのが先程。いつものクセで「えーもう6時?もしや5時とかだったらどうしよう」。目をあけて時計を見ようかどうしようか迷いましたが、えいっと確認することに。

「0:25AM」

これを見た途端にすっかり目が覚めてしまいました。もしや私は取り返しのつかないことをしてしまったのでは?と不安を覚えつつ、これを書いています。ちなみに今は1時26分。ちっとも眠くありません。ううう、これは困った。絶対に仕事中に睡魔が襲ってきます。ううう。

明日(今日)の仕事ですが、なにやらバスケットボール関係の記者会見があるらしいので9時には仕事場へいかねばなりません。本番はお昼過ぎの予定なのですが、準備が結構大変なのです。もしかしたら夕方〜夜のニュースで流れるかもしれませんよ。勿論、私は映りませんので御安心を。(?)

それにしても眠くありません…どうしましょうか。
取りあえず、朝食予定をパンから御飯に変更してお米でも磨いでおくことにします。

追記:N●Kに安野光雅が出ています。しまった。これは最後まで見てしまう…。

| | Comments (4)

November 22, 2004

くたくたな期待

round-towr
           (ぐるぐる)

今日は亀有まで仕事にいってきました。
建設現場で配線工事です。ヘルメットを被って命綱つけました。私は鳶ではないのでそんなところには立ち入らないのですけれど、現場が7階だったので規則だそうです。 この手のバイトは時々するのですが、こんな大きな現場は初めて。8時に朝礼があって、ラジオ体操。いや面白かった。 

お昼御飯を食べた公園には鳩が沢山いて、食事をする私によってきたのですが、良く見ると足輪をつけた子もいます。御飯はお家で食べて下さいね。 しかし、ショックだったのは足の指が全くなかったり、数本なかったりする鳩がいたこと。どうも不自然なのです。誰かに切られてしまったのかもしれません。そうだとしたら惨いことをするものです。しかし、鳥頭。それでも寄ってくる鳩の群れでした。

ところで、現場から見つけたたてものなのですが、池袋サンシャインの少し左側に大聖堂の様な大きなシルエットが見えていたのですが、どなたか御存知ありませんか?夕日に浮かび上がるその姿。これは夢?と思う程威厳のある姿でした。

あっという間に時間が立ってしまったのですが、単純に身体を動かす仕事だったからでしょう。体中心地よい疲れです。これは熟睡できるかもしれません。

でも明日も早いのでうーん。M師匠を見習って今日は23時前には寝ようと思います。

| | Comments (1)

November 21, 2004

仕事は続くのであった。

sanjyu-san257.jpg
              (室内もお気に入り)

今日も仕事。5時前に終わりました。
そうなれば当然次の行動は決定です。 そう日曜日はカクタスの日。
http://www.h4.dion.ne.jp/~cactus_w/

おいしいワッフルとコーヒーを頂きました。

明日は久しぶりに建築現場での仕事。電線をあちらこちらに引っ張り回すのだそうです。

今週は直前になってあれこれ仕事が入ってきました。
ただ、ダブってしまっているのが残念。給料日前の最後のふんばり。頑張りますよ!

仕事に行く途中、皇居前の銀杏がきれいだったので写真を撮ろうとすると、シャッターを押した瞬間、鳩がばさばさっと入ってきて失敗。反対側を撮ろうとすると、やはりシャッターを押した瞬間、カメラをもった御夫人がささっと入ってきてやはり失敗。タイミングのよさにちょっと周りを見回してしまう私でした。

すみません。あまり大したことを書いていませんね。

先日、某サイトを見ていたら「夕食にニンニクの芽と砂肝の炒めもの」というのを発見。食べたくなったので今日の夕食はそれに決定。久しぶりの食感を楽しみました。

※はみだしコメント

マンマンデー師匠:
明日は7時半からの仕事なので今日は私ももう寝ることに致します〜!

| | Comments (1)

仕事好き

yanagawa260.jpg
         (冬は舟に豆炭火燵を乗せます。)

今朝はきもちのよい朝です。
一昨日の朝から、昨夜遅くまでずっと仕事をしていたので昨夜は少しだけ眠りが深かった様に思えます。金曜日はホテルでの仕事が終わったのが25時。それから声をかけて頂いたので閉店後のホテル内カフェへ。仕事を終えたカフェ・スタッフがお疲れ会をやっていました。(無料!お酒なんでも飲み放題!)いつも感心してしまうのですが、ここのシェフは仕事熱心で心から料理を愛しています。その夜も何故かアルバイトを含めた若い人達のために「つまみ」をつくっていました。帰りは大抵終電。家族も大変だろうな〜といつも皆で話しています。

そういえば、定年退職なさった前のH総料理長も仕事が好きで一番に来て一番最後に帰るような方でした。決していばったところもなく、仕事に厳しく、自身にも厳しい方でした。ホテルでの仕事とは別に、小泉八雲が書いた料理の本に出てくる料理を再現する仕事をなさっておられて、心からその作業を楽しまれていました。今でもホテルでは彼の再現した「ポテトパン」を売っています。おいしいですよ。

それにしてもこんなことを書くと、「私がお洒落でエグゼクティブな生活をしている」様に思う方が時々おられますが違いますからね〜。今も3千円ぽっちの代引宅急便を受け取れず「夜また来て下さい〜」とお願いしたところでした。はたまた迷惑ですね。

| | Comments (0)

November 19, 2004

渋谷メアリージェーン

yanakamura189.jpg
              (森の中は谷中村跡)

今日は雨、しかも寒い1日でした。
夕方から渋谷へ。ある物を受け取りに行きました。

メアリージェーンで待ち合わせ。最近は15時頃のopenだったのですが
Oさんが「念のために16時半にしましょう」と連絡をくれました。

それが大正解。
お店につくと丁度マスターがシャッターを開けるところ。

Oさんはコンビニで傘の盗難にあってしまい、一度家に戻るので少し遅れるとのこと。待っている間にマスターとあれこれ話がはずみます。

暫くしてOさん、それから常連さんのSさんも交えて雑談。そのうちOさんはマスターに勧められて(そそのかされて?)パイプをふかし不良と化しました。

気がつくとなんと満席!この店が満席になることはそうそうないので嬉しい驚き。
そろそろ行きますかということになり、お支払いをしようとしたら「あれ?」

今日注文したもの:東京エール
今日飲んだもの:エスプレッソ、紅茶、煎茶、東京エール。

…マスター。サービス過剰です。
私も当たり前に「はいどうぞ」と出されて当たり前に飲んでいまいしたが…。

こんな良心的なお店ですから、皆さん機会があれば立ち寄ってあげて下さいね。
(写真は10月20日参照)

さて、今日19日ですが日中の仕事の後、そのまま泊まり込みで目黒Mホテルへ仕事に行きます。
明日の更新が遅くなるかもしれません。それでは行って参ります。


※はみ出しコメント
マンマンデー師匠:
ぐっすり眠る独自の秘訣おありですか?

emi様:
あの椅子で横向きになったり、うつ伏せ寝をする人はいないと思います…。
お菓子ですが、あれば食べるのですが自分で買ってまでと思わないのです。
…これ…ただの…ケチ?

| | Comments (1)

November 17, 2004

お茶菓子が…

kanazawa251.jpg
          (ヨセルイツワリ カエスシンジツ)

珈琲を飲む時にちょっとだけ甘いものが欲しくなることがある。
今朝がそうでした。身体がなんだかお菓子を求めていたのですが、さすがに朝からお菓子を買いに行くのもなんなので我慢しました。すると、お昼過ぎ、夕方とやはり身体は「お菓子食わせろ」と要求をくり返していました。

しかし、私にはわかっているんです。どうせ近所のコンビニに行ってもなにも買えずに帰ってくるということを。
いつもそう。目の前にあのお菓子を見ても手が伸びないのです。

この贅沢者。

時々、立ち寄るカフェや菓子店。きちんとつくられたお菓子の力は恐ろしいものがありますね。
昔はコンビニのエクレアだっておいしく食べていたはずなのに、欲しくないんですよ。

しかしこれで節約になっているかというとそうでもなくて、回数は減っているとはいえ、一度に使う金額が大きくなるので、かえって出費が多くなっているかもしれません。でもどうせ食べるのならば好きなお店の好きな味であって欲しいのです。と、思いつつコンビニのお菓子コーナーの前に立ち尽くし何も買えずに店をあとにする私が今日もいました。SKIPが無くなってからの野菜にも同じことがいえます。あー甘いもの〜!

…ということで先程、珈琲にブラックチョコレートと砂糖を2個入れて飲みました。ホイップがあると完璧だったのですが。モカ・ジャバ。これからおいしくなる味のひとつです。


「使用中のPHSが今月一杯で留守電、メールサービスを停止」になりますから、携帯を買いましたと先日書き込みましたが、今日某社から届いたお知らせには「やっぱり続けます」と…。 あの〜。ちょっと愚痴ってもいいですか?どうするんですか。買っちゃいましたよ。携帯。むー。


※はみだしコメント

emi様:
八時間の熟睡睡眠〜私の野望のひとつもそれです。もう頭がすっきりするまで寝てみたい!でも目が覚める!某さんに「なにかよい方法はないものでしょうか?」と聞いてみたのですが、「無理でしょうね」とけんもほろろ。それと、スパイですが、あの体勢で暫くじーっとこちらを見ていたので写真を撮るのは楽でした。

マンマンデー師匠:
揺れないのですか?古いところと聞きましたが。うちなんて鉄筋なのにぐらんぐらん揺れます。大きな地震がきたらどうするのか。揺れるとぐらぐら以外にも、埃が立ちやすかったり結構あれこれ大変なのです。

erizo様:
そうなんです。歯医者の椅子はリクライニングされると身体がすっぽり入っていい気持。固さもちょうど良いのでいつも私は座る度に「このまま寝たいなぁ。この椅子欲しいなぁ」と思うのです。変ですか?

| | Comments (4)

熟睡したい

soto-neko256.jpg
                (スパイ発見)

お早うございます!

このブログですが、いつもは前日に書いておいて24時を過ぎたところで掲載することにしているのです。しかし、昨夜はどうしたことが睡魔に襲われ久しぶりに20時半過ぎには寝てしまいました。そんな訳でこの時間の更新です。

しかし、いつから真夜中まで起きていることが出来るようになったのでしょう。
20代少し前までは、起きていること自体が難題で、ラジオの深夜番組を聞こうと頑張っていても気がつくと寝てしまっていたり、例え何とかなっても翌日の辛いこと辛いこと。とても毎日のように夜更かしなんてことは不可能でした。 それがいつの間にか就寝時間は真夜中が当たり前。起床時間は学生時代に比べて約1時間程遅くなったとはいえ、本当に不健康な生活リズムです。 

「寝る」ことにも体力が必要らしいのですが、それがどのくらいなのかはよく知りません。カロリーを消費するということは分りますが、歳をとると朝が早くなるというのが、体力不足のせいなのかどうか。また理由はそれだけなのか。

いま住んでいるところは幹線道路の横なので、車が通ると建物が揺れますしうるさくて熟睡出来ません。でも、原因はそれだけではないと思います。何故なら昔は何処ででもしっかり寝ていましたから。最近、熟睡というものを体験していない私にとって「起きているのが辛いほど眠くなる」ということは、ちょっとばかり歓迎したくなる出来事。「すっきりした目覚め」買ってでも再体験したいです。(ああ、こんなところにビジネスチャンス!)誰かこのアイデア使って下さいね。

…で、しっかり眠れたかと申しますと、いつもより早く目が覚めてしまいました。 むー。

※はみだしコメント
yukio様:

「感じたところからどのような行動に出るかは」というのは今一度、きちんと考えてみることが必要だと思いました。感じていても知らんぷりをして、他のことを考えてみたり、そのままにしておいて忘れることを待ってみたりすることがあります。機械がそうですが、あれ?何となく変かな?と思った時にすぐ対処しないと一番必要な時に故障するなんていうことがあるんです。修理に時間も費用も余計にかかったりして。歯の治療なんかも似ていますね〜。放っておく理由の筆頭は「面倒臭い」のひとこと。 いけませんねぇ。

セネガル行くんですか?いいですね〜。しっかりと違う世界を観てきて下さい!年末年始ということはあちらでの年越し。どんなふうに新年を迎える国なのでしょう。戻ってきたら教えて下さいね。

| | Comments (3)

November 15, 2004

小人さん?

hikosan255.jpg
             (英彦山)

不条理。不思議。これが生きているものない関することなら、よくあることなのだけれども、それが機械となると一体全体どういうこと?と思ってしまう。例えばリハーサルではきちんと動いていた機械が本番で壊れる。そういうことは少なくありません。大抵は困ることが多いのですが、今日はその反対です。 

暫くうんともすんともいわなくなっていたCDロム。電源は入るものの、CDの読み込みをしてくれません。回転してくれないのです。ムーという音はするので、これは回転板を回す為のゴムか何かが切れたのかなと思い修理しようと思ったのですが、特種工具でないと開かないネジを使われているので無理。

参ったな。 数カ月、時々取り出しては何度か試していたのですが、動いてくれないので思いきって中古を探すことにしました。 そうしてようやく昨日、ネットオークションによさそうなやつが出ていたので入札していたところ、今朝になって「出品者の事情で出品が取り消されました」の通知。 「ついてない…なんで?」仕方がないので新しく入札しようかとも思ったのですがちょっと値が張る物ばかり。うーん。悩みましたが結局、安いのが出るまで待つことにしました。

…で、ちょっと今日の午後、試しに電源をいれてみたのです。 あれあれ。動くぞ。起動しています。動いています。なんで? タイミングが良すぎます。 一体全体なんでしょう、これ。偶然といえば偶然。特に誉められる様なこともしていないし。うーん。小人さんでしょうか?なんにせよ感謝。


※はみだしコメント

yukio樣:
や、こんにちは。そうですよ〜。愚痴が多いのですよ。日記ですもの。
でも指摘してくれてありがとう。でもね、実際そんなにきーっとはなっていないんですよ。「余計なお世話」と言いたい人には近寄らないようにしていますから。この歳になると周りでもそういう話をよく聞くのです。yukio君はいつになっても本音で話しかけてくれるので嬉しいです。それにしても、そんなに愚痴が多いですか?やばいですねぇ。人が読んで気持良くなれることをもっと増やして行きたいですね。うん。そうだ。いまいちどありがとう。

いま、自分が「自分に正直に生きている」のかなんなのか。どうでしょう。我侭には生きてますけど。よく「本当の自分」って言葉があるでしょ。実際、いまいる自分が本当なわけで、ずるずるやっている自分がそこにいたりして…ま、甘えですね。少なくとも今は「自分はこうあるべきだ」という強制事は止めています。ゆるゆるしているのでまた怒られるかもしれません。

ところで、いいじゃないですか豚すき焼。家は実家ですき焼を食べた記憶がありませんよ。そんなに強く食べたい!と願ったこともなかったけれど。それではお返しをひとつ。「貧乏だから豚」は余計ですよ。おいしく食事をすることが出来る。それが大事でしょ? 

本音の会話をしてくれる相手がいるのはいいな。これからも暖かく辛口でよろしくね。

emi樣:
本当の事をいって分りあえる様になるには信頼関係が必要です。emiさんも御存知の様に彼はいつでも真正直なので私も彼も云いたいことをいって、「うっ!」っと思ったとしても平気なのです…って、あなたに云わなくても解っていることですね〜。そういえばemiさんもその一人ですねぇ。二人とももう長〜い付き合いですから。

| | Comments (1)

November 14, 2004

イツモシズカニ笑ッテイル、ソウイウ人ニ私ハ…

nukunuku258.jpg
                (ぬくぬく)

結婚は?ええ?まだなの?紹介しようか?親御さんを安心させてあげなきゃいけないよ。子供は嫌い?自分の子供欲しくないの?少子化だからねぇ。義務だよ義務。恋人は?どんなタイプが好みなの?そんなこと言わないで、やはり友達としていろいろさ。ひとりだと家にかえったとき寂しくない?食事だってちゃんと取れてないんでしょう?なんだかうん。独り身って寂しい感じがあるじゃない…え?会社づとめじゃないの?それはやばいよ。就職はした方がいいよ…それじゃ相手も見つかりにくいよねぇ…今度、人手が必要そうなところに聞いておいてあげるよ…云々。

「心配してくれなくても結構です。何の心配なのか?本当に心配しているのか?第一、そうする必要はどこにあるのか?少子化?人間は増え過ぎているし、使用エネルギーだって有限でしょう?なにを恐れているの?歳をとったら困る? ならそのシステムを変える為になにか考えましたか?生活を変えましたか?家に帰って明かりが灯っているのも楽しいけれど、一人が嫌な訳でもありません。食事?作ってますよ。料理は好きなのです。独り身の寂しさ?ええ、それも楽しいですよ。それに寂しいのも嫌いではないのです。うさぎじゃあるまいし。(兎さん達ごめんなさい!)会社勤めでないと就職〜職に就く〜ではないという意味不明な考え方が定着したのはいつの頃からなのでしょうか。働いていますよ。きちんと。いえいえ、お金は必要だけれどもなんとか生活しているから大丈夫。あなたが勧めたいのは「ラクをする」ということだけでしょう?私の中での「楽」は「漢字の通りの意味の楽」なんですけれどもね。好みのタイプ?嫌いなタイプなら今すぐ言えるけど。言うと喧嘩になりますよ。

私がそうしたいと云っているのならともかく。なにやらちらほら、みえかくれするこんな挨拶紛いの似非心配〜しかも押し売りなんていうのは結構です。間に合っていますと言いたいけれども、間に合いたくもありません。親以外の人間で、もっともらしくそんなことを「しつこく」聞いてくる人を私は信用しないんです。」

…って、声に出して「がっ!」と言いたい時があります。(この意気地なし!)

さて、お話変わって初夏に水晶を拾いに行ったのですが、その様子を
「minamiさん」が書いてくれました。
御興味のある方は下記からどうぞ。
http://www.ne.jp/asahi/tsuki/nami/tsuki15.html

※はみだしコメント

erizo樣:
おお、お嬢様方めじろ押しですね。
「トランセ」というのは、あのちっちゃいバスですか?「ハチ公バス」とは別物ですか?食品用の廃油で走る車というのは、聞いたことがありますが意識して見たことはまだないので、今度から注意してみます。ところで、あの燃料は少しテンプラの匂いがするって聞いたことがあるのですが。どうなのでしょうか?


ashiko樣:
はじめまして。いらしゃいませ。
ブログ拝見致しました。ちなみに9月19日の写真に「オレンジ色の快速電車と聖橋」映っています。

御出身が宇部ですか?実家の裏の海からよく見えました。一度、夜中に海を見に行ったら(9月30日の写真)島の横に「ぼわっ」っと怪しい光がついたり消えたり。ようく見ると対岸、宇部辺りで開催中の花火でした。遠くだから霞んで見えていたんです。しかも打ち上げ時の「どんどんっ!」という音まで聞こえていましたよ。

「シシャクダやキタクやシラノエ」…はい。ここで皆さんにクイズです。
どんな漢字を当てはめるのでしょうか?  答えは柄杓田、喜多久、白野江でした。
柄杓田の先端はやはり30日の写真、左側に突き出た岬の裏側です。

鈴蘭様:
ああ、ようやく「豚派」の方が。
先日、桐生の出身の方にお聞きしたところ「牛〜」という答えが帰ってきたのですが、その方の双児の姉妹の方からは「豚です」と返事が帰ってきました。…どちらなのでしょう???

| | Comments (4)

まだまだ

saruhami253.jpg
(実家近くの秋)

沢山ある自己矛盾は分っているし、少しずつ受け入れることにも慣れてきた。しかし、社会のそれに対しては拒絶反応がまだまだ強い。それはおかしなことではないか。結局、自分勝手なだけで、しかもそれに気づいていないということではないか。

いや、協調を利用されていることだって確かにある。色々な理由をつけて、自分の利益の為にお人好しを利用出来るだけ利用しようとする輩も多い。

社会の流れは大きな濁流だ。つねに個人が疑問を持ち続けていなければコントロールをすることは出来ない。勿論それは不平を云うということでも、考えを他人に強制するといったことではなくて自ずから行動をするということ。暴力以外の手段で。

自分の事にしろ、社会のことにしろ、一見、同じと見える事柄でも境目を見極めることが出来なければそれらの隔たりは余りにも大きい。

答えは一人が出すものではなく、一人ひとりがそれぞれ一つずつ自ずから出さなければ意味がない。そこでまた悩み考える。 

それが進歩というもの。


※はみだしコメント
emi樣:
「元気の元になる光景」沢山でも、たった一つだけだとしても、代用のきかない大切なものだと思います。
毎日、そんなことがひとつでも見つかればいいですねぇ。

| | Comments (0)

November 12, 2004

ガソリンと軽油をまぜちゃだめ

den210.jpg
          (お嬢様、こちらなど如何でしょうか?)

行き詰まると、くり返す言葉があります。

「死ぬ気でやったのか?」

大抵…いや、毎回答えは同じ。「いいえ。」

そう。まだまだ先へ歩いていけるのだ。目的を持つことは簡単だけれども、歩くためのエネルギーを初めから終わりまで維持することは難しい。途中給油することも忘れずにいること。ただし、注意が必要です。

情報とはそのエネルギーとなるものであって欲しい。
ついつい、燃料補給が目的にすりかわってしまっていることがあるけれども欲張ってガソリンも灯油も軽油も、ごちゃごちゃにしてしまうとエンジンは壊れてしまうものです。お腹一杯になってしまうと人間休みたくなるもの。眠くなるのが関の山で歩けるわけなど出来ません。

給油所の場所をどのくらい知っているかによっても、旅の結果は大きく変わってしまうことでしょう。時には給油出来るかどうか分らない地を行かねばならないこともあるでしょう。

ガソリンがなければ、自分の足で歩くことも視野に入れて、さあ、また再び出発です。
その時の燃料は仲間。知っている人も知らない人も、例え決して交わる道ではなくとも平行して並んで歩いている人は沢山いるはず。時々手を振ってみたり、一緒に途中まで行くことだってあるんです。

それは寂しいこともあるけれども、楽しいことだと思いませんか?

…で、あれれ?どこへ行こうとしているのしているのでしたっけ?(…これですよ。)

| | Comments (2)

November 11, 2004

遊園地

frederiksborg.jpg
                 (東山魁夷)

今日はお茶の水に行ったので、聖橋の写真を撮って九州の友人へ送信した。

「檸檬に出てくる橋はこれです。」

すぐに友人からの返信が来た。

「話の中に住んでいるみたいだね〜」

そうだった。私も東京に来たての頃は歌や本、TVゆかりの地があちらこちらにあって、歩く度に驚いてみたり、世界にはまってみたりしたものです。街ぐるみで遊園地と化している都市、東京。

情報という媒体をつかってはいるものの、暮らしやすくするヒントのようなものは案外目の前にあるに違いありません。 ただし、浸り過ぎて酔っぱらわないように注意は必要。 それこそ現実とフィクションの区別がつかなくなる可能性だって大なのですから。 プラスに働けばそれはそれでよいのでしょうけれども、大抵そういうときの自分はただの妄想家となっているのが関の山なのです。

なんだかどこかで似た場所の話を聞いたように思って、考えていたのですがわかりました。ディズニーランドがそうですね。成功するわけです。 

さて、お話はかわって私が契約しているPHSでのトラブルについて。今月末でメールサービスを停止というのに、今月になってやたらと怪メールが送りつけられてくるようになった。今、受信仕立てのやつはこんなのです。

『私どもが結成した[奥様倶楽部]は恋愛の旬が過ぎてしまい、自分の周りではなかなか素敵な男性との出会いがないと悩んでいる奥様の集いです…云々』

あはははは。(失礼)はいはい。そうですか。「恋愛に旬がある」と思っていて「それを過ぎた」と感じるのなら止めたまえ。どうせ旬は過ぎているのだから無理です無理。悩んでどうする。。大体、ネーミングがもういけませんね。男に頼らず集って愚痴こぼしていてください。 …と、どうでもよいメールに注文をつける私でした。誰が受信料を払っていると思っているでしょうね。

だんだん写真と内容の接点がめちゃくちゃに…。
すみません。半分くらいうとうとしながら書いています。

ということで、今日はこの辺で。


※はみだしコメント
牡丹樣:
情報をありがとうございます。丁度、昨日のコメントを読まれたより同じ情報を頂いたところで、ホッとしていたところなのです。しかし、北欧料理屋というのはなかなか続きませんから頑張って欲しいものです。今、一番立ち寄るのは六本木にある「カフェ・デイジー」ですが、あそこは特別ですね。梅が丘にあった「ストロイエ」なんて大好きだったのですが。今度、吉祥寺にいったら覗いてみます!入るかどうかはお財布次第!(すみません)

| | Comments (1)

November 10, 2004

1の日

fre-c.jpg
                (森を抜けると)

夕方から12月の大木彩乃ライブチケット前売りを買うために吉祥寺へ。
http://homepage.mac.com/ayano75/

購入すると嬉しいことに整理券番号1番。これは喜んでいいのか、そんなに売れていないということで嘆くところなのか複雑な気持。しかし、この1番はよかったですよ。当日、早めに行って並ぶ必要がありませんもの。先月の柴草玲のときは当日券だったので、早く行っても後ろの席で殆ど顔が見えませんでしたから。ただ、あまりにも前だと音が片寄ってしまうので、その辺りは考えどころです。

せっかく来た吉祥寺。久しぶりに好きな店がどうなっているか見て回りました。
無印の裏手にある北欧料理店「ガムラスタン」。無くなっていました。ううう。なんだか北欧レストランとMacは世間から必要以上に「あえて」無視されている様な気がします。

珈琲屋の「もか」は健在。御主人の標さんはもう70を越えていたと思うのですが、相変わらず白衣をしゃんと着ていてお元気でした。思わず豆を買ってしまいます。おいしいんですよ。ここの珈琲。私が目標にする店のひとつです。味は勿論1、2位を争うおいしさです。私が店から出てくると、井の頭公園から出て来た若い女性2人組がお店を暫く覗いてから入っていきました。そうそう。いまでも新しいお客を呼び寄せる力があります。

その後、阿佐ヶ谷へ立ち寄って「プチ」で珈琲を一杯。友人と会ってちょっとだけ話し込みました。いろいろ話をしていたのですが、「私の周りには頭を抱えているひと一杯だ〜!」というと、「それは9割くらいは宝くじが当たれば解決すると思うよ」とさらっといわれ、「そうかなぁ」と思ったものの「そうかもしれない」なんて思ってしまいました。ちょっと悔しい。なあんだ。経済以外で悩むことって少ないんだ。 いやいや、残りの1割が大変なんだ。1割でも悩みは悩み。大変だけれどもこの1割は大事にするべきことかもしれません。


※はみだしコメント

いや、驚きました。年齢と肉じゃがでここまで盛り上がるとは。
年齢も人それぞれの解答ですが面白いものですね。反対に男性の場合はどうなのでしょうね。
余り問題にはなっていませんが。私が困ることといったら仕事を探す時の年齢制限というやつでしょうか。
体力の問題、それから若い人の方が、余計な知恵をつけていないから仕事を教えやすいという理由はあると思いますが、残念な思いをすることがあります。むー。私は最近、年齢を気にしなさ過ぎてよく歳が分らなくなるのです。単にぼけただけかもしれません。

私が「肉じゃが豚肉がメイン」派なのは、東京に来てから作るようになったためです。いかに実家で食べていなかったか分りますね。と書いては見ましたが、皆さん牛肉ですねぇ。実は地方色なんてないのでしょうか?私のやつは変型版?「珈琲時光」の群馬県ではどうなんでしょうね。

丁度、桐生に友人が入るので聞いてみたところ「牛肉」とのことでした。あ、でも映画で肇ちゃんがつくったやつはどうなのでしょうね。やはり牛の様な気がします。今度は牛でつくってみよう。時々は牛も使います。

| | Comments (2)

November 09, 2004

ふとした疑問

akaruibiru.jpg
              (今日、手帳が届きます)

素朴な質問があります。
女性が必要以上に年令を隠すとき、どのような心理が働くのでしょうか。
もちろん、相手や場所やその他諸々の背景があるので、「〜だから」という答えは望みませんが。いや、隠していいんですよ。話したくないことを話す必要はありません。

ただ、なんとなく「取りあえずそういうのが決まり」というような匂いを感じるのです。確かに肉体的には衰えていきますが、それと美しいと云うこと、それから心はどんどん豊かになっていくことが出来るのですから別に必要以上に隠さなくてもいいのにと思います。まぁ、周囲に話を合わせているのでしょうけれど。

でも。

自信を持って自分の年令を話せる人は格好よいものです。
実は皆さんなんとも思っていないけれども、取りあえず「秘密」ということにしておこう…ということかもしれませんね。そういうことでしたらちょっと安心。

別に最近、そのような話が出たわけでもなく、ふっと思った素朴な疑問です。


追伸:A・Y君。君のジンベのサイトを見たことあるよ〜という方にお会いしましたよ!


※はみだしコメント
erizoさま:
生憎と「いもや」には入ったことがないのです。あのカウンターを見るといいなと思うのですが、もたれそうなので。なら珈琲やらお茶ばかり何倍も梯子するなといわれそうですけれども。

マンマンデー師匠:
いや、楽しんで頂いたようで私も嬉しく思います。
ところで、肉じゃがですが、師匠のところでは豚肉ですか?牛肉ですか?
私は豚なんですけれども。地方によってまちまちですよね。家の実家では殆ど作らなかったので不明です。

あああ、先に多分「eさん」であろう方から話題を振られてしまいました。

折角なので聞いてみましょう。

皆さんどちらですか?…羊!?またまた。

| | Comments (8)

November 08, 2004

気がつけば小食

akihabara.jpg
            (東京水路はいまだ健在)

食事を忘れてしまうことが度々あるのです。
なんだか忘れている様な…と思っているとぷるぷるとコジカになったりして「あ、食べてなかった」なんていうことになるのだけれども、気をつけなければと思うこの頃。 ひとりならそれで済むのだけれども、人と一緒に行動している時が問題。私は平気でも、相手がそうとは限らないからよくよく気をつけないと迷惑をかけてしまう。

今日は某さんと神保町で待ち合わせ。
出かける前にあれこれしていた私は、起きてから何も口にせずに待ち合わせ場所へ。

今日は大阪から来た「某さん」のリクエストで映画「珈琲時光」に出てくる古い喫茶店「エリカ」「ももや」を案内することになっていましたから、そこで何か口にすればいいかと思っていたのです。

予定通り、「いもや」を外から覗いて、エリカへ。
二人とも珈琲とトーストを注文。私はジャムを手にべとべとつけながらパンを頬張ります。

それが済んだらお茶の水へ移動して、有楽町「ももや」へ。
珈琲を飲みました。銀座を少しだけ歩いてから羽田空港へまた移動。

登場手続き前に時間があったので、ぴかぴかに新しくなった空港ビル4Fで滑走路を見ながら「ビールセット」。明るいうちから小さいお惣菜ひとつとジョッキビール。

…以上が夕方までの食事でした。 Tさんは私よりもずっと大きな方なのですが…お腹空いていたことでしょうね。なんてやつだ私。

お見送りの後は川崎に移動。
本屋さんで「はっちゃん展」を観る。別の友人にメールを入れたら出て来てくれるというので、到着まで座ってお茶を飲むことにしました。凄く大ぶりなカップに入ったアールグレイを飲んでいると友人到着。
再びお茶を飲む私。今度はまたまた大きなカップでロイヤルミルクティーを。

5時過ぎに額縁を買うんだと云う友人と別れて真直ぐ帰路を急ぐ私でした。


…小学生の日記みたいですね。
ところで、今日1日を思い返してみて痛感したことがあります。

「栄養が足りない!」

駅から家に帰る途中、買物をしました。

買ったもの…靴下×4。ゴミ袋。ほうれん草1束、納豆、しらたき、豚こま。

今から肉じゃがをつくります!珈琲時光といえば肉じゃがでしょう。

そういえば、夕方あった友人が「どうしてタイトルが珈琲なのかわからなかった」といっていました。確かにそうですねぇ。映画前半にはちょこちょこ出ていた珈琲も後半になると、麦茶、お酒、牛乳と肉じゃがにとって代わられていましたもの。 あ、でもその辺りに映画のヒントがあるのかもしれませんよ。

それにしても、最近はどうでもいいことばかり書いていますね。
日記なのでそれもまた良しでしょう。


※はみだしコメント

まきはさま:
桐たんすを一目惚れ買い!すごいですよ。やってみた…いやいや今の私には見果てぬ夢。♪どりーむ、いずいんぽっしぶるどりーむです。

emi樣:
おまじない効きましたよ!食事を忘れるくらい!
写真は夕暮れではなくて逆光なのです。逆光は勝利っていっていたのは誰でしたっけ?


| | Comments (3)

あれこれ雑談

syou-beruto
               (小ベルト海峡)

今日は仕事を終えて、気さくな方々に会いに渋谷へ。
そう。日曜日はCactusの日! スパイシーココアを飲んでいると、顔見知りが来るの来ないのって大勢来るんですよ。しまいには貸しきり状態となってしまいました。
http://www.h4.dion.ne.jp/~cactus_w/

その後、数人で中目黒のPrataへと移動。
http://hw001.gate01.com/prata/

おいしいお酒と御飯を(めんたいこ!)頂いて帰る夜の街。
とても楽しい時間だったのですが、心のもやもやが晴れません。

ちょっと心配している人が数人いて、それが気になるのです。
ま、本人にそんなことをいっても「余計なお世話だ」となることは必至。
距離をおいて見守るくらいが関の山。そういうの、なにかいい方法でもあるといいのですけれども
無理ですね。なにかすること自体が余計なことになるわけですから。

つくづく人と人を繋ぐもの、繋がり方、繋ぎ方の難しさなんていうことを考えてしまいました。

ところで、PHSを携帯に持ち替えた私ですが、電池消費の早さに驚いています。
PHSは3日に一度の充電で十二分だったのですが、携帯は1日一回はやらないとバッテリー残料が減ること減ること。INFOBARは好きだけれども参ってしまいます。

ところで、私、教えてもらって着メロをダウンロード。9割が「みんなのうた」。
しかも受信時は普通の着信音。「みんなのうた」はちょっとしたときに流しては元気の元にしています。

目覚まし用は「かんじるさんすう1、2、3」。 元気が出ますよ〜。


※はみだしコメント
まきは樣、コメントありがとうございます。
私の部屋は本当に本当に狭いので、場所をつくる…うー、むー、難しいのです。
でも、買ってしまったからには(まだ支払い沢山残っておりますが)どうにかしなきゃと痛感しております。
まきはさんの一目惚れは一体全体なんでしょうか?

| | Comments (1)

November 07, 2004

一目惚れ

suruga-bil140.jpg
         (ビルの上にビル、しかもなんだかえっへん)


皆さんは一目惚れしたことってありますか?

一目見た途端、これは運命かもしれない等と思ったことありませんか?

私はこれまでに数回あるのですが、最近の出来事としては去年の今頃の話。

時々、立ち寄るカフェに行くとなんだか美しいものが。
スウェーデン製のちょっと古い椅子です。ゆるやかなカーブを描くアウトライン。
しっかりと貼られた黒皮は何十年もの間、誰かの背中でみがかれ、うっとりするような光沢です。

試しに座ってみると、これがもう。
しっとり、すっぽり、しっぽりの三重奏。ついでにワルツ。

ソファーというと、どうしても暑苦しい、成金っぽい、えげつない等と悪い印象の方が
大半を占める私の頭ですが、どうもこれはそんな感じが致しません。
反対に、夏の昼下がりを思わせる様なシンプルかつゆるゆるな感じが気に入りました。

しかし、お値段は今なら2つで1万円と云うわけには参りません。
しばらく唸った挙げ句、店長さん方に頼んでみました。

「あの〜、払える時に少しずつお金を持ってきてもいいですか?」

お店からすればいい迷惑なのです。何故なら、私が完払出来るまでどのくらいかかるかわかりませんししかもその間、保管する場所を取られるのですから。しかし店主のHさんは気持良く「いいですよ」とおっしゃってくださいました。

そんなわけで今日も払って参りました。まだ半額にも満たない支払いですが、もう少し待っていて下さいね。
必ず家に連れて帰ってみせますから。しかし、その前に問題がもうひとつ。狭い部屋。あの椅子いったいどこに置きましょうか?

| | Comments (2)

November 05, 2004

目刺皿

sirogane.jpg
               (もうすぐ1年…)

住んでいる部屋で一番場所を取っているものが本。

そうして、その次が器の類。

食事の時に使うお気に入りの器がある。
お酒を飲む時も、また、お茶や珈琲を飲む時にも。

いつの頃からか、少しずつ増えた器たち。
一人暮らしにしては、少し多すぎるとは思うので機会があれば友人にあげたりもするのだけれども一向に減る様子がない。いいなと思ったら使ってみたくなるのが人情。特に直に手に持ち、口をつけてみなければ解らないものも多いので、買った後の当たりはずれも多い。

だからこそ、所有して使う必要がある。
最初はよくても、時間がたつにつれて「もういいや」と感じてくるもの。
軽い気持で買った雑器でも、永く使って飽きがこないもの。

東京に出てきて、最初に買ったものはひとつ200円程度の飯茶椀とプラスチック成型の汁椀、そうしてこれまた同じくらいの値段の深皿にマグカップだった。汁椀は買って数カ月で外側が剥げてしまい、それ以来ちょっと丸底の瀬戸物椀を代わりに使っていた。

数年たって、千葉に越してきてから焼き物への興味が強くなり、近くの焼きもの屋を覗いたりしているうちに、あれこれ使ってみたくなった。考えてみれば、実家ではちゃんと塗椀を使っていたのだ。それはきっと塗師をしていた祖父からの影響に違いないと思う。椀が塗りものならば、陶然、飯椀もそれに見合う物を使っていたので、そういうものに魅かれるのも自然だったのかもしれない。

ある日、目刺を並べる皿が欲しくなって駅近くの店に行った。

そこは手ごろな値段で、量産品から作家もの。それに古い伊万里も扱っている店で、しばしば前を通る店だった。

3階に上ると古い磁器が沢山並べてある。
奥にはお婆さんが店番をしている。

「目刺を乗せる器が欲しいのですが。」

すると、それならこれが手頃ですよと江戸後期〜明治あたりの四角い染め付け皿を勧められた。古い旅館で出てきそうなものだったのだけれども、色もケバくなく、値段もどうでもよいくらいの安さなので買って帰って使ってみた。 と、これがなんとも具合が好いのである。 それから味をしめて、多い時には月に一度、何かしらを買ってしまうこともしばしば。

その中には、割ってしまったもの、人にあげたものなど様々な物があるけれども、最初に買ったものはまだ手許にあって、目刺を焼く時には必ず手がのびる器となっている。

お皿を買ってから2年としないうちに、お婆さんは亡くなってしまわれたけれども、目刺皿を使うたびに、あのたおやかな面影を思い出すのだ。

今では朝食に欠かせなくなっているお皿。これからもずっと使っていくのだと思う。

| | Comments (0)

November 04, 2004

湯冷めに注意

f-slot.jpg
           (空の庭)
寒くなってくるこの頃。
これまで以上に、お風呂のお世話になります。
休みの日で多い時は1日3回つかる時もあるくらい。寒くて身体が動かない時にはこれが一番。朝そういうことをするのは危ないと聞いていますから、充分注意をしながらなのですけれども、ちょっとぬるめのお湯につかってぼーっとする時間は大好きです。

なんにも考えない時間というのは、どうやら思っている以上に大事なものなのですが座禅をしても昔痛めた背中が痛くなる私にとって、お風呂は最適な空間なのです。

お湯につかる文化というものを調べてみるのもおもしろそう。
入浴がどういう風に私達の生活に関わってきているのか、ちょっと知りたいと思います。


今日の写真はDenmarkのお城にある塔の天井。
こんな星空を見ながらお湯につかりたいものですが、大抵、湯気であまりきれいには見えないことが多もの。
でも、こんなに沢山の星を見ながらお湯なんかに入ると溺れてしまう様な気がします。

さて、お風呂の準備も出来たことですし入って寝ることに致しましょう。


※はみだしコメント
牡丹様:
そういえば、メジロがいましたね。大好きな小鳥のひとつです。植え込みの狭いところをちょこちょこ跳ねているのが可愛い鳥です。そういえば、同じ仲間に「メグロ」というのもいるそうですね。確か、大島かどこかだったと思います。一度見てみたい鳥です。

| | Comments (0)

November 03, 2004

久しぶりに見た夜景

den-fune157.jpg
(海にもドングリ)

今日は友人の結婚披露宴へ行ってきました。
千葉県へ越してきてから、とてもお世話になった方です。
ずっと苦労をして、少し前に西荻窪にインド料理屋さんを出しました。
ちょっと前にTVに出ていましたが、本人は映っておらず、「出てなかったよ」と言うと「ほら、私は可愛いから…」と、しゃあしゃあと言っていました。

音響をやってもらえないかとのことだったので、会場にいくと小さいながらもよい機材が揃っています。デ●オンさんが付いているようです。いいなぁ。

乾杯の発生と同時に窓辺のブラインドがあがると、14階にある会場の目の前には東京の夜景が。東京タワー、六本木ヒルズ、汐留ビル群。たちまちあちこちで歓声があがります。

久しぶりにきれいな夜景を見下ろしながらお酒を飲みました。

帰りはお茶の水まで歩いたのですが、途中、知っているビストロの前を通ると丁度、店じまい。ちょっと言葉を交わして帰ってきました。今日は西船橋で下りましたが、直ぐに上り列車に乗りましたよ。(おい)

明日は早朝から恵比寿のウエスティンで仕事。

「みんなのうた」が好きな私。最近「ロバちょっとすねた」を聴きたいなあと思っていたら吉報が。「なつかしいみんなのうた」と称して、1961年からの作品を選び順次放送してくれるとのことです。総合テレビ・日曜22:55〜/ラジオ第2・水曜10:35〜 12:35〜 19:35〜 お好きな方、チェックです。


※はみだしコメント
鈴蘭様:
あの建物は以前から取り壊しの話がありましたよね?お金をかけても残す価値があると思うのです。本当に美しいビルなのですから。私もエレベーターホール大好きです。

| | Comments (1)

今日は特に内容はありません

d-fus.jpg
(Typical)


新しく手に入れた携帯を活用しようと、まずは朝の目覚ましをセットしてみました。
アラームで起きると眠いので、着メロに注目。教えてもらったN●Kのサイトからダウンロードしてきた曲を使用することに。最初は「ロバちょっとすねた」がいいかなと思いましたが、仕事をする日の歌でもないので、こう「がっ」と元気のでるものがなにか…ありました。「ドシラの歌」。(←気になる方は調べてみて下さいね。)。 さあこれで大丈夫と就寝。 今朝の結果は…。うーん。 朝から変なテンションになってしまいました。

ところで道路脇をふと見たら、椿がたくさん蕾をつけていました。
冬の椿は大好きなので楽しみです。花の時期が長いとはいえ、冬に咲いている椿。受粉は一体どうやっているのでしょう。自家受粉だと弱くなってしまうでしょうから、きっとなんらかの手を考えているに違いありません。それとも、春まで待つ…まさかね。どなたか御存知ではありませんか?


※はみだしコメント
erizo様:
餡パンもドラ焼きも、焼き立てを買うために並ぶ人が沢山いますが、ほかほかをその場で食べて行く人が少ないのは何故でしょう?その場で食べてこそのほかほかなのに。ところで「うさぎ屋3店鋪」字が微妙に違うなんて

| | Comments (0)

November 02, 2004

メールは極力パソコンへ

edogawa2.jpg
              (そろそろ青空)


いままで使っていたPHS。
今月でメールや留守番電話サービスが無くなると通知が来ました。
あちらこちらでは新規加入をストップ。接続地域も大幅削減となりました。これはもう「さっさと契約解除して下さい」ということですね。 …とまあそんなわけで、ついに私も携帯持ちになってしまいました。ちょっと悔しいようなきもしますが、新しい機械はそれはそれで面白いもの。あれこれいじっていたらたちまち時間がたってしまいました。

さて、季節もいよいよ11月。
古いコートを取り出してみたら、あちらこちらの縫い目がほつれてきています。
これは直しに出さないといけません。明後日は友人の結婚式。いろいろと出費が多い時期です。それでもお気に入りのコートをもうすぐ着て街を歩けると思うだけで楽しくなってくるもの。なんて単純なのでしょう。

今年も残りあと2ヶ月。
日本人が放っておいたり、考えないようにしていた問題に横っ面をひっぱたかれる出来事が沢山あった今年ですが大晦日をどんな気持で迎えることができるのか、残り2ヶ月をしっかり生きようと思います。なんてこといっても、携帯の設定にあたふたして掃除をさぼった私は、そんな偉そうなこといえません。身の回りを大切に出来ない人間が自分の住む世界をどうのこうのできるとは思えませんから。 

明日、早起きしようかな。

※はみだしコメント
ちびだ様:
ええ。わかっておりますとも。私もドーベルマンと聞いた時に「あれぇ?」と思ったのですが、読んだことがないので書かなかったのです。絵はわかりますが。それから月に兎はいないのですか?本当ですか?

erizo様:
私もうさぎ屋のどら焼き大好きで、日本橋店で買って行儀悪く食べながら銀座を歩くのが好きです。
…で、帰り道は勿論、餡パンを買い食いしながら戻ってきます。

ayano様:
お元気そうで何よりです。これから夏を迎える地球の反対側。調子は如何ですか?
御寿司屋さんの腕はあがりましたか?ちょっと先の話になりますが、帰ってきたら一度御馳走して下さいね。
ただ、仕事が忙しそうなので身体にあまり負担をかけると、5年くらいたって大変なことになりますから御用心ですよ。また楽しい話を聞かせて下さい。

| | Comments (1)

November 01, 2004

ターシャ・テューダーでも読んでもらいたい。

kahaku.jpg
             (近づけば自動開閉)

雨、止みませんねぇ。
寒くて雨の日には洗濯をする気が失せてしまうのが困りもの。

こんな雨の日には実家の縁側でお酒を飲みたいと思います。
しかし、韓国旅行に行くよりも交通費が高いのでは、なかなか腰をあげられません。

静かなところで雨音だけを聞いて過ごすのも楽しいものです。
それだけで幸せになるというものです。

以前、ある人がいいました。

「本当に幸福になるためには、健康、先祖の供養、お金、仕事、家族…云々(忘れました)が絶対必要なんです。」

そうして、私に「幸福ですか?」と聞いてきました。その人は別になんらかの信仰心を強くもっている人でもないので、半分上の空で話を聞いていた私は「どこかのセミナーあたりで聞いた様な話をするなぁ」と思いながら「いつも幸福ですよ」と、しゃあしゃあと答えましたっけ。相手は理解不能といった感じで私を見ていました。

しかし嘘ではないのです。
もしその話が本当ならば、病院に行く人達はみんな不幸だということになります。
健康や、お金はあればうれしいけれども、ないから不幸だというのはあまりにも短絡すぎる理屈です。そういうことに頼った生活をしていると「無限地獄」に陥ること間違いなしだと思うのですが。私に幸福ですかと聞いた人はきっと、雨の日なんて罰だと思っているのかもしれません。「本当の幸福」というものを願うなら、物事に頼っている場合ではありません。

最近、なんの変哲もない街角の写真をよく見かけますが、それらは撮影者にとっての小さな幸せの一部。
だから時々、そういう写真に心を魅かれてしまうのかもしれませんね。


※はみだしコメント
ちびだ様:
ドーベルマン??? 言っていませんよう。
あ、でも食堂のお兄さんが「ちびださんはパトロールと称してあちこち歩いているみたいですよ」と教えて下さいました。いつも素敵な情報をくり出して下さり、ありがとうございます。鈴木屋のもつ焼き。楽しみにしております。

erizo様:
あと、うさぎに水をやったら「死んでしまう」なんていうのもありましたよね?


| | Comments (1)

« October 2004 | Main | December 2004 »